KingGnu(キングヌー)「Sorrows」の歌詞の意味は??アサヒビールのCMはどんなの?




『トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル』を掲げる4人組ロックバンドKingGnu。

メジャーデビューから1年ほどでミュージックステーションに2回出演を果たし、2019年の年末には紅白歌合戦への参加も決まっている人気急上昇中のバンドなんです。

まだ「KingGnuの読み方がわからない」「メンバーはどんな人たち?」という方はこちらの記事を参考にしてみてください。

[keni-linkcard url=”https://doraraku.com/music/825/”]

今回はそんなKingGnuのアサヒビールのCMにタイアップされた「Sorrows」という曲はどんな曲なのか?ということについてお伝えしていきたいと思います。

KingGnu(キングヌー)「Sorrows」ってどんな曲??疾走感がかっこいい!!

まずは「Sorrows」を聞いてみてください。

アグレッシブなサウンドと疾走感溢れる雰囲気がかっこいいナンバーです。
自分自身の心の内側をよく省みるような歌詞とのギャップがまたたまらない。

ライブでの演奏しているメンバーも楽しそうな表情ですね。
ライブでもかなり盛り上がる曲となっています。

この「Sorrows」にはMVはありませんが、ライブ映像やスタジオで映像は出ていました。

 

スタジオアレンジもイカした感じがおしゃれで素敵です!!

「Sorrows」は2019年1月16日に発売されたKingGnuのメジャーデビューアルバム『Sympa』の4曲目に収録されている常田大希さん作詞作曲の曲です。

KingGnu(キングヌー)アサヒビールのCMってどんなの??

https://youtu.be/xd_Ug9RUVWo

2019年2月26日から放送されていたアサヒビールのドライゼロスパークのCM「飲みたい瞬間」篇のCMにKingGnuの「Sorrows」が起用されていました。

KingGnuの他のCMタイアップ曲はこちらをどうぞ。

[keni-linkcard url=””]

このCMに出演している最後の『たまらない!』と言っている女優さんは加村真美さんです。

笑顔が可愛いですね♪

加村真美さんは「可愛すぎる」とネット上で話題になり、橋本環奈に継ぐ「1000年に2人目の美少女」という呼ばれています。

日本ツインテール協会から特別賞も受賞しています。

KingGnu(キングヌー)「Sorrows」の歌詞の意味は??大切な人との別れの歌??

「Sorrows」の読み方は『ソローズ』で、『悲しみ、悲観、悲哀』という意味があります。

最初に歌詞の全体像を伝えておくとすると『悲しみを抱えつつ、人生に喜びを見出す』という誰もが一度は経験するであろう悩みに対して前向きな歌詞となっています。

それではKingGnu「Sorrows」の歌詞の意味をみていきましょう。

優しい嘘をついてくれよ
現実は残酷だもの
酔いどれ踊れ
全てを忘れるまで
強がり笑うだけ

引用:KingGnu 作詞 常田大希

「現実は残酷」それを受け入れたくないため、強がりを見せるために笑いたいという願望が感じられますが、この部分は逆に現実が残酷ということを痛いほど理解しているからこそ、それを受け入れるために強がって笑っているのでしょう。

現実を変えてやろう!といったメッセージではなくそこに確かに残酷な現実があるというのがKingGnuらしい歌詞だと思います。

“Why don’t you come back to me?”
避けようのない痛みを
二人分け合えるよ

“cause I know you’re lonely like me.”
こびり付いた悲しみを
拭い去れるの?

引用:KingGnu 作詞 常田大希

“Why don’t you come back to me?”の意味は『なぜあなたは私の元に帰ってこないの?』
“cause I know you’re lonely like me.”の意味は『あなたの孤独の原因は私と同じだと知っているから』

英語部分の『あなた』というのはこの歌詞の中に出てくる大切な人や愛する人のことだと思います。

別れはいつか訪れるものでお互いの心の隙間を埋めることができるのか?
恋愛的な感じで捉えれば別れた後のことですし、家族や大事な人のことで捉えれば死という別れとしても捉えることができます。

このあたりは読み手によって印象が変わってきますよ。

every time,
I feel as one.
sometime,
We feel as one.
ささやかな人生を
愛せるのならば

(中略)

“You always stay in my mind.”
“I want you stay in your mind.”

引用:KingGnu 作詞 常田大希

『every time,I feel as one. sometime,We feel as one.』の意味は、『いつも私は1人に感じる。時々私たちは孤独に感じる』

この英語歌詞のところが「sorrows」の歌詞の意味を大きく表していると私は思います。

2人でいるのに孤独に感じるのは1人の時の孤独よりも辛いですよね。
2人のすれ違いが起きているという現実から目を背けたい。でも戻せるのであれば何もかも捨て去ってしまってもいいという願望も残している絶妙な心理状況を表現している歌詞ですね。

“You always stay in my mind.”』は「あなたがいつも私の心の中にいる」
“I want you stay in your mind.”』は「あなたがいつも心の中にいてほしい」

この歌詞からこれまで2人で過ごした時間を忘れていくことを怖がっているとも感じます。

ですが前向きな意味としても捉えることができ、これからはあなたのことを忘れずに進んでいく。という解釈もできると思います。

「Sorrows」に対するネットの反応は??

https://twitter.com/sushi_chicken/status/1196380594474643457?s=20

KingGnuにハマったんが「sorrows」というかたも多くいるようですね!

めっちゃいい曲だし歌詞の意味も人によって捉え方が違うと思いますが、自分なりの解釈ができたらもっと「sorrows」が好きになると思いますよ〜。

KingGnu(キングヌー)「Sorrows」の歌詞の意味は??アサヒビールのCMはどんなの?まとめ

いかがだったでしょうか??

KingGnuの「Sorrows』についての歌詞の意味やアサヒビールのCMタイアップされたことに関してお伝えしていきました。

アルバムの1曲でMVもない曲がここまでいいとは驚きですよね!!
普通妥協したような曲もあってもいいのかな?と思いますが、KingGnuのアルバムは個人的に外れの曲がほとんどないです!

これからもどんどん活躍していくこと間違いなしのKingGnuの今後が楽しみですね!!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました♪

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です