菅田将暉「まちがいさがし」の歌詞の意味は??米津玄師が作詞作曲を担当




俳優としても大人気の菅田将暉さんですが、歌手としても活動をしているのはみなさんご存知ですよね。

「まちがいさがし」は2019年5月14日に発売されました。

[keni-linkcard url=”https://doraraku.com/music/347/”]

米津玄師さんが作詞作曲を担当し、ドラマ「パーフェクトワールド」の主題歌でも起用され、ドラマのストーリーとも相まって良さを引き立てていましたね。

「まちがいさがし」は単品音源は配信限定リリースされており、2019年7月10日に発売されたアルバム「LOVE」の1曲目にも収録されています。

「LOVE」は米津玄師さんをはじめとする様々なアーティストに楽曲を提供されており、また菅田将暉さんご自身でも作詞作曲された曲の両方を楽しむことができます。

「まちがいさがし」で米津玄師さんと菅田将暉さんとの出会いと楽曲に込められた思い、ドラマパーフェクトワールドについて、歌詞の意味とは?などについてお伝えしていきたいと思います。

菅田将暉「まちがいさがし」の歌詞

 まちがいさがしの間違いの方に
生まれてきたような気でいたけど
まちがいさがしの正解の方じゃ
きっと出会えなかったと思う

ふさわしく 笑いあえること
何故だろうか 涙がでること

君の目が貫いた 僕の胸を真っ直ぐ
その日から何もかも 変わり果てた気がした
風に飛ばされそうな 深い春の隅で
退屈なくらいに何気なく傍にいて

間違いだらけの 些細な隙間で
くだらない話を くたばるまで
正しくありたい あれない 寂しさが
何を育んだでしょう

一つずつ 探し当てていこう
起きがけの 子供みたいに

君の手が触れていた 指を重ね合わせ
間違いか正解かだなんてどうでもよかった
瞬く間に落っこちた 淡い靄の中で
君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ

君の目が貫いた 僕の胸を真っ直ぐ
その日から何もかも 変わり果てた気がした
風に飛ばされそうな 深い春の隅で
誰にも見せない顔を見せて

君の手が触れていた 指を重ね合わせ
間違いか正解かだなんてどうでもよかった
瞬く間に落っこちた 淡い靄の中で
君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ

引用:まちがいさがし 作詞作曲:米津玄師

菅田将暉「まちがいさがし」に込めた米津玄師の思い

「まちがいさがし」の前、2017年に発売された米津玄師さんの「BOOTLEG」に収録されている曲「灰色と青(+菅田将暉)」で菅田将暉さんと米津玄師さんはコラボしています。

米津玄師さんが菅田将暉さんに熱烈オファーをしたことがきっかけでできた「灰色と青」で二人の親睦が深まりました。

この楽曲を機に「何かやりたいね」と菅田将暉さんに話していて出来上がったのが「まちがいさがし」です。

「まちがいさがし」について2人はこのようなコメントをしています。

菅田将暉 コメント

四畳半の個室で
「自分は間違い探しの間違いの絵の方に生まれたのかもしれない、
でもだからこそ今目の前の人との出会いがあって・・・」と。
米津くんからこの曲の意図を聞いた時に
生きている中で何となく不安だった
自分にしかわからない気持ちに
名前をもらったような気がしました。
きっとそれは、この文章を見ているあなたしかり、
境遇は人それぞれだからこそ、
その人自身にしかわからない
苦しいものが必ずあると思います。
その気持ちはひとりのものであり、
形は違うけどみんなもっていて、
対象者がいることで
自分の存在を肯定することができる。

そのあたたかさを軸に、
大事に歌わせてもらいました。
救いでも祈りでもない集い。
「まちがいさがし」に、
僕は出会えて幸せです。

公式サイトより引用(reissuerecords.net)

米津玄師 コメント

灰色と青で出会えて以来、会えばその都度
「なんかやりたいね」という話を続けてきて、
出来上がったのがこの曲でした。
彼の歌を聴くたび、バーンと喉から勢いよく
飛び出してくるその声に毎度震えます。
いろんな人に早く聴いてほしいですね。
僕と同じように思うはずです。

公式サイトより引用(reissuerecords.net)

二人はプライベートでも飲みに行ったりする仲で才能あるアーティストどうしが集まるととんでもない作品が出来上がるということをまざまざと突き付けられた楽曲ですね。

菅田将暉「まちがいさがし」はドラマ「パーフェクトワールド」の主題歌に

「まちがいさがし」はドラマ「パーフェクトワールド」の主題歌として起用されました。

これがまた「パーフェクトワールド」の世界観とマッチしていてドラマをより感動させてくれます。

「パーフェクトワールド」はドラマだけでなく映画化もされています。

この原作は有賀リエさんが漫画で描いており、交通事故で脊髄損傷により身体障害者となった建築士・鮎川樹と高校の同級生・川奈つぐみと再会しお互いに心を寄せていくという恋愛漫画です。

身体障害者との恋愛という難しいテーマを題材にしていたこの作品は2019年第43回講談社漫画賞少女部門を受賞するほど注目を集めている作品です。

「まちがいさがし」と「パーフェクトワールド」の世界観がリンクする!

身体障害者になってしまった建築士の鮎川樹と同級生の川奈つぐみが様々な壁にぶつかりながらも惹かれあっていくという恋愛ストーリー。

今まで当たり前にできていたことができなくなってしまったことに「これで良かったのかな?」「この選択は間違っていなかったのかな?」と思いながらお互いに支え合い掛け替えのない存在になっていく姿は「まちがいさがし」の歌詞とすごくリンクします。

ドラマを見てから「まちがいさがし」の歌詞を改めて見るとすごく感動します!!

