大人ニキビと思春期ニキビの違いは??原因と特徴は??ケア方法を解説!!

ニキビけあ

大人になってのニキビは吹き出物のと呼ばれたりしますが、
なぜ若くもなくなってきたのにニキビができるのか?

大人になってからのニキビは若い頃のニキビとは違うのか?
できてしまったらケアはどのようにしたらいいのか??

今回は思春期ニキビと大人ニキビの違い、ケア方法についてお伝えしていきたいと思います。

大人ニキビの特徴と原因は何??

どこからが大人ニキビでどこまでが思春期ニキビという明確な違いはありませんが、
一般的には20歳以上になってできたニキビを大人ニキビと呼びます。

若い時はおでこの周りにできやすいのですが、大人ニキビになるとアゴラインや口周りにできやすくなってきます。

まずはなぜ大人ニキビができるのかを知りましょう。

スポンサーリンク

大人ニキビの原因

思春期ニキビは過剰に分泌されてしまった皮脂が毛穴を塞いでしまうことで皮膚が炎症を起こしてしまいできてしまいますが、大人ニキビの場合は表皮の新陳代謝がうまくいかず不規則になることで本来剥がれ落ちていくはずの角質層がそのまま残ってしまい毛穴を塞いでしまうことが大きな原因だと言われています。

大人になって洗顔をしているのにも関わらずニキビができてしまうのは、
皮脂の過剰分泌が原因だったからなんですね。

なんで新陳代謝がうまくいかないのか?
その原因は以下のことが主な原因と言われています。

大人ニキビの原因
  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 偏った食生活
  • 過剰な喫煙、飲酒
  • 紫外線
  • シャンプーや洗顔料のすすぎ残し
  • 生理周期の関係

大人ニキビになった経験がある人はいくつか思い当たる節があるのではないでしょうか??

大人ニキビの特徴

では次に大人ニキビの特徴を見ていきましょう!!

大人ニキビの特徴として大きなものは、

  • 治りにくい
  • 跡に残りやすい
  • 再発しやすい

といったものがあります。

肌のターンオーバーが思春期と違い遅くなっていることでニキビが治りにくい状態に大人になるとなります。

ターンオーバーが遅くなっていることで跡に残りやすい状態にもなっています。
肌のターンオーバーを正常に持っていくことを心がけニキビあとが残りにくい状態にすることが大事です。

また肌の状態を整えないとアクネ菌というニキビになりやすくなる原因菌が毛穴の奥に残っていて、毛穴が詰まりやすくなってしまい再発しやすくなってしまいます。

思春期ニキビの特徴と原因

思春期ニキビは主に10代の頃にできるニキビのことです。
顔全体にできやすく、特におでこと鼻のTゾーンにできやすいと言われています。

それではなぜ思春期ニキビができるのか?原因を見ていきましょう。

思春期ニキビの原因とは??

思春期ニキビは皮脂の過剰分泌によってできることが多いです。
これはまだ毛穴が小さく皮脂が詰まりやすいためです。

その過剰分泌されてしまった皮脂をアクネ菌というニキビの原因菌が繁殖してしまいニキビができてしまうという仕組みとなっています。

思春期ニキビの原因
  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 偏った食生活
  • 紫外線
  • シャンプーや洗顔料のすすぎ残し
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 毛穴詰まり

大人ニキビと同じくほとんどの原因は生活習慣の乱れなどと同じです。
また春から夏の汗をかきやすい時期に発生しやすいです。

思春期ニキビの特徴とは?

それでは思春期ニキビの特徴について見ていきましょう。

思春期ニキビの大きな特徴としては、

  • 成長期にできやすい
  • 顔全体にできる
  • 油っぽい人にできやすい

といったものが多いです。

ホルモンバランスの乱れによってできやすい思春期ニキビはホルモンバランスが落ち着いてくる20代になると落ち着いてくることがほとんどです。

20代すぎてもそれでもできる場合は大人ニキビになっている場合が多いのです。

スポンサーリンク

大人ニキビと思春期ニキビの改善ポイント

大人ニキビと思春期ニキビの原因と特徴がわかったところで改善できるポイントについてお伝えしていきます!!

