肌荒れに悩んで改善のためにプロアクティブやビタミンCやらを試してみたが結局1番は薬局

人類共通の悩みと言っても過言ではないのが肌荒れではないでしょうか?

中学生や高校生で悩む思春期ニキビ、大人になってニキビを潰しまくっていたニキビ跡、
寒い時期に乾燥してしまう乾燥肌、あぶらとり紙でいくらとっても湧き出てくる脂肌、、、

などなど年齢性別問わずにいろんな悩みがあると思います。

とはいう私も肌荒れにものすごく悩んでいました。

私の場合は思春期にこれでもか!!と言わんばかりのニキビ潰しをしてしまっていたので、
ニキビ跡のクレーターやデコはテカって脂肌になっているのにほっぺたはカサカサの乾燥肌という厄介な混合肌

プロアクティブやらビタミンCが含まれている美容液やらなんやらをつかってきましたが、
一時的にはよくなるもののなかなか効果を感じられない、、、

そこでこの記事では私がどのようにして肌荒れをしにくくなっていったのか?ということの経緯を記事にしていきたいと思います!!

肌荒れをした原因と経緯

私が肌荒れをした原因は冒頭でも軽く触れましたが、
思春期ニキビをこれでもか!というくらい潰しまくって抹消しまくっていたことが大人になってから響いてきたというのが大半だと思われます。

白ニキビ、黄色ニキビ、赤ニキビ、黒ニキビ、とニキビにもたくさん種類があります。
その中でも触ってもいいニキビと触ったらいいニキビの判別もつかないまま触りまくっていたという無知が肌荒れを引き起こしまくっていたのでしょう。

改善しようと思ってもその場限りの対策で日頃のケアも怠ったままで
肌を改善しようと思う最近に至るまでまでほったらかしの状態に、、、
いや〜若いって怖い、、、

肌荒れを改善するには病院の薬と日頃のケアが大切!!

肌荒れを改善しようとしていろいろ試してきましたが、
そこで一つの結論にぶち当たりました!!

まずは皮膚科へ行け!!ということです。

ネットでいろいろ調べると様々な情報が出てきますし肌に良さそうな商品が目白押しです。
「これくらいで皮膚科行くとかめんどくさいしなぁ〜」とかこの記事を見ている人は思っちゃっている人も多いんじゃないですか??

かくいう私もその一人で皮膚科へ行くのも肌荒れでどうしようもなくなったときだけで、
普段の肌荒れ程度では行くことはありませんでした。

ネットでインフルエンサーが使っている肌荒れ対策商品をたくさん使ってきました。
もちろんものすごくいい商品もたくさんあります。

ただこの領域に行くには自分の肌の状態がどうなっているのか?というのを把握しておくことが大事なのです!!

皮膚科へいきどのような状態になっているのか?そしてどのような処方箋を出されているのか?
そしてその薬が効くのか?効いたならその成分がどういう人向けのものなのか?ということを調べるのです!!

医師に自分の肌がどういう肌質なのか?ということを聞くのも全然あり!
恥ずかしいということはありません。
もし変なこと言われたのであれば2度とその皮膚科へ行かなければいいだけです。
私は幸いなことに丁寧な先生にあたっていろいろな相談を受けてもらいました。

そして出された処方箋で今まで悩んでいた肌荒れがしっかりと治り、
慢性的に荒れていたのも今では気にならないほどとなりました。

病院で出される処方箋はドラッグストアやネットで販売している商品よりも強いものが多く、
効きやすく効果を感じやすいのです。

スポンサーリンク

肌荒れを起こさないために日頃のケアが大事

病院の薬でニキビなどの炎症だったりを抑え込んだらお終いではなく、
これはあくまでも一時的な治療でしかありません。

治った肌を荒れさせないためには日頃のスキンケアが大事なんです。
でもそれがめんどくさくてなかなか、、、

そう思ってしまうのも無理はありません。
ただこれができないと改善はおろか現状維持すらも難しいです。

そこまで難しいことはありません。

日常生活の中で髪の毛は毎日洗ったりしますよね?
それと同様にスキンケアと言っても正しい洗顔をする、化粧水や保湿をしっかりとする、枕カバーやタオルは綺麗な物を使う、こういう簡単なことだけで良いのです。

それがめんどくさいのであればお金をかけてエステにいくのが最善の道なのではないでしょうか?ただエステの場合はとてもお金がかかってしまいます。

日頃のスキンケアだけで肌荒れを治そうとするとものすごく時間がかかってしまいます。
まずは皮膚科で処方箋をもらってからスキンケアに力を入れていくようにしましょう。

スポンサーリンク

肌荒れを繰り返さない正しいスキンケアの方法

スキンケアは朝と夜で若干異なります。

朝の肌荒れ予防のスキンケア方法

まずは朝のスキンケアの基本的な流れは以下となります。

洗顔

化粧水

乳液

UVケア

朝の洗顔は夜に溜まってしまった皮脂を流しなくなってしまった潤いを保湿、そして紫外線からの外的ダメージから守るためにこのような順番になります。

朝の洗顔は乾燥しやすい人はぬるま湯で流す程度でも大丈夫です。
私は乾燥肌なので朝は水で流す程度にしています。

年齢によって乾燥肌になってきたりもするので自分の肌にあった方法ですることが大事です。

夜の肌荒れ予防のスキンケア方法

夜のスキンケア方法は以下となります。

クレンジング

洗顔

化粧水

乳液

クリーム

女性の場合はメイクを落とす面でクレンジングからします。
男性はメイクをしない人がほとんどだと思いますのでクレンジングはしなくても大丈夫です。

また女性は拭くタイプのクレンジングは肌を乾燥させてしまったり刺激が強かったりするので個人的におすすめはオイルタイプのクレンジグです。

夜の洗顔は日中に溜まってしまった皮脂を洗い流すという目的でします。
このときゴシゴシと顔を洗うのではなく泡立てをしっかりとして手のひらで優しく顔に乗せるようにしてゼロ刺激を意識して洗うのが◎

化粧水、保湿も同様に擦るように塗るのではなく優しく乗せるようにしましょう。

保湿用クリームを塗ったあと、乾燥肌の人はオイルをプラスして塗るのがより良いと思います。
私はオイルを軽く塗ることで保湿をキープできてるように感じます。

またパックや美容液をするときは化粧水の後にしてその後に乳液をするようにした方が良いらしいので私はそうしています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

結局いろんなスキンケア商品を試してみましたがまずは肌荒れが酷く気になる人は皮膚科にいって処方箋をもらったりビタミン剤をもらったりしてからの日頃のスキンケアに力を入れていく方が良いと思います。

あくまで私個人の方法にはなりますが参考にしていただけたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です