菅田将暉「まちがいさがし」の歌詞の意味とは?

2人のコメントでもわかる通り、この曲は米津玄師さんの実体験を元に菅田将暉さんのためにに書いた曲です。

米津玄師さんの菅田将暉さんに対する思いも読み取ることができます。

では本題である「まちがいさがし」の歌詞の意味を部分別に考えていきましょう。

「まちがいさがし」歌詞Aメロの意味

まちがいさがしの間違いの方に
生まれてきたような気でいたけど
まちがいさがしの正解の方じゃ
きっと出会えなかったと思う

引用:まちがいさがし 作詞作曲:米津玄師

米津玄師さんがこの曲を作るにあたっての意図である「自分は間違い探しの間違いの絵の方に生まれたのかもしれない、でもだからこそ今目の前の人との出会いがあって・・・」

という言葉通りの歌詞から始まります。

物事には正しい面と間違った面の裏表があります。

この曲の中での間違いというのは多数派ではない自分のことをさし、周りに溶け込めない自分、少数派である自分の何が正しいのか?ということを葛藤している様子を描いていいると思います。

この歌詞の主人公はみんなと違うことに対しての孤独やコンプレックスを抱いているではないでしょうか?

でもそんな自分だからこそ出会えたかけがえなのない人がいるということもわかります。

「まちがいさがし」歌詞Bメロの意味

ふさわしく 笑いあえること
何故だろうか 涙がでること

あなたにとって自分はふさわしい人なのだろうか?
相手がありのままの自分を受け入れてくれることに嬉しく感謝をしています。

感情が溢れ出てくるこのパートでは、まさしくお互いのことを信頼し自然に笑いあえたり菅田将暉さんと米津玄師さんの関係を溢れ出ていますね。

「まちがいさがし」歌詞サビの意味

君の目が貫いた 僕の胸を真っ直ぐ
その日から何もかも 変わり果てた気がした
風に飛ばされそうな 深い春の隅で
退屈なくらいに何気なく傍にいて

引用:まちがいさがし 作詞作曲:米津玄師

主人公の孤独やコンプレックスも全てを含んだ上で受け入れてくれることで世界観が変わりました。

主人公の心に今まで見たことがない世界を見せてくれたことに、自然体で受けれてくれる君という存在がこれまでの主人公の価値観を変えてくれたことだと思います。

風に飛ばされそうなという表現は自分の中に何もない自分の虚無感だと思います。
それを無くしてくれる君の存在を心の拠り所にしているのかもしれません。

この歌に菅田将暉と米津玄師さんを当てはめてみます。
米津玄師さんが菅田将暉さんにしか歌えないという曲というコンセプトもありました。

君というのは米津玄師さんで、主人公が菅田将暉さん。
音楽に対するまっすぐな姿勢の米津玄師さんと出会い音楽の世界を知ったことで菅田将暉さんの世界も変わったのではないでしょうか。

自然体で入れる2人の仲の良さもわかりますね。

「まちがいさがし」歌詞2番Aメロの意味

間違いだらけの 些細な隙間で
くだらない話を くたばるまで
正しくありたい あれない 寂しさが
何を育んだでしょう

引用:まちがいさがし 作詞作曲:米津玄師

日常でくだらない話をいつまでもしていたいということです。くだらない話をどれだけでもできるというのは本当に心を許し合った人同士でないとできないことです。

何が正しいのかはわからないけど、これまでの自分の経験が何一つ無駄ではありません。

正しくありたいという過去の自分の気持ちが今の自分にとって本当に必要なものではなかったという解釈も取れますね。

「まちがいさがし」歌詞2番Bメロの意味

一つずつ 探し当てていこう
起きがけの 子供みたいに

引用:まちがいさがし 作詞作曲:米津玄師

この部分の一つずつというのは間違いのことではなく、君が見せてくれた素晴らしい世界から自分の中で揺るがない大切なもののことを指していると思います。

今まで感じていた不安や焦りなどを感じない子供のように純粋な気持ちで大切なものを探していくという表現ですね。

「まちがいさがし」歌詞2番サビの意味

君の手が触れていた 指を重ね合わせ
間違いか正解かだなんてどうでもよかった
瞬く間に落っこちた 淡い靄の中で
君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ

引用:まちがいさがし 作詞作曲:米津玄師

2番のサビの歌詞を見てみると恋愛に発展したのかな?という風に思えます。

君がいれば他に何もいらない、君というかけがえのない存在を自分の中で認識した瞬間でもあります。

今まで深い闇の中にいたことを霧という状況で表現しており、霧が淡くなる、薄くなるということはそこから抜け出すために君が教えてくれたことだと思います。

主人公の人生にとって君という存在の重要性が大きいのがひしひしと伝わってきますね。

「まちがいさがし」歌詞ラストサビの意味

君の目が貫いた 僕の胸を真っ直ぐ
その日から何もかも 変わり果てた気がした
風に飛ばされそうな 深い春の隅で
誰にも見せない顔を見せて

引用:まちがいさがし 作詞作曲:米津玄師

1番のサビと同じですが、最後の一行だけ違います。

このことから君への関係性が深まっていることが読み取れます。
特別な関係になりたいというラブコールのような感じにも受け取れますね。

菅田将暉「まちがいさがし」の歌詞の意味は??米津玄師が作詞作曲を担当 まとめ

いかがだったでしょうか?

歌詞の意味を考えてみると深い意味があり、お互いの信頼関係がものすごいですよね。
大切なものができたときに自分は買われるという強いメッセージ性も感じられました。

「まちがいさがし」はドラマのために作られた曲ではありませんがこれを踏まえた上で「パーフェクトワールド」を見てみると感動すること必須です!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です