大人ニキビの改善ポイント

大人ニキビの改善ポイントは、

  • 角質ケア
  • うるおい補給
  • ストレスをためない

大人ニキビはターンオーバーの乱れで角質が正常に剥がれ落ちないことが原因なので角質ケアをすることが大事です。

肌の手入れが不十分だと、くすみやざらつきといった肌トラブルの原因になってしまいます。

洗顔をするのは当たり前ですが、化粧水や保湿をすることも忘れないようにしましょう。
また仕事などで不規則になりがちなライフスタイルでストレスを溜めないように適度な運動も効果的だと思います。

思春期ニキビの改善ポイント

続いて思春期ニキビの改善ポイントとして、

  • 余分な皮脂をとる
  • 肌を清潔にする
  • 角質ケア

が主に重要なポイントです。

思春期ニキビはホルモンバランスが安定せずに皮脂の過剰分泌が原因で毛穴をつまらせてしまうので、清潔な状態にするために余分な皮脂をとることが大事です。

また大人ニキビと一緒で角質ケアも怠らないようにしましょう。

大人ニキビ・思春期ニキビの共通して改善すべきポイント

それでは最後に大人ニキビと思春期ニキビの共通して改善するべきポイントについてお伝えしていきます。

ニキビケアポイント その1 生活習慣の乱れ

ライフスタイルが不規則で乱れているとホルモンバランスが崩れやすくなってしまい、
ニキビができやすい環境を作ってしまいます。

暴飲暴食は控えたり1日3食とって規則正しい生活習慣を作るようにしていきましょう。

ニキビケアポイント その2 ストレス

ストレスも自律神経の乱れを引き起こしてしまいます。

ストレスを感じない人はいないと思いますが、ストレスを発散させることができるように趣味をもったり楽しく過ごせるように心がけるとホルモンバランスが安定しやすくなりニキビができにくい環境になっていきます。

ニキビケアポイント その3 睡眠不足

睡眠不足は肌にとって大敵です。
成長ホルモンが最も分泌されると言われているゴールデンタイム(午後10時から午前2時の間)に眠っていることが大切です。

皮膚の生まれ変わりをスムーズに行えるように少なくとも0時には寝るように心がけましょう。

ニキビケアポイント その4 偏った食生活

偏った食生活はライフスタイルの乱れと共に栄養の偏りを作ってしまいます。

油物やジャンクフードばかりを食べていると皮脂の過剰分泌に繋がってしまい、
ニキビを作り出しやすい環境になってしまうので栄養バランスをしっかりと考えて食生活をするようにしましょう。

ニキビケアポイント その5 紫外線

紫外線にはUVAとUVBがあり肌の内部と外部の両方からダメージを受けてしまいます。
また紫外線を受けることによって、活性酸素が発生し、皮脂の酸化をうながすこともあるので注意が必要です。

外出の際は紫外線対策をしっかりとするようにしましょうね。

ニキビケアポイント その6 シャンプーや洗顔料のすすぎ残し

洗顔料やシャンプーが肌に残っていると逆に雑菌が繁殖してしまいやすくなってしまいます。

また逆に洗顔のしすぎもよくありません。
肌が皮脂が足りなくなってしまったと勘違いしてしまい過剰に皮脂を分泌してしまう可能性があります。1日に1回から2回程度にして、ゴシゴシと洗わないで優しく洗うようにすると◎

ニキビケアポイント その7 ニキビに触らない

ニキビができた後って気になってしまい触りたくなる気持ちもわかります。
しかしニキビを無理に潰したり触ったりすると雑菌が毛穴に入ってしまい炎症を起こしてニキビができてしまう可能性があります。

また無意識で触ってしまうこともあるかもしれませんが、
極力触らないような努力をするようにしましょう!!

まとめ

いかがだったでしょうか。

大人ニキビと思春期ニキビの違いと原因と特徴、できたあとのケア方法についてお伝えしていきました。

ニキビってできないに越したことはないのですが、
気にしすぎていてもストレスになって触ってしまい余計悪化させてしまうこともありますよね。

私がニキビケアで効果を感じたと思うのはプロアクティブです。
賛否両論はあるニキビケア商品ですが、個人的には使い続けるといい感じだと思いました。

ぜひ皆さんも自分にあうニキビケア商品を見つけて脱ニキビをしましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です