米津玄師「MAD HEAD LOVE」歌詞の意味を解説!!常軌を逸したラブソング!!




米津玄師さんといえば日本を代表するアーティストの1人。

そんな米津玄師さんの初期の作品といえば「サンタマリア」が有名ですが、
「MAD HEAD LOVE」も欠かすことはできません。

今回は米津玄師さんの「MAD HEAD LOVE」の歌詞の意味やMVに登場する謎の創作物についてお伝えしていきたいと思います。

米津玄師「MAD HEAD LOVE」ってどんな曲??

「MAD HEAD LOVE」は「ポッピンアパシー」と共に両2013年10月23日に発売された米津玄師さんのセカンドシングルです。セカンドアルバム「YANKEE」の2曲目にも収録されています。

米津玄師さんの楽曲で初の両A面シングルで、ジャケットや歌詞カード、盤面のイラストは全て本人が手がけています。

当時メディアへの露出も少なかったのにも関わらずオリコン11位という好成績を残しています。
ボーカロイドの名残が感じられ、で米津玄師さんの世界観が爆発している作品でもありますね。

タイトルになっている「MAD HEAD LOVE」を直訳すると「狂った頭の愛」になります。

「世の中に溢れているちょうどいい湯加減のラブソングではなく、はちゃめちゃ沸騰しているラブソング」米津玄師さんがこの曲に対するインタビューで語っています。

常軌を逸した愛というのは歌詞にどう反映されているのでしょうか??

米津玄師「 MAD HEAD LOVE」MVのあらすじは??

不可解な謎の創造物がたくさん登場するMV。

最初に見たときは気持ち悪さと「なんだこれは?」という感じに襲われつつも、
「怖いもの見たさ」の感覚に似た、何回も見てみたくなるような中毒性を感じました。

MVには白人の男女、バラバラになった人形、ダンベル、メトロノーム、指遊び、楕円を描く装置、ビーカーとインク、などわけのわからないものがたくさん出てきます。

MVの02:00あたりに登場する測りのような装置には「縣」という漢字がぶら下がっています。
この漢字には「木にひもで首を逆さまにぶら下げている姿。」という意味があり、MVの中でも細い木の棒からぶら下がっているので意味を知った上でこの漢字を選んだのでしょう。

サブリミナル効果のような一瞬しか登場しないモチーフもたくさんあります。

これらは「MAD HEAD LOVE」に登場する主人公の愛に狂った病的な頭の中を表現しているのだと思います。

米津玄師「MAD HEAD LOVE」歌詞の意味を解説!!

 

ああ 煮えたぎる喉の奥
どんどろりんと言葉が溶けていく
もう愛から愛へ愛されて愛まで
脳みそ全部そんな感じ

煮えたぎるくらいあなたへ伝えたい言葉があるのに、
どんな言葉を吐き出そうと言葉が言葉にならず意味をなしません。

主人公からあなたへの愛とあなたから主人公への愛をループして、
愛で全て埋め尽くされた脳みそはパンク寸前!

もう愛以外考えられないような状態ですね。

ああ あの日のことを思えば
真っ黒焦げ痛みで目が冴える
もう愛から愛へ愛されて愛まで
年がら年もひっきりなし

主人公とあなたはもう別れているのでしょうか?

二人が一緒にいた時のことを思い出すと心の痛みを思い出し目が冴えます。
目が冴えるということは痛みは劣化しておらず、真っ黒に焦げたような痛みが新鮮に蘇ります。

毎日毎日あなたへの愛のことで埋め尽くされています。

あなたへの執着のようにも感じますね。

 呪われた僕らは虜になって
きっと愛だ恋だを忘れられないままでいる
愚かさにとらわれもう戻れないな
そうさ修羅の庭にて君と二人きりで
殴り殴られ乱闘中!

ここで恋愛についての歌詞が初めて登場します。
恋という呪いにかかってしまった二人は恋愛によって得られる高揚感や幸福感などに依存し、
忘れた方がいいのはわかっているのに忘れられない状態になっています。

