【BiSH】アユニDがソロデビューPEDROって??ベースのメーカーは??




楽器を持たないパンクバンドグループBiSHが紅白出場も決まりファンも狂喜乱舞していることでしょう。
BiSHの意味は「Brand-new idol SHiT」の略で新生クソアイドルという意味があります。
アイドルの新しい境地ですね!!

そんな人気が右肩上がりのBiSHの中で一番最後に加入したメンバーアユニDさんがソロデビューしていることはご存知でしたか??

アユニDさんがソロデビューしているプロジェクトの名前は『PEDRO』についてお伝えしていきたいと思います。

[keni-linkcard url=”https://doraraku.com/music/631/”]

まずはアユニDさんがどんな人物なのかをみていきましょう!!

BiSHのアユニDってどんな人??

BiSHファンの清掃員ならアユニDさんのプロフィールを知っていると思います。
「最近BiSHを知った」「PEDROからBiSHを知った」という人のためにまずはプロフィールをみていきましょう!!

生年月日:1999年10月12日
名前:アユニ・D
出身地:北海道 札幌
命名者:リンリン
身長:161cm
担当:僕の妹がこんなに可愛いわけない
ファンの総称:お兄たんズ
好きなファッション:黒系などのモノトーン、外国の子供風のナード系
好きなタイプ:アインシュタイン稲田、ARuFa(ブロガー)
特徴:汗っかき
気になる楽器:ベース(中学時代に友達に借りて少しかじった程度)
BiSH参加:2016年8月〜
ソロ:PEDRO

BiSHのメンバーでは一番最後に加入したメンバーです。
透き通るくらい白い肌と汗っかきのギャップがたまらないですね。

アユニDさんはライブで水たまりができるほどのめちゃくちゃ汗をかくのですが、それがファンの間では「アユニ汁」とありがたいものとして扱われています。

BiSH アユニDのソロプロジェクトPEDROってどんなの??

アユニDさんが現在BiSHとは別に活動しているのがPEDROというソロプロジェクトです。
BiSHでは楽器を持たないパンクバンドというアイドルグループなのですが、PEDROでは実際にベースを弾きながら歌っている姿はBiSHとは別のかっこよさがあります。

アユニDさんは中学生時代に友達から借りたというベースで少しかじった程度でドレミファソラシドしか弾けなかったようでしたが、PEDROを始めるにあたってベースを猛特訓したようです。

PEDROでは可愛らしいアユニDさんの声にかっこいいロック調の音楽がくせになります。

アユニDソロプロジェクトPEDROが始まったきっかけとは??

BiSHのメンバーではモモコグミカンパニーさん、リンリンさん以外はソロの楽曲を出しています。
アユニDさんが所属する事務所WACKでは人気投票があり、1位と2位がソロデビューをできるというご褒美がありました。

アユニDさんは残念ながら3位でしたが、総選挙後にプロデューサーの渡辺氏がアユニDさんを呼び出したことをきっかけに始まったのがソロプロジェクトPEDROです。

なんともWACKらしいサプライズですね。

アユニDさんがソロプロジェクトPEDROを始まるきっかけが収録されているDVDがファーストアルバムの初回限定版に付属しています。その一部がこちらです。

普段1人で呼び出されることが無いアユニDさんの呼び出された時の不安な表情が可愛いですね。
ソロが決まった時の嬉しそうな表情もまた素敵です。
みているこっちまで嬉しくなってしまいます。

アユニDソロ PEDROはどんな曲があるの??

現在の時点でアユニDさんがソロとして活動するPEDROでは2つのアルバムがあります。
それぞれのアルバムについてお伝えしていきます。

アユニD ソロ PEDROファーストアルバム「zoozoosea」ってどんなの??

 

アユニDさんの待望のソロアルバムは全7曲で構成されています。
タイトルの「zoozoosea」にはこのような意味があると語っています。

『図鑑に載ってない虫』という日本の映画からです。映画のコラムを連載で書いていて、映画をよく観るんですけど、その時に思ったこととか、いいセリフをメモするようにしていて、その映画のワンシーンで、<自殺する奴は、動物園、動物園、海だ>っていうセリフがあったんです。自分なりに解読したら、<ずうずうしい>っていうことかと思って、それをメモしてあって、面白いなと思って、タイトルにしました。

引用:Utaten

「図々しい」と「zoozoosea」の言葉遊びには才能を感じずにはいられませんね。
やっぱり言葉一つでもその人がどんな人なのかってのはすごく感じます。

そんな遊び心あるタイトルがつけられたファーストアルバム「zoozoosea」に収録されている曲を紹介します。

PEDROファーストアルバム「zoozoosea」

  1. ゴミ屑ロンリネス 作詞アユニD 作曲松隈ケンタ
  2. GALILEO 作詞松隈ケンタ アユニD
  3. 自律神経出張中 作詞アユニD 作曲松隈ケンタ
  4. 甘くないトーキョー 作詞アユニD 作曲松隈ケンタ
  5. MAD DANCE 作詞アユニD 作曲松隈ケンタ アユニD
  6. ハッピーに生きてくれ 作詞アユニD 作曲松隈ケンタ
  7. うた 作詞アユニD 作曲松隈ケンタ

アユニDさん自身が作詞している曲が目立ちます。中にはアユニDさんが作曲にも加わっているのもみられますね。

ファーストアルバム「zoozoosea」の中から「自律神経出張中」のMVがyoutubeにて公開されたいます。

 

BiSHの時では楽器を持たないので全く別のアーティストのように見えてしまうのは私だけでしょうか??

