水曜日のダウンタウン「モンスターアイドル」第3話のネタバレあらすじ スパイ活動の成果は!?




バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」の企画「モンスターアイドル」。

第1回では16名の候補生から半分の8名まで絞られ、
第2回ではカナが脱落し残りは7名となりました。

残る脱落者はあと3名。
クロちゃんがプロデュースするアイドルグループに生き残れるのは誰か!?

前回はアイカをクロちゃんのスパイにしていましたね。
第3話ではそのアイカのスパイ活動が行動に移される回となりました。

クロちゃんのお気に入りのナオやカエデの本心はどういったものなのでしょうか?
アイカはどのような行動に出るのでしょうか??

アイドルグループも作りたい、恋人も作りたい、
本気でそう考えているクロちゃん。

それでは「モンスターアイドル」第3話のネタバレあらすじをお伝えしていきます。

モンスターアイドル第3話ネタバレあらすじ 沖縄合宿2日目

沖縄合宿も二日目に突入。

朝食を食べながらクロちゃんの過去の恋愛話を聞く候補生たち。
今まで20人くらいと付き合ったという聞きたくもない情報を知ります。

クロちゃんは20代前半の頃アニメが大好きだったので「うる星やつら」のラムちゃんのポスターを部屋に張っていたそうです。

そのポスターに毎朝キスをしていたそう。
この話に候補生たちの食べる手は止まりドン引き。

ダンスに引き続き今回もBiSHのアイナ・ジ・エンドが講師としてボイストレーニングや体幹トレーニングなどが行われます。

その後夜遅くまでダンスレッスンをし、前回からどれくらい成長したかを把握。

ここまで見てみるとクロちゃんが関わっていること以外は普通の正統派オーディション番組のように感じますが、クロちゃんがいるだけでここまで違和感を覚えるのもすごいですね。

クロちゃんが考えてきた歌詞の一部とグループ名

クロちゃんはプロデューサーでもあり、「モンスターアイドル」の全権を握っています。

「みんなに見せたいものがあるからちょっと待っててください。」というと、
クロちゃんは考えてきた歌詞を候補生たちの前で発表します。

「ラビリンス」や「ルージュ」、「織姫と彦星」といった独特の世界観のあるクロちゃんの作詞に笑いを堪えている候補生たち。

けれども否定してしまったらクロちゃんから嫌われて脱落させられてしまうということを考えた候補生たちはクロちゃんの歌詞に「すごくいい歌詞」だと賛同します。

歌詞以外にも決めないといけないことがあります。
それはアイドルとして活動していくためのグループ名です。

「時とラビリンス」や「ミルキーボム」といった、
インスピレーションに任せた名前を言いますが却下されますw

まだグループ名は決まっていませんが、ぶっ飛んだ名前になりそうな予感!!

水族館にてスパイ活動開始

合宿2日目のアクティビティは美ら海水族館。

美ら海水族館ではしゃいでいるクロちゃんと候補生たち。
候補生たちは各々行動している中、ついにアイカのスパイ活動が開始されます。

カエデとアイカが2人きりになった時、クロちゃんについてどう思うかを聞くアイカ。

それに対しカエデは「テレビより印象いい。意外とクロちゃんいけるかも。なくはない」と言います。

今まで思わせぶりをしていたのは作戦ではなかったようですね。

一方クロちゃんとナオも2人きりに。

自分がクロちゃんにどう思われているのか?

「一番気になっている」と言われているのにも関わらず「順位がどうして6位だったのか」
という疑問をクロちゃんに直接聞くナオ。

「クロちゃんの一番はカエデちゃんなのかな、、、」
「クロちゃんの一番になりたい」

と今まで思っていることとヨイショを織り交ぜつつクロちゃんに打ち明けると
涙が溢れ出します。

「僕のことどう思ってるの?Like?Love?」
「僕はナオちゃんのことLoveだよ。アイドルとしても女の子としても」

というクロちゃんの問いに対しナオは、
「私も好きです」と告げる。

そしてクロちゃんは「好き同しじゃん」というと、
スタジオから悲鳴が聞こえましたww

完全にカップルの会話ですねw
クロちゃんの手のひらで踊らされているのか?それともナオの作戦なのか?

