私たちはどうかしてる 第1話のネタバレあらすじと感想!!浜辺美波と横浜流星のラブミステリードラマ開始!!

横浜流星さんと浜辺美波さんのW主演で送られるラブミステリードラマ「私たちはどうかしてる」

和菓子の世界を舞台に繰り広げられる美しい世界観でありながらミステリー要素のドロドロ展開があるとして話題になっています。

今を時めく大人気の2人がどう演じてくれるのでしょうか?!

原作は累計発行部数200万部を発行している安藤なつみ著の同名作品となっています。

今回はドラマ「私たちはどうかしてる」の第1話のネタバレあらすじと感想、ツイッター上の評判などについてお伝えしていきたいと思います!!

\14日間無料体験実施中/

無料期間中の解約で料金は一切かかりません

私たちはどうかしてる キャストと相関図

私たちはどうかしてる相関図

出演キャスト

花岡七桜 : 浜辺美波(幼少期:宮崎歩夢)
高月椿: 横浜流星(幼少期:森島律斗)
城島祐介:高杉真宙
長谷川栞: 岸井ゆきの
山口耕一:和田聰宏
富岡勝: 岡部たかし
安部大吾:前原滉
杉田綾人:草野大成
多喜川薫:山崎育三郎
宮部夕子:須藤理彩
大倉百合子:中村ゆり
高月樹:鈴木伸之
高月宗寿郎:佐野史郎
高月今日子: 観月ありさ

私たちはどうかしてる 第1話のネタバレあらすじ

第1話公式あらすじ

はなおかなお(浜辺美波)は和菓子作りに情熱を注ぐ才能溢れる若き和菓子職人。ある日、贔屓の客で茶道の宗家の娘・真由まゆ(小島藤子)に頼まれた七桜は、結婚式の引き出物を決めるための和菓子対決を受けて欲しいと頼まれる。自分の御菓子を大勢の人に食べてもらえるチャンスに心踊る七桜だが、対決相手が創業400年の金沢の老舗和菓子屋“光月庵こうげつあん”だと聞き絶句。それは15年前、七桜から全てを奪った店だった…。

15年前―。和菓子職人だった母・百合子ゆりこ(中村ゆり)とともに光月庵に住み込むことになった幼い七桜は、光月庵の同い年の一人息子・高月椿たかつきつばきと出会い、和菓子作りの面白さに目覚めていた。明るく人懐こい椿と優しい百合子と共に幸せな日々を過ごしていたある日、明け方の雷鳴に目を覚ました七桜は、母屋へ。椿が咲き乱れる庭の先で七桜が見たのは、血まみれで立ち尽くす椿と、その足元で息絶えている椿の父・いつき(鈴木伸之)の姿だった。従業員たちが駆けつける中、椿は父親を殺したのは百合子だと証言する…!椿の一言で殺人犯の娘となり全てを失った七桜は、血の“赤”が怖いという致命的なハンデを抱えながらも、和菓子作りだけを心の支えに生きてきたのだった。

その光月庵が相手と知り、和菓子対決を辞退する七桜。そんな中、住み込みで働いていた店から突然解雇されてしまう。原因は、毎日店に届く『花岡七桜の母親は人殺しです』というメールだった。雨の中行き場を失った七桜は、見知らぬ男・多喜川たきがわ(山崎育三郎)から母から預かっていたという手紙を渡される……。今は亡き母の思いを知った七桜は、長い黒髪をバッサリと切り落とし、光月庵との和菓子対決に臨む覚悟を決める。

和菓子対決当日。15年ぶりに顔を合わせた椿つばき(横浜流星)の冷たく自信に満ちた姿を前に、思わず体を強張らせる七桜。椿が七桜の正体に気付かない中、七桜は“食べる人への想いを込める”気持ちで持ち直す。対決の御菓子のテーマは“桜”。七桜と椿、二つの才能が織りなす美しい和菓子対決の行方は…?

対決の後、七桜を待っていた椿。椿は“初対面”の七桜に、突然プロポーズして…!?七桜と椿、2人の波乱に満ちた運命が動きだす―――!

引用:私たちはどうかしてる 公式サイトより

これより先はドラマ「私たちはどうかしてる」の第1話公式あらすじに含まれないネタバレとなります。まだドラマを視聴していない人でネタバレを嫌う人はご注意ください。

\14日間無料体験実施中/

無料期間中の解約で料金は一切かかりません

スポンサーリンク

第1話のネタバレ部分

椿が3つの美しい桜の散りゆく様を和菓子に描いた。
一方七桜は桜がテーマの和菓子でありながら緑の和菓子を用意した。

その意図は葉桜だった。
桜が散った後も2人が仲睦まじく結婚生活を送って欲しいという思いが込められていた。

和菓子の世界で椿がいる光月庵に逆らうということはできないとして、

軍配は椿に上がった。

対決の後椿は七桜にプロポーズをする。
そのことを冗談だというが七桜はその申し出を答えた。

過去に七桜の人生を無茶苦茶にした椿は覚えていなかった。

児童養護施設で暮らしていた過去、取り調べ中に死亡してしまった母親、
真実を見つけるために光月庵に乗り込む。

もともといた光月庵に戻ってきた七桜。
そこで七桜が見たのはなんと結婚式の最中の椿だった。

七桜の出したて見上げに面白いと思った椿は結婚相手に七桜を選ぶといいキスをした。

椿の母親に連れて行かれた椿と七桜。
光月庵の大旦那・高月宗寿郎が頭を下げることで式を中止することになった。

椿も今の光月庵が老舗の看板だけでできているという椿。
高月宗寿郎はそこまでいうなら結果を3ヶ月で出せという難題をだす。
そうしなければ2人でこの店を出て行けという。

真実だけは必ず見つけ出すという七桜、光月庵は近いうちに自分のものにする、
それぞれ決意をするのでした。

スポンサーリンク

私たちはどうかしてる 第1話を見た感想

私たちはどうかしてるの第1話を視聴しました。

ドラマもかなり展開が早かったのですが漫画と同じ展開のはずなのに、
なぜかスピード感が違うように感じました。

浜辺美波さんと横浜流星さんの端麗な容姿や和菓子の世界の綺麗さはよかったです。(何様w)
和菓子の世界についてあまり詳しくないのですが、少しわざとらしい感じが、、、
和菓子について詳しくなっていれば面白いのかもしれません。

ラブミステリーな展開という感じはしっかりしましたが、
正直ストーリーに引き込まれ具合はまだ弱いように思いました。

これから面白くなっていくことに期待です。

私たちはどうかしてる 第1話のツイッターの声

まとめ

いかがだったでしょうか。

ドラマ「私たちはどうかしてる」の第1話のネタバレあらすじと感想、ツイッター上の声などいついてお伝えしていきました。

第1話からかなりシリアスで衝撃展開でしたね。
横浜流星さんと浜辺美波さんの美しさに魅入ってしまいました。

第1話を見逃してしまったという人はTVerにてドラマ放送終了後から1週間無料で配信されています。

日テレ系のドラマが配信されている動画配信サービスHuluでも配信されています。

\14日間無料体験実施中/

無料期間中の解約で料金は一切かかりません

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です