竜の道 第1話のネタバレあらすじと感想!!初回2時間スペシャルでついにスタート!!

竜の道1話ネタバレ

玉木宏さんと高橋一生さんのベテランイケメン俳優がW主演のドラマ「竜の道」が2020年7月28日より放送が開始しました。

コロナウイルスの影響によって本来であれば2020年4月より放送される予定だったので、
待ちに待ったという人もかなり多いのではないでしょうか?

未完の小説を原作としておりウロボロスと似ているという噂も立っていますが、
ドラマはどんな展開になっていくのでしょうか?

今回はドラマ「竜の道」の第1話のネタバレを含むあらすじと感想、ツイッター上の評判などに付いてお伝えしていきたいと思います。

\フジテレビのドラマが見放題/

無料期間中の解約で0円

竜の道 キャストと相関図

竜の道相関図

出演キャスト

  • 玉木宏
  • 高橋一生
  • 松本穂香
  • 細田善彦
  • 奈緒
  • 今野浩喜
  • 渡辺邦斗
  • 西郷輝彦
  • 松本まりか
  • 斉藤由貴
  • 遠藤憲一

キャストに付いて詳しくは「『竜の道』原作は漫画?小説?あらすじとキャスト紹介!!ウロボロスと酷似しているって本当?」をご覧ください。

竜の道 第1話ネタバレあらすじ

第1話公式あらすじ

1997年、福岡。幼いころに実の両親に捨てられ、小さな運送会社を営む吉江夫妻の養子として引き取られた双子の竜一(少年時代:阪本光希)と竜二(少年時代:阪本颯希)は、夫妻の実の娘である5歳の妹・美佐(幼少期:宮地美然)と仲良く暮らしていた。しかし、全国への事業拡大を企むキリシマ急便の社長・霧島源平(遠藤憲一)の悪質な乗っ取りに遭い、多額の借金を抱えた養父母は自殺。養父母が源平に追い詰められる姿を間近で見ていた竜一と竜二は、霧島への復讐(ふくしゅう)を誓い合う。ストーリー|火9ドラマ 玉木宏主演『竜の道 二つの顔の復讐者』|関西テレビ放送 カンテレ

それから7年後の2004年。22歳の竜一は、たばこの不始末による火事で突然帰らぬ人となってしまう。ところが、その数カ月後、竜二(高橋一生)の前に現れたのは、顔も名前も違う竜一を名乗る男(玉木宏)だった……。
竜一は裏社会の人間として、竜二は国土交通省のエリート官僚として、霧島源平やキリシマ急便の周辺の情報を探っていく。成長した美佐(松本穂香)にも本当のことを告げず、復讐(ふくしゅう)計画を進めていく二人は、ついにキリシマ急便の不祥事のネタをつかむが……。

引用:竜の道 公式サイトより

スポンサーリンク

第1話ネタバレ部分

キリシマ急便の中で過労死をしてしまったという情報を手に入れた2人。
早速竜二は見舞を名目とし話を聞きにいくことにする。

竜一は金で脅されている死んだ男性の妻に聞き取りをし、
戦うようにアドバイスと金をだす。

キリシマ急便に監査に入ることになるが、
過重労働の証言が半数以上あるにも関わらずもみ消しをすることで業務停止にはならなかった。

キリシマと国交相の大臣があっていること竜一がスクープしていた。
そのことを竜二の上司に伝えトカゲの尻尾切りになると脅し証言をさせた。

竜一はヤクザの曽根村のチンピラに拉致されてしまう。
そして大臣に恩を売っておけばいいと竜一を消してもみ消そうとする。

竜一はキリシマが自分の親を殺した原因ということを伝える。
力と金がないのであれば復讐なんてできないと切り捨てられてしまう。

ボロボロになって竜一のブラック会社の社長の家に向かう。
そして家でもみ合いになり社長の持病が発生し鍵を奪うことになる。

その鍵を使い社長の溜め込んだ金を奪い取り、
圧倒的な力と金を手に入れて自分が黒い仕事は全部受け入れる決意をする。

竜一はまた別の名前に変えIT会社を建てていた。
ブラック会社から社長になります。

ブラジルから帰ってきた竜一と竜二が再び会う。
竜二はキリシマの息子である晃と信頼関係を結んでいた。

竜一が立ち上げた会社の中で凛子はブラジルで拾ったハッキングのプロだった。
そしてキリシマの得意先であるトッキービーンズにハッキングし顧客情報を盗み、
製品に虫が混入していたという情報を流し大ダメージを与えた。