バーベキューにてナオの裏の顔が発覚

バーベキューの買い出しにナオとアイカを指名するクロちゃん。

これはもちろんアイカにスパイ行動させるためです。

アイカはナオにクロちゃんのことをどう思っているのかを確認します。

するとナオはクロちゃんのことを「最初は気持ち悪いな〜」と思ってて、
「実際プロデューサーさんじゃなかったら思ってるし今も思ってる。」にの加え、
「距離が近くて口が臭い」とボロクソに思っているのですww

そう!水族館での涙は嘘だったのだ!!
めちゃくちゃ演技うまいですよね!?

「アイドルになるためには仕方のないことなのかな、、、」と割り切っているということを、アイカがスパイとも知らずに話してしまうナオなのでした。

アイカのスパイ活動を報告

雨が降ってしまいバーベキューは中止となりました。

夕食をすませて、アイカを呼び出したクロちゃん。
スパイ活動の報告をさせるためでした。

今までのスパイ活動で得た情報をそのままクロちゃんに伝えるアイカ。

カエデの感想に喜んだのも束の間、相思相愛だと思っていたナオの気持ちを知ったクロちゃんは動揺を隠せない様子。

口が臭いことまで報告してしまうアイカに、自分の口が臭くないか問い詰めます。

 

最初は臭くないと言っていたアイカでしたが、
「もしかしたらスパイはアイカだけではないかも」というクロちゃんの発言に、
勘違いしたアイカは「少し臭いです」という発言ww

笑ってしまいましたww

モンスターアイドル第3話の脱落者は??

ナオの本当の気持ちを知ってしまったクロちゃんはナオを落としてしまうのでしょうか?
それとも、、、

気になる順位発表です。

1位:カエデ
2位:アイカ
3位:ハナエ
4位:ミユキ
5位:ヒナタ
6位:ナオ

今回の脱落者はミスズでした。

ミスズを脱落者に選んだ理由は、「彼氏がいる。メンバーとの距離感がある」といったものです。

確かにアイドルは恋愛禁止が多いし、メンバーとの関係もものすごく大事ですよね。
ちゃんと候補生たちのことを見ているんですね。

意外としっかりした意見ですが、
自分はめちゃくちゃ恋愛しようとしているのにどういうことだよっw

合格カードを渡すときもいちいちナオを一瞥していたり、
器の小ささがにじみ出ていましたw

その後ナオを呼び出したクロちゃん。

アイカにスパイ活動をさせてどう思っているのか知ったとは言わず、
「6位だった理由分かっているよね?」と聞きます。

「全部分かっている・嘘つきが一番嫌い」といい、
モンスターアイドル第3話は終了します。

モンスターアイドル第3話の感想

今回も安定のクロちゃんの黒いところが出ていましたね〜。

ナオのアイドルになりたい気持ちが強いことはものすごく伝わりましたが、
クロちゃんはナオのことを恋愛目線でしか考えていないのかな?とも思いました。

クロちゃんにこれだけ我慢しているのにナオがかわいそうと思う反面、
女の人って怖いな、、、って思う感情も。

クロちゃんのお気に入りのもう1人のカエデはまさかクロちゃんのことが『あり』という発言も世の中いろんな人がいるんだな〜とも思わせてくれましたねw

個人的にはアイカの天然っぷりがめっちゃ面白くて好きになり、
アイカ推しのかたも増えたのではないでしょうかw

水曜日のダウンタウン「モンスターアイドル」第3話のネタバレあらすじ スパイ活動の成果は!?まとめ

いかがだったでしょうか??

毎回1人づつ落とされていくメンバーですが、
今回の脱落者のミスズは確かに影が薄かったですね。

まぁでも早めにクロちゃんの呪縛から抜け出せてよかったです。

次第4話ではナオに対してどういう行動に出るのか?
候補生同士の関係はどうなっていくのか??

楽しみですね!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です