アンサングシンデレラ 第1話のネタバレあらすじと感想!!石原さとみのお団子姿が可愛すぎる!!

アンサングシンデレラ 1話ネタバレ




石原さとみさんを主演に迎えこれまでにない薬剤師にフォーカスを当てたドラマ「アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の放送がついに開始されました。

病院を舞台にしていることからコロナウイルスの影響を一番に受けたドラマといっても過言ではないのではないでしょうか?

今回はドラマ「アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の第1話のネタバレあらすじと感想、出演者や相関図、ツイッターでの評判などをお伝えしていきたいと思います!!

\フジテレビのドラマが見放題/

✅無料期間中の解約で0円

アンサングシンデレラ キャストと相関図

アンサングシンデレラ相関図

出演者と役名

  • 石原さとみ:葵みどり
  • 西野七瀬:相原くるみ
  • 成田凌:小野塚綾
  • 桜井ユキ:刈谷奈緒子
  • 井之脇海:羽倉龍之介
  • 金澤美穂:工藤虹子
  • 真矢みき:販田聡子
  • 池田鉄洋:七尾拓
  • 迫田孝也:辰川秀三
  • でんでん:荒神寛治
  • 田中圭:瀬野章吾

キャストについての詳しくは「『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』原作漫画は無料で観ることができる?豪華キャスト紹介!!」をご覧ください。

小野塚綾役を演じるはずだった清原翔さんですが、現在療養中のために所属事務所の意向で今作への出演を見送ることになりました。

清原翔さんの代役として成田凌さんが小野塚綾を演じることになりました。

アンサングシンデレラ 第1話のネタバレあらすじ

第1話公式あらすじ

葵みどり(石原さとみ)は、萬津総合病院薬剤部に勤務する薬剤師。救急センターで蜂に刺されて搬送された患者への医師の投薬を薬剤部副部長の瀬野章吾(田中圭)とサポートしていた。そこに、薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキ)が新人の相原くるみ(西野七瀬)を連れて来た。心肺停止に陥った患者が心臓マッサージを受ける中、みどりは患者が日常服用している薬に気づく。それを医師に報告したことで、患者の心拍は回復。薬剤師が患者を救ったと、くるみは感動。しかし、患者の家族たちは、医師にしか感謝をしない。くるみに疑問をぶつけられたみどりは、「感謝されたいなら薬剤師は向いてない」と答える。

患者の投薬状況を見て回るみどりの早足に、くるみは着いて行くのがやっと。医師から小児病棟の糖尿病患者、渡辺奈央の血糖値が安定しないと聞けばすぐさま病室に赴くみどり。その病室には奈央と仲の良い森本優花も入院中。優花も糖尿病で入退院を繰り返していた。

薬剤室に戻ったみどりは刈谷奈緒子(桜井ユキ)に一喝される。医師から続々と届く処方箋の調剤に大忙しだからだ。みどりは届いた処方箋をくるみにも渡して調剤を始めた。羽倉龍之介(井之脇海)が、くるみの紹介をするが誰も手を止める事はない。そんな時、みどりは林医師の処方箋に疑問を抱く。すぐに、みどりは林に疑義照会(処方箋を出した医師への問い合わせ)をする。これが林とみどりの因縁に…。

引用:アンサングシンデレラ 公式サイトより

これより先は第1話のネタバレを含むあらすじとなります。
まだドラマを視聴していない人やネタバレを嫌う人はご注意ください。

第1話 ネタバレ部分

様々な患者の調剤をしている薬剤師のみどり。
薬剤師を下に見ている林医師との確執が生まれてしまっています。

夜間に偏頭痛で訴えかける33週目の切迫早産の患者さんの薬について医師から情報を聞き出し、
その痛みの原因がヘルプ症候群では無いかということを見つけます。

そこに林医師がやってきて自分が診断した診療が間違っていたこと、薬剤師が出すぎた真似をしていることに腹をたてますがみどりの助言をしぶしぶ聞くことで患者さんは助かりました。

しかし林医師はプライドを傷つけられたのか、このことを議題にあげることに。

戦場のような薬剤室ではキレやすいで有名な辰川秀三が待たされすぎとキレまくっていますが、
そこにベテラン薬剤師の荒神が登場。

調剤のマジシャンの二つ名をもつ荒神はマジックで辰川の注意をひき怒りを納めます。

一方糖尿病で入院している中学2年生のナオが階段で倒れているのを発見したみどり。
インスリンを打つ時間をわざと間違っていたナオ。

インスリンを打てば普通の人と変わらないと思っている人たちには気持ちがわからない。
学校内で仲間外れになってしまい自分の居場所が無くなっていたのだが、病院では自分の病気のことを隠さないですむことで自分の居場所を見つけていたのです。

患者のために走り回っても医師に嫌われてしまい自分がピンチになってしまっている。
そんな自分

医療安全委員会にてみどりの処分を決めることに。
林医師の適当な対応を周りが擁護する発言、疑義照会のぞんざいな扱いに突っ込んだ部長・販田聡子の話が決め手になりみどりの処分はなしとなりました。

切迫早産で入院していた患者に子供が生まれ、自分を助けてくれたのはみどりということを知って感謝されます。

退院することになった糖尿病のナオ。
ユウカもナオと同じく自分の居場所がなくナオと一緒にいることで救われていたのです。

同じ病気の子と普通に接することが救いとなっている気持ちがわからないけれども、
見逃すことはできないというみどり。

薬と向き合うことでとても大変だけれども普通の未来を見つけてほしい。
とみどりはいい、その言葉を聞いたユウカはナオを追いかけていきます。

病院ではなくこれからは外で会って、いつか大人になったら普通の生活ができるように一緒に頑張っていこうと固く誓うのでした。

アンサングシンデレラ 第1話をみた感想

ベータブロッカーやアドレナリン、マグセント、などかなり一般人にはわかりにくい薬の名前やヘルプ症候群など聞きなれない病名など本格的な病院ドラマの薬剤師の話だと思いました。

ちょっとスピード感がありすぎてなかなかついていけないところもありましたが、
基本的には見やすいドラマだと思います。

西野七瀬さんの役側も今っぽくてよかったですw

タイトルにもある病院の縁の下の力持ち、アンサングの言葉がとてもしっかり伝わってきました。
それぞれの人間関係も多くは語らないながらもお互いに信頼し合っているという空気感もよかったです。

エンディングで今回のテーマとなった人物のその後が見れる展開が個人的にものすごく好きです。

かなり忙しい薬剤師の世界観がよく出ていてコメディ、涙ありな要素もたくさんありとても面白かったです。

アンサングシンデレラ 第1話ツイッターの評判は??

まとめ

いかがだったでしょうか。

ついに放送が開始されたドラマ「アンンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第1話のネタバレあらすじと感想などについてお伝えしていきました。

漫画を原作とするドラマなので気になる方はぜひみてみてください。

アンサングシンデレラ

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』原作漫画は無料で観ることができる?豪華キャスト紹介!!

\フジテレビのドラマが見放題/

✅無料期間中の解約で0円 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です