「修羅」とは『醜い争いや果てしのない闘い、また激しい感情のあらわれなどのたとえ』という意味があります。

いかり・おごり・おろかさに満ちた世界でお互いに傷つけあいながらも、
愛と憎悪にまみれ恋に夢中になって依存してしまい抜け出せない状況なのでしょう。

ベイビーベイビビアイラービュー
さらば 思い出せないような
呆然自失の毎晩を
君の全てで爆破して

単純明快 こんなもんだ
スッカラカンの脳で歌うたって
迷妄醜態 全部そうだ
ひっくるめて愛を注いでいたい

ベイビーベイビビアイラービュー
今は痣だらけの宇宙で
愛とも言うその暴力で
君と二人で喧嘩したい

サビ部分に登場する「MAD HEAD LOVE」のメインポイントの歌詞である、
「ベイビーベイビビアイラービュー」

英語に直すと「baby baby I LOVE YOU」となるのですが、
カタカナにすることによって機械っぽさが出て無機質な感情に陥ります。

特に「ベイビビ」となっていることからか感情にバグが発生しているのでしょう。

「呆然自失」とは『あっけにとられて我を忘れてしまうこと』を意味します。
記憶に残らないような毎日をあなたに壊して欲しいという願望がある主人公。

「こんなものだ」と開き直り割り切って歌うことへ逃げ何も考えない様子。

「迷妄醜態」は四文字熟語ではなくそれぞれの単語です。

「迷妄」は「道理がわからず、事実でないことを事実だと思い込むこと。」
「醜態」は「みっともない恥ずべき様子。」を意味し、
合わせると「何が真実かわからず、みっともなく恥ずかしい」という意味ということ。

「愛とも言うその暴力」と言っていることから、”愛=暴力”となります。

『宇宙は暴力で満ち溢れている』つまりは「痣だらけの宇宙」という表現につながっており、
愛の表現としての体の関係、暴力の表現としての喧嘩は実は同じであり紙一重であるということを伝えたいだと捉えました。

ああ 醜くも地を這って
チンチロリンと言葉を賭けていく
もう愛から愛へ愛されて愛まで
引いては押してとっちらかせ

「チンチロリン」とは丼にサイコロを入れ奇数か偶数かを当てる博打のことです。

恋に溺れてしまっている主人公はこの雁字搦めの状態から抜け出そうとしていますが、
愛に支配されてしまっている主人公の思考はどうしたらいいのかわからない状態です。

君を見つめてから始まったのさ
どんな嘘も真も白魚の乾いた眼も
それまでの記憶はもう何にもないな

そうさ修羅の庭にて君と二人きりで
騙し騙され混乱中!

あなたと出会ったことが衝撃すぎて愛に溺れることが始まります。
それより過去のことを真実も嘘も何も覚えていません。

死んだ魚のように覇気がなくなってしまい、
何も考えられないくらいにあなたの虜になってしまっています。

いかり・おごり・おろかさに満ちた愛の世界で二人きりで恋愛ゲームに翻弄されているのでしょう。

ベイビーベイビビアイオンチュー
彼方先までの道中の
バッテンハズレのトンチンカン
君の全てで爆破して

暗雲低迷 擦って揉んで
こんがらがった脳で歌うたって
天真爛漫 蹴って泣いて
どんがらがっしゃ愛憎混在の

ベイビーベイビビアイオンチュー
今はあばら屋の寝室で
恋とも言うその引力で
君と バカンスを謳歌したい

バッテン・ハズレ・トンチンカンは全て不正解やちぐはぐを表します。

それらの全てを壊して欲しいというのは、
主人公の全てを受け入れて欲しいという願望かもしれません。

「暗雲低迷」とは『悪い状態が長く続き、向上のきざしが見えてこない前途不安な状況のこと』を意味します。

あなたへの愛で疑心暗鬼になった自分の感情を隠すかのように、
無邪気で明るく振る舞っている主人公の姿が思い浮かびます。

「あばら家」とは『荒れて(粗末で)すきまだらけの家。』を意味します。
これは心の状態を意味するのではないでしょうか。

寝室というのは休まる場所なので、愛憎にもがき苦しむ感情から解き放たれあなたとの恋を満喫したいとう主人公の願いが伝わってきます。

いまー人ニ人愛の獣になって
傷だらけ 血で塗れ
疲れ果てまた傷つけて

ほら巡り巡る今を貪り合って
擦り切れて 擦り切れて
疲れ果て果て果て果てど愛してる

主人公とあなたは思いをぶつけ合い傷つけ合うことでお互いが愛し合っていることを確認しています。

精神的なケンカに対しても言えるかもしれませんが、性をぶつけ合うことにも捉えることができます。

行為が終わった後の状態を「果てど愛してる」と、
生々しい体の関係を抽象的な言葉で表現しています。

そしてラストサビへ向かい愛に支配され歯止めが効かなくなってしまった主人公の感情にて、
「MAD HEAD LOVE」は

米津玄師「MAD HEAD LOVE」歌詞の意味を解説!!常軌を逸したラブソング!!まとめ

いかがだったでしょうか??

米津玄師さんの「MAD HEAD LOVE」の歌詞の意味とMVについてお伝えしていきました。

米津玄師さんって考えさせられるような歌詞が多いのですが、
こういった独特の世界観がある歌詞も多いですよね。

最近ではこういったぶっ飛んだ感じの楽曲は少なくなってきたような気がしますが、
またこういった楽曲も作ってくれることもあると思うので楽しみです♪

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です