映像研には手を出すな!最終回第6話のネタバレあらすじと感想!!まさかのラストにワクワクが止まらない!!




ついに最終回を迎えたドラマ『映像研には手を出すな!』

前回の第5話では浅草氏の次に金森氏が風邪で寝込んでしまい、
大生徒会の予算審議委員までに映像が間に合わないとなっていて妥協をし作品作りをすることで決定しました。

映像研には手を出すな!

『映像研には手を出すな!』ネタバレ第5話 金森氏はどこへ行った?ドラマオリジナル展開!!

予告編では全ての部活動が大騒ぎしているところがありましたが、
内容はどうなっているのでしょうか。

今回はドラマ『映像研には手を出すな!』の第6話(最終回)のネタバレあらすじと感想、ネット上の反応についてお伝えしていきたいと思います!!

映像研には手を出すな!キャストと相関図

映像研に手を出すな!相関図

キャスト

  • 齋藤飛鳥
  • 梅澤美波
  • 山下美月
  • 小西桜子
  • グレイス・エマ
  • 福本莉子
  • 松﨑亮
  • 鈴之助
  • 出合正幸
  • 髙嶋政宏

など

他にも実写ドラマ限定の部活動に登場するオリジナルキャラクターも多数!!

詳しいキャストは『ドラマ『映像研には手を出すな!』キャスト紹介!!乃木坂46・齋藤飛鳥主演ドラマ!!他にもめちゃくちゃ多い!!』をご覧ください。

映像研には手を出すな!第6話最終回のネタバレあらすじ

予算審議委員会が翌日に迫る中、ストーリーをばっさり省いてイメージとインパクト重視の作品にすること で、どうにか完成までの道筋が見えた映像研。しかし、そのやり方に納得できなくなってしまった浅草(齋 藤飛鳥)が突如爆発! なんと、完成目前の作品を自らの手で破壊してしまった! 今からすべてをやり直 すと言って譲らない浅草と、その思いに同調するツバメ(山下美月)。金森(梅澤美波)も、最終的には2 人の覚悟に映像研の運命を託すことを決意した。
だが、翌日までに本当に間に合うのか……。金森は、映像研の危機を乗り切るため、大・生徒会の独裁に反 発する学内の不満分子と接触する。
予算審議委員会当日。金森と結託した昭和館・ゲバラの策略によって、学校中の部活動が予算審議委員会に 集結。大混乱する会場に、ついに映像研の3人がやってくる。金森の時間稼ぎが功を奏し作品は完成した。 しかし、発表直前に大・生徒会に押し込まれ、劣勢に立たされる映像研。せっかく作ったアニメを発表する ことさえできないのか… そのとき、その場の雰囲気に耐えられなくなった浅草が爆発! 思いのたけを喚 きたてる。その勢いに気圧された大・生徒会は映像研の発表を認めることに。
そして、上映された映像研のアニメ「そのマチェットを握れ!」。大・生徒会を含め会場にいた全員がその クオリティに圧倒される。こうして、映像研は活動を正式に認可されたのだった。
その一部始終を目撃していた録音機材を持って歩く謎の生徒。倉庫のような場所に佇む巨大ロボット。なん だか知らんが、面白くなってきやがった!

引用:映像研には手を出すな!公式サイト

映像研には手を出すな!第6話(最終回)を観た感想

ついにラストを迎えちゃいましたね〜。
ドラマオリジナルの展開もありつつかなり見応えがありました。

映像も最終回までに完成せずに映画化に続くのかな?と思いましたが、
すっきりと終わって良かったです。

アニメではあまり出番がなかったゲバラなどがかなり鍵を握った展開で、
これはドラマじゃないとできなかったと思います。

でも映像研が作り上げたアニメをもう少しじっくり見せて欲しかったという気持ちはありますが、
原作やアニメにも負けないくらいのドラマだったのではないでしょうか。

そして映画化の内容も少し出てきていたので、
これは今から楽しみで仕方ないですね!!

映画化のストーリーはロボット研究会との合作のお話になりそうです。

原作ではかなり映像研に貢献している音響の百目鬼がやっと出番がありそうですし、
浜辺美波さんが演じる気象研究部の晴子もどんなキャラクターなのか楽しみです!!

映像研には手を出すな!第6話(最終回)のネット上の反応は??

まとめ

いかがだったでしょうか。

ドラマ『映像研には手を出すな!』はついに最終回を迎えてしまいましたね。
まだまだ続きそうな予感がする最終回でしたので少しロス気味です。

映画化も決定していているので早くみたいですね!!

放送終了後1週間以内であればTVerにて最新話のみ見逃し配信しています。
またドラマを全話視聴したいという人は『ドラマ『映像研には手を出すな!』1話から最終回までを無料で視聴する方法は??乃木坂46・齋藤飛鳥主演ドラマ』を参考にしてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です