星野源「Week End」歌詞の意味はなに??PVはある??収録アルバムは??

星野源weekend

自然体な雰囲気が魅力的な星野源さん。

星野源さんはブラックミュージックと日本語の歌詞を融合させたイエローミュージックというジャンルを掲げています。

今回は星野源さんの「Week End」の歌詞の意味について考えたのでお伝えしていきたいと思います。

星野源「Week End」ってどんな曲??収録アルバムとPVは??

「Week End」は星野源さんの4枚目のアルバム「YELLOW DANCER」の2曲目に収録されており、
シングルカットはされていませんがyoutubeでは1000万回再生を上回り人気がある楽曲です。

PVは残念ながらありませんが、ライブ映像が公開されています。
思わず踊りたくなるような楽曲ですね。

人気な楽曲なだけあってシングルになってもいいのでは?
と思わせるくらいのクオリティの高さですね。

曲調は一昔前のダンスミュージックのようですが古臭さはなく、
現代風な感じもしてしっかりとJ-POPの要素も含んでおり絶妙なバランスで構成されています。

タイトルの「Week End」には週末という意味があります。
Week End」は週末土曜日の『めざましどようび』のテーマソングにもなっています。

ワクワクさせてくれるようなダンサブルなナンバーで、
ライブでも盛り上がること間違いなしです。

星野源「Week End」の歌詞の意味は??

それでは星野源さんの「Week End」の歌詞の意味について考えていきたいと思います。

さよなら
目が覚めたら 君を連れて
未来を今 踊る
週末の街角 ここから 始まる

夢から目が覚めたら 君を連れて
未来を今 踊る
週末の街角 朝まで
身体を交わそう

頭サビ部分は「さよなら」という歌詞からスタートします。

忙しい平日にさよならをし忙しい毎日の中で描いていた未来、つまり週末のことを言っているのだと思います。

めざましどようびのテーマソングでもあるだけあって週末というワードが使われていますね。

「未来を今」という矛盾した歌詞も難しい意味のように思ってしまいますが、
月曜日が始まりと考えれば平日の延長線上にあるということに捉えられると思います。

週末の街角には明日から休みだ!という、
平日のストレスや憂鬱から解放されワクワクしている様子が思い浮かびます。

花が色づく頃は 心も浮ついて
誰かに声をかけて 無茶な口説き方して

花が色づく頃という歌詞から季節は春だということが推測されます。

春のポカポカした陽気に流されてい見ず知らずの人に声をかけたり、変な口説き方をしたりと無茶をなことをしており浮かれているのがわかります。

頭サビの晴れやかな気持ちをより具体的に表しているのでしょう。

今を踊る すべての人に捧ぐ
俯いた貴方の 腕を掴み 音に乗って

「今を踊る」という歌詞は星野源さんの「SUN」にも、
似たような「踊る いま」という歌詞があります。

今を楽しみながら生きてこうということが伝わる星野源さんらしいフレーズです。

そして「俯いた貴方の 腕を掴み 音に乗って」という歌詞は、
どんなにつまらない毎日であったとしても楽しんでんいこうという、
落ち込んだ人に対する星野源さんのエールのようにも思います。

木の葉色づく頃は
心に穴が開いて
指の先少し冷えて
貴方の温度探す

2番Aメロです。

「木の葉色づくころ」というのは紅葉が彩る秋の季節です。

夏の楽しさから少し肌寒くなる時期である秋はなぜかものさみしくなる季節。

気持ちも少し落ち込み気味になりやすい時期でもあり、
人肌が恋しくなっている気持ちを歌っている部分です。

今を生きる すべての人に捧ぐ
俯いた貴方と 靴を鳴らし 昔を飛べ

2番Bメロでは「俯いた貴方と 靴を鳴らし 昔を飛べ」という歌詞に変わっています。

「 靴を鳴らし昔を飛べ」というのは、
過去のことを忘れ軽やかな気持ちで前へ進もうという印象を受けました。

いつまでも過去のストレスや陰鬱な気持ちに縛られずに今を楽しもう。
秋という季節の雰囲気に合わせた歌詞ですね。

夢から目が覚めたら 君を連れて
未来を今 踊る
週末の街角 朝まで
言葉を交わそう

2番サビです。

最後の部分が「言葉を交わそう」と変わっています。

言葉の通り朝まで語り合うというような意味だと思いますが、
1番と頭サビの「体を交わそう」という歌詞から変わったことでどこか色気を感じます。

今を踊る すべての人に捧ぐ
君だけのダンスを 世間のフロアに出て叫べ

「君だけのダンスを 世間のフロアに出て叫べ」という歌詞。

前にある「今を踊ろう」というのは今を楽しもうということから、
自分の好きなことをして楽しみながら世間を生きていこう!というメッセージのようにも捉えられます。

日本の風潮として多数派の意見が通りやすく、
なかなか自分の意思を出すというのは難しいことですよね。

ですがそんな中でも君だけにしかできないことで世間へ宣言し実現していこうという、
星野源さんの後押しのようにも感じます。

さよなら
目が覚めたら すべて連れて
未来を今 変える
週末の街角 朝まで
電波を 世間を 未来を 踊ろう

ラストサビです。

「未来を今変える」というのは今の行動次第で未来はどうにでも変えることはできるということを言っています。

電波というのはインターネットやSNSやテレビなどを連想させますね。
そんないろんな媒体に乗せて自分らしさを表現していこうという歌詞で「Week End」は幕を閉じます。

スポンサーリンク

星野源「Week End」歌詞の意味はなに??PVはある??収録アルバムは??まとめ

いかがだったでしょうか。

星野源さんの「Week End」の歌詞をメインにお伝えしていきました。

自分を表現できることがしやすくなった現代。

自分の意見を出すことが怖く思ってしまうことも多々あるでしょうが、
そんな世の中だからこそもっと表現していこう!という星野源さんおん応援ソングのように思いました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です