米津玄師「ごめんね」歌詞の意味を解説!星野源も絶賛「Under tale」がテーマ!!

今では米津玄師さんは日本を代表するアーティストとなりました。

今回は「Flamingo/TEENAGER RIOT」のカップリング曲になっている、
「ごめんね」の歌詞の意味と楽曲のテーマになっているゲーム「Under tale」との関係をお伝えしていきたいと思います。

米津玄師「ごめんね」ってどんな曲??

前述しましたが「ごめんね」は2018年10月31日に発売された「Flamingo/TEENAGE RIOT」のカップリング曲として発表されました。

  • 人に対して悪いことをしてしまった時
  • 迷惑をかけてしまった時
  • 傷つけてしまった時

など、タイトルになっている「ごめんね」は謝る時に使う言葉ですが、
なかなか照れ臭かったりプライドが邪魔して素直に言えないこともありますよね。

タイトルだけを見てみると米津玄師さんの楽曲としては珍しくストレートなタイトルだと思いましたが、全体的に優しさを感じる楽曲でタイトルと同じく歌詞もストレートな印象を受けました。

ライブを意識して「オーオー」とみんなで合唱できるような曲でライブの定番になるかもしれません。

暖かく優しさに包まれるような楽曲「ごめんね」の歌詞の意味とはどのように繋がってくるのでしょうか?

米津玄師「ごめんね」はゲーム「Under tale」がテーマ?

米津玄師さんの「ごめんね」のテーマとなっているのは、
星野源さんも絶賛していたゲーム「Under tale」とネットラジオにて米津玄師さんがコメントしています。

これは、”TEENAGE RIOT”と”Flamingo”を作り終わったあとに、ゲームしてて――『Undertale』というゲームがあるんですけど、それがめっちゃくちゃ面白いゲームで。そのイメージソングみたいな感じになりました(笑)

それをやっていくうちに、すごい重要なキャラクターが出てきて、そいつの心境だとか、自分と共通する部分だとか、そういうことを考えながら作ったらこうなった、っていう感じです。勝手にタイアップソング作ったみたいな

低予算で作られたドット絵のゲームで、だからこその没入感もあって。気がついた頃にはどっぷりハマってしまっていて、勝手にイメージソングを作るみたいなつもりで作りました

ゲーム「Under tale」のタイトルの意味は『地下の物語』です。
ゲームの雰囲気はこのような感じになっています。

 

ゲーム概要

地上から隔絶された地底世界 (the Underground) が舞台の物語 (tale) である。プレイヤーは、モンスターたちの住む地底世界に落ちてしまった「ニンゲン」の子供を操作し、地上に帰るために様々なモンスターと出会い、ふれあいながら冒険を繰り広げていく。

ゲーム「Under tale」は『誰も死ななくていい優しいRPG』として人気があります。

 

人間とモンスターの交わることがない関係の中、
話し合ったり説得したりで違いを理解しあって平和的に解決することができるゲームなんです。

スポンサーリンク

米津玄師「ごめんね」の歌詞の意味を解説!!

米津玄師さん本人もコメントを残していますが、
ゲーム内容と照らし合わせた歌詞の意味を説明していくとネタバレになってしまうので、
ゲームとの関係を無視した歌詞考察をしていきます。

バカみたいな夢を 笑わないで聞いてほしい
日が暮れる前に 話しておきたい

大切な人に大事な話を真面目にしたいという主人公が真剣な眼差しが伺えます。

「日が暮れる前に」という歌詞からこれまで一緒にいたのかもしれませんが、
タイミングが合わずなかなか言い出せなかったのかもしれません。

「バカみたい」との歌詞から主人公は謙遜してか自信がないのか。
これからの二人の関係性のことではないでしょうか?

君みたいに優しく なりたいだけ
祈る声は激しく あと少しだけ
心の底から触れ合うまで
君と繋がっていたいだけ

ここで先ほどの「バカみたいな夢」の内容がわかります。

自分には持っていない誰に対しても優しく思いやりがある『君』の優しさに憧れている主人公。

お互い喧嘩をしながらも本心のところで二人の心が通じ合いたいという願いのようです。

『君』のことを尊敬しているからこそ、
主人公は日が暮れるまで聞くことができなかったのかもしれません。

泣き噦るだけじゃ 何もないとわかったから
傷つけたことを 謝りに行こう

君の優しさに甘えていて後悔してただ泣いているだけではなんの解決にもならない。

心にもないことを言って傷つけた『君』に対して、
本当に大事に思っているからこそ謝罪をしたいのです。

いつまでも近くに いてほしいだけ
さよならが言えなくて 恐ろしいだけ
溢れる光に手が震えたって
君となら強くなれるだけ

主人公の願いはただ君にいつまでもそばにいて欲しいだけ。
大事に思えば思うほど別れてしまうことが怖さが強まります。

「さよなら」ということで離れてしまうことで、
『君』に会えなくなってしまうことを恐れています。

光があるからこそ影がある。
『君』という存在が自分にとってどれほど大きなものか。

主人公の精神的な支えになっていて、
『君』と一緒ならどこまでも行けるという主人公の強い思いを感じます。

怯えてばかりで 恥ずかしくなるよ
そこから見ていてね 大丈夫 ありがとう

『君』に嫌われることが怖くてうわべだけで付き合っていた自分が恥ずかしい。
しかし今は君がそばにいるから大丈夫。

変わっていっている自分をこれからも見守っていて欲しい。

もし自分の本心を打ち明けてしまった結果がどうなるかわからないけれども、
自分の心と向き合い大丈夫と強くなっていこうとする主人公の心情が伺えます。

米津玄師「ごめんね」歌詞の意味を解説!星野源も絶賛「Under tale」がテーマ!!まとめ

いかがだったでしょうか??

米津玄師さんの「ごめんね」の歌詞の意味の解説とテーマになっている「Under tale」についてお伝えしていきました。

お互いに傷つけあったりもしたこともあるけれども、
『君』という存在が自分を変えてくれたという楽曲だと思いました。

タイトルの「ごめんね」とは反対の「ありがとう」というのが歌詞の本質ではないでしょうか??

ストレートでありながら人間の心模様をしっかりと描いていました。

おすすめ記事はこちら

米津玄師「Flamingo」のMVが意味深!!撮影場所はどこ??衣装のブランドは??

米津玄師「TEENAGE RIOT」の歌詞の意味は??MVの場所やキャストは?ギャツビーのCM曲

米津玄師「Flamingo」の歌詞の意味は??フラミンゴとは花魁のこと??ソニーイヤホンCM曲

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です