トッキービーンズの不祥事により株価は暴落。
謝罪に回っているが会社側が非を認めない状態に苦しんでいた。

竜一はヤクザの会長の家に向かうがそこでキリシマがいることを発見。
ヤクザの曽根村によって戸籍の手配をしてもらったことを感謝する。

しかし竜一が元ブラック会社の社長を殺したことを見透かしていた。
竜二も竜一の変化に気づいていた。

美佐に本当は会いたいという竜一の気持ちを見抜いていた。
竜二はキリシマの息子・晃と会って相談をされていた。

竜一は社長を殺した時にその息子に見られていたことを思い出し、
1人街をさまよっていた。

打ち上がる花火。
その横には義理の妹の美佐がいた。
そして花火を見たことで自然と涙が出てしまったことで話しかけられた。

美佐が落としたノートを見ていた竜一の元に凛子がやってきた。
トッキービーンズを落とす算段を立てるとともにもっと大物を狙っているのかと見抜かれているのでした。

スポンサーリンク

竜の道 第1話を見た感想

冒頭から衝撃的なシーンでしたね!!

まさかこれが最後の場面ということはないでしょうが、
この展開にどうつながっていくのか一気に引き込まれました。

またビッケブランカさんが歌うオープニング曲「ミラージュ」もかなりいい感じでした!
映像の世界観とかなりマッチしていると思います。

エンディング?のセカオワの曲もよかったのですが、
2時間スペシャルの中では中途半端な場所で流れたような気がします。

幼少期、大人になってからの過去と現在との複雑になりがちな部分ですが、
時間軸がはっきりとわかりやすく、見やすいストーリー展開です。

高橋一生さんの合成?とも思われる同時にでる今の技術ってすごいですよね!
見事にシンクロしていました!!

まさに高橋一生パラダイス!!
それから殺したはずの斎藤和成が玉木宏の顔だったのか?高橋一生さんから玉木宏さんの顔になったも全くのノーダメージで、玉木宏に顔を変えるとかどっちにしても最高すぎですw

近くにいるのに電話でのやりとりをするという演出はウロボロスとほとんど一緒でしたね。

私の地元も福岡ですが、おそらく北九州といっても筑豊あたりの方言の感じがしました。
大人になってからは方言があまり出ていないのでこれからもしかしたら玉木宏さんと高橋一生さんの方言が聞けるかもしれませんので楽しみですねw

今野さんと玉木宏さんのやりとりでコメディ感があり、
シリアスだらけのドラマかと思いきや少し気軽に見れるドラマで緩急がありよかったです。

次回はいきなり美佐と竜一が竜二を交えて会ってしまう予告が流れていましたので、
どうなっていくのかも楽しみですね!!

竜の道 第1話のツイッター上の評判

まとめ

いかがだったでしょうか。

2020年春ドラマの中でもかなり遅く放送が始まったドラマ「竜の道」

コロナウイルスの影響によってドラマの短縮が懸念される中、
無事に短縮することなくクランクアップを迎えたようです。

初回2時間スペシャルで1話と2話を一気に見たことでドラマ「竜の道」の世界観に引き込まれた人も多いのではないでしょうか。

見逃してしまった、、、という人は第1話放送終了後から1週間以内であればTVerにて放送されています。

また全話を視聴したいという人は「『竜の道』1話から最新話までのフル動画を無料視聴するには?玉木宏と高橋一生のW主演ドラマ」を参考にしてみてください!!

\フジテレビのドラマが見放題/

無料期間中の解約で0円

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です