このアルバムができたことをきっかけにソロでの初ライブ「PEDRO first live happy jam jam psycho」を決行しています。

その時のバンドのサポートメンバーとしてアユニDさんが大好きなnumbergirlのギタリスト田渕ひさ子さんを迎え、numbergirlの「透明少女」のカバーも披露しました。

アユニD ソロ PEDROセカンドアルバム「THUMB SUCKER」ってどんなの??

2019年8月28日にはセカンドアルバム「THUMB SUCKER」を発売しました。
初回限定box版にだけ前作「zoozoosea」の再録された楽曲を聞くことができます。

他にも初回生産限定盤の内容は、PEDROの初ライブ『PEDRO first live“happy jam jam psycho”』の模様と『THUMB SUCKER』の制作に密着したドキュメンタリー映像、フォトブックが同梱されています。

初ライブでゲスト参加してくれた田渕ひさ子さんが今回はアルバム収録にも参加しています。

CD「THUMB SUCKER」収録曲

  1. 猫背矯正中 作詞アユニD 松隈ケンタ 作曲松隈ケンタ
  2. Dickins 作詞アユニD 作曲松隈ケンタ
  3. STUPID HERO 作詞アユニD 作曲松隈ケンタ
  4. NIGHT NIGHT 作詞アユニD 松隈ケンタ JxSxK 作曲松隈ケンタ アユニD
  5. SKYFISH GIRL 作詞アユニD 作曲松隈ケンタ
  6. EDGE OF NINETEEN 作詞アユニD 作曲松隈ケンタ
  7. ボケナス青春 作詞アユニD 松隈ケンタ 作曲松隈ケンタ
  8. おちこぼれブルース 作詞アユニD 松隈ケンタ 作曲松隈ケンタ アユニD
  9. NOSTALGIC NOSTRADAMUS 作詞アユニD 作曲松隈ケンタ
  10. ironic baby 作詞アユニD アユニD 作曲松隈ケンタ
  11. 玄関物語 作詞アユニD アユニD 作曲松隈ケンタ
  12. アナタワールド 作詞アユニD 作曲松隈ケンタ アユニD
  13. ラブというソング 作詞アユニD 作曲松隈ケンタ

DVD
2018.09.25 新代田FEVER
PEDRO first live “happy jamjam psyco”

  1. ゴミ屑ロンリネス
  2. 甘くないトーキョー
  3. GALILEO
  4. ハッピーに生きてくれ
  5. MAD DANCE
  6. 透明少女
  7. 自律神経出張中
  8. うた
    <ENCORE>
  9. 本当本気

通常盤にも映像付きがありますのでライブの様子も見れるしファンにはたまらない仕様になっていますね。
PEDROのyoutubeチャンネルでは全曲聞くことができます。

だったらCDを買わなくても、、、なんてことは思わないようにww

ちなみいアルバムタイトルの「THUMB SUCKER」はTHUMBは親指、SUCKERは舐めるということで親指シャブリという意味があります。子供っぽさを出したということなのかもしれませんね。

「THUMB SUCKER」を聞いてみた感じからするといい意味でnumbergirlっぽいかな?と思いました。

そしてこのセカンドアルバム「THUMB SUCKER」をきっかけに宮城・愛知・福岡・東京・大阪・北海道全国6カ所ツアーを開催しています!!

最初の頃と比べると見違えるような成長っぷりにびっくりしてしまいます。

アユニDソロPEDROに対するネットの反応は??

アユニDさんのソロPEDROをネットではどういう風に思っているのかを調べてみました。

https://twitter.com/souhei74/status/1193899308417839104?s=20

アユニDさんがベーシストとしても認められているのがわかります。

私も昔バンドやっていましたが、楽器を弾きながら歌うのって難しいんです。
一朝一夕ではできることではないので相当努力しているのでしょう。

アユニDが使うベースはどこのメーカー??

ではベーシストとして認められてきたアユニDさんが使うベースについてです。

この黒のベースを使っていることが多いです。
このベースのメーカーはMUSICMANというメーカーのスティングレイというモデルです。
ベースをやっている人なら必ずと言っていいほど有名なメーカーです。

このベースを使っている超有名なのが世界的ロックバンドであるレッチリのベーシストのフリーです。

アユニDさんの演奏方法は指弾きとピックと使い分けているようで、音に対するこだわりもあるのかもしれませんね。

そしてもう一つがEpiphone(エピフォン)のSGという型のベースです。
こちらのベースは比較的安価で購入できるのでアユニDさんに影響されてベースをとりあえず始めたいくらいの人はこちらでもいいと思います。

【BiSH】アユニDがソロデビューPEDROって??ベースのメーカーは??まとめ

いかがだったでしょうか??

BiSHとしても活躍しているアユニDさんのソロプロジェクトPEDROについてお伝えしていきました。
ベースを弾く姿も様になっていて忙しい合間にこれだけできるとか頑張り屋さんなんですね。

どっちも頑張って欲しいですが、PEDROの活動も忙しくなったりしてBiSHから脱退なんてことにならないようにして欲しいです。

これからのアユニDさんのさらなる成長が楽しみですね♪




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です