プロアクティブで大人ニキビは治せる??ニキビの種類によって違う??




若くもないのにできてしまう大人ニキビ。通称『吹き出物』

若い頃ならまだしも大人になってもなかなかニキビが治らない、定期的にできてしまう、毎日洗顔しているのになんで?などいろいろな疑問を持つ方も多いと思います。

ニキビケア商品として有名なプロアクティブを使ってニキビを治すことができるのか?
個人的に使ってみた感想も踏まえてお伝えしていきたいと思います!!

ニキビの種類ってどんなのがある??

まずはニキビの種類についてお伝えしていきたいと思います。

ニキビには初期段階の白ニキビ、そして黒ニキビとなって赤ニキビと炎症を起こし、
悪化して黄色にきびになりニキビ跡になってしまいます。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

白ニキビの特徴

白ニキビ

白ニキビというのはニキビの初期段階です。
毛穴の中にある皮脂がうまく排出されず毛穴が塞がってしまった状態です。

色は薄い白で1mmから3mmほどの大きさです。

この白ニキビが発生すると日頃のお手入れができていないサインにもなり、
生活習慣の乱れが原因の場合もあります。

黒ニキビの特徴

白ニキビが悪化していくと古い角質が溜まっていき黒くなった黒ニキビに変化します。
主に皮脂が多い鼻の周りやおでこなどにできやすい傾向にあります。

角質が溜まっていき炎症が起きる一歩手前の状態だとも言えます。
黒くなる理由は、毛穴が開いてしまい溜まった皮脂が空気に触れて酸化しているからです。

黒ニキビもニキビの初期段階ですので炎症が起きないようにスキンケアを心がけてニキビ跡にならないようにしましょう。

赤ニキビの特徴

赤ニキビは毛穴に角質がつまりアクネ菌が増殖してしまい炎症を起こしてしまった状態のニキビです。

赤く腫れ上がり痛々しい見かけになります。

ニキビって気になってしまいついつい触ってしまいがちですよね。
でもバイキンがついた手で触ってしまったりすると悪化してしまうことが多いので触らないようにしましょうね。

黄色ニキビの特徴

赤ニキビの炎症が真皮層まで炎症を続けた結果、
化膿してしまい膿が溜まってしまい晴れてしまった状態のニキビを黄色ニキビと言います。

白ニキビや黒ニキビは生活習慣や洗顔で改善することができますが、
赤ニキビや黄色ニキビまでなるとニキビ跡が残ってしまいやすい状態になってしまいますのでそうならないようにしましょう。

ニキビ跡の特徴

ニキビ跡は赤ニキビや黄色ニキビが潰れてしまい、
傷がついてしまったり色素沈着をしてしまった状態です。

ニキビって不思議と同じ場所にできたりするので、
同じ場所が何度も炎症を起こしてしまうとダメージが深くなってしまい皮膚深部の組織を壊すため、ニキビが治っても跡が残ってしまうのです。

プロアクティブではどこまで効果があるのか??

ではプロアクティブはどこまで効果があるのか?

初回お試しセットに入っているのは、

  1. 薬用洗顔料 スキン スムージング クレンザー
  2. 薬用美容液 ポアターゲティング トリートメント
  3. 薬用クリーム スキン ブライトニング ハイドレイター

の3点です。

プロアクティブの製品には殺菌作用があり角質を軟化して毛穴の詰まりを防ぐだけでなく、ニキビの原因菌の繁殖を防ぐという、ダブルの働きがあるサリチル酸

既にできてしまった赤ニキビの炎症を鎮める働きが期待される抗炎症作用があるグリチルリチン酸ジカリウムなどの成分が配合されています。

ビタミンCが配合されており肌のキメを整えてくれます。

なので肌の新陳代謝を正常にしてくれたり、過剰な皮脂分泌を抑えてくれたりという効果が期待できます。

プロアクティブを実際に使ってみた感想

では私もプロアクティブを使用していますので、
使ってみた感想をお伝えします。

私の場合は頬に大きなニキビが何個もできていたので気になっていて使用を開始しました。

正直最初のお試しセットだけではあまり効果は感じられませんでした。

というかむしろニキビが増えてきてしまったりと辞めてしまおうかと思いました。
気になっていたニキビの方とは違う場所にニキビができたという感じです。

2ヶ月終わりくらいから自分でも実感できるくらいに感じてきました。
明らかに赤みが治ってきて肌を触ってみると中にある芯?のようなものが少しづつ小さくなっていき2ヶ月くらいでなくなったように思います。

ニキビ跡には初回お試しセットに含まれている3番目のビタミンCが配合されている薬用クリームのスキン ブライトニング ハイドレイターが効果があるとのことなので使用していますが完全にはよくなっていません。

公式サイトの質問の答えにも書かれていますが、クレーターになってしまったニキビ跡を完全に元に戻すのは難しいのかもしれませんね。

しかし肌のキメは使い始める前と比べると明らかによくなってきているのはわかります。

ニキビケアに関して大事な規則正しい生活習慣は乱れまくっていてこの結果なら効果はあると考えます。

ネット上の情報をみてみると「プロアクティブの効果はあんまりない」「逆に悪化した」という声をききます。

これは肌に合わなかったというのはあると思いますが、
逆にニキビができたというのは使用期間が短かったからなのかもしれません。

即効性はないので地道に長い目でみることが大事だと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

プロアクティブを使ったらニキビはどこまで治るのか?ということについてお伝えしてきました。

ニキビにも種類がたくさんあり、初期段階だとまだ治しやすいのですが炎症がひどくなってきてしまうとなかなか治すのが困難になってきます。

そうならないようにするのが一番ですが、実際になってしまってから悩む人が多いと思います。

ニキビケアの参考になっていただければ幸いです♪




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です