大人ニキビと思春期ニキビの見分け方はと原因と改善方法を調査!!

ニキビの違い


性別年齢関係なく肌の悩みの一つなのがニキビですよね〜
20歳を超えたらニキビではなく吹き出物と言われたりもしますが、この違いってなんなのか?

気になりますよね!
私自身もかなりニキビに悩まされていた時期があり、
毎日しっかり洗顔もケアもしているのに何故だかできてしまう、、、
そんな時ってかなり憂鬱になりますよね〜

大人ニキビと思春期ニキビの違いはなに?見分け方はどうしたらいいのか?
また年齢によってニキビのできる原因は違うのか?ということについて調べてみましたのでお伝えしていきます。

思春期ニキビと大人ニキビの原因の違いは??

ニキビ疑問

まずは一見同じようなニキビに見えてしまいますが思春期ニキビと大人ニキビができる原因の違いからみていきます。

思春期ニキビの原因とは??

生まれたての頃は皮脂量が多く、それ以降の小学生あたりくらいまでは皮脂の量が少なくなると言われています。

それから思春期と呼ばれる第二次成長期に入る13歳から18歳くらいまで(中学生から高校生の間)は男性も女性も成長ホルモンや男性ホルモンが活発になり皮脂の量が増加する傾向にあります。

男性ホルモンが皮脂腺と呼ばれるところから出る皮脂を活発にさせ、
それがうまく排出されずに残ってしまった皮脂が古くなった角質と混ざってしまい毛穴をつまらせることが原因で思春期ニキビの始まりを作ってしまいます。

この詰まってしまった毛穴にアクネ菌と呼ばれるニキビの原因菌が増殖してしまうことで、
炎症を起こしてしまい赤ニキビになってしまいます。

ほとんどの人がこの思春期ニキビを体験したことがあると思いますが、
第二次成長期が終わり皮脂の分泌量が正常に戻るとニキビが発生しにくくなります。

大人ニキビの原因とは??

大人ニキビの発生の原因も皮脂が詰まってしまったことが原因ではありますが、
他にもストレスや睡眠不足、暴飲暴食などのライフスタイルの乱れなどが原因でもあります。

ターンオーバー(肌が生まれ変わる)が乱れてしまったり、肌のバリア機能の低下によって乾燥してしまい角化異常でニキビができるということも考えられます。

皮脂の過剰分泌だけでなくこういう生活スタイルを送ることが大人ニキビの原因になるので、
思春期ニキビよりも繰り返しなってしまいやすいのが大人ニキビなんです。

思春期ニキビと大人ニキビの見分け方は場所で把握!!

思春期ニキビと大人ニキビとの原因の違いはなんとなく把握できたと思います。
ではそれぞれをどうやったら見分けることができるのか?

それはニキビのできる部位によって違うようです。

思春期ニキビができる場所

思春期ニキビ場所思春期ニキビ場所

思春期ニキビができるのは額と鼻のTゾーンと呼ばれる部位、こめかみや頬あたりの皮脂腺が多い部位にできやすい傾向にあります。

特にTゾーンという額と鼻あたりの部分は他の毛穴と比べて約7倍もあるそうで、
皮脂の分泌も活発になりよりニキビができやすくなります。

大人ニキビができる場所

大人ニキビ場所大人ニキビ場所

大人ニキビのできる場所は乾燥しやすい顎から口周りのUゾーンと言われる部位にできやすい傾向です。

大人ニキビの場合は皮脂の過剰分泌だけが原因ではなく、
ライフスタイルの乱れによってできる場合もありますので皮脂の少ない部分でもできやすいのです。

思春期ニキビと大人ニキビの改善方法は??

ニキビ改善

できてしまった思春期ニキビと大人ニキビの対策方法をお伝えしていきたいと思います。

思春期ニキビの改善方法

思春期ニキビは成長ホルモンや男性ホルモンが活発になる年齢の時にできやすくなります。

基本的には年齢を重ねてホルモンバランスが安定してくるとなくなってくる傾向ですので、
ニキビを潰しまくったりしなければ基本的には自然治癒で治ります。

ニキビの種類は様々あるのでこちらの記事を参考にしてください。

プロアクティブで大人ニキビは治せる??ニキビの種類によって違う??

ただし洗顔などのスキンケアをしなければ悪化してしまったりして炎症を起こしてしまったりするので清潔に保つことを心がけましょう。

またオデコや鼻あたりの顔の目立つ場所にできがち。

髪の毛で隠したくなる気持ちもわかりますが、
髪の毛がニキビを刺激してしまう可能性もあるのでできるだけ髪の毛をあげたり分けたりしてあげるといいと思います。

私は思春期の時にこれで何回もニキビができてしまっては気になってしまいの繰り返しで負のスパイラルに陥っていまいました。

大人ニキビの改善方法

大人ニキビの場合も基本的にはスキンケアをしっかりとすることが前提となります。

洗顔をするときは優しくしてあげることを心がけ、保湿をしてあげることが大事です。

ゴシゴシと擦るように洗った方がスッキリするという気持ちはわかりますが、
これをしてしまうと皮膚を傷つけてしまいまたそこから悪化していく可能性もありますのでNGです。

ニキビができたことが気になるかもしれませんが、
汚れた手で触ったり雑菌がついた手で触ることで刺激を与えることになり炎症がひどくなることがありますのでしない方がいいです。

洗顔やクレンジングは当たり前のようにしなければいけませんが、
化粧水や保湿クリームを塗る際も手を清潔に保った状態でする必要があります。

また大人ニキビの場合は生活習慣の乱れも原因になってきます。
規則正しい生活をしてストレスをためないようにリフレッシュをすることも大事になってきます。

ニキビが治らないときは??

それでもどうしてもニキビが治らない、、、
そんなときは皮膚科に相談してみるのが一番です。

ただニキビで病院にいくのが恥ずかしい、、、
そんな気持ちもわかります。

プロアクティブのセットを個人的に使っています。
最初はニキビが逆に増えたという現象もおきましたが3ヶ月も使っていると、
以前よりもニキビができなくなって肌のキメも細かくなったと言われるようになりました。

ニキビ跡までは直すことができませんが、
自分にあうスキンケア商品を使用することでわざわざ病院に行かなくても治ることがあります。

逆に病院に行ってもスキンケアを疎かにしてしまったり、生活習慣が乱れまくっていると薬を塗って一時的に治ったとしてもまた繰り返しできてしまいます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

聞いてみると当たり前のようにも思いますが、
意外とこれができていなかったりするんですよね〜

繰り返しできてしまうニキビがかなり嫌で原因を調べてみて、
その改善をするために取り組んでいく。

自分にあったスキンケア商品を探してみるなどから初めてみてもいいと思います。
ニキビを無くしてストレスフリーの生活を手に入れましょう〜♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です