捨ててよ、安達さん ネタバレ第5話あらすじと感想を紹介!!本当の安達祐実の性格はどうなのか??

捨ててよ安達さん

安達祐実さんが自分の役として10年ぶりの連続ドラマの主演に抜擢されたドラマ『捨ててよ、安達さん』

私物を捨てていくという雑誌の企画で捨てるものを選んでいくのですが、
夢に毎回捨てるものが擬人化して登場するという一風変わったドラマ。

ほんわかする雰囲気と安達祐実さんのナチュラルな演技に中毒者が続出中です。

第4話では周りとの付き合い方を考えさせられるようなお話でした。

捨ててよ安達さん

捨ててよ、安達さん ネタバレ第4話 感想、あらすじ ちょっぴり切ないけどあるあるな話

第5話も幼い時から芸能人として活動していた安達祐実さんは八方美人になってしまいがち。
人付き合いについて考えさせられるような回になりそうです。

\テレビ東京 ドラマ25が見放題/

✅無料期間中の解約で0円 

捨ててよ、安達さん 第6話のゲスト

ドラマ『捨ててよ、安達さん』第6話のゲストは梶原ひかりさんです。

https://www.instagram.com/p/B_8yOO9nFc_/?utm_source=ig_web_copy_link

安達祐実さんと同じく子役の時から芸能界にいる梶原ひかりさんは安達祐実さんの本心を見せない態度についつい威圧的になってします。

そして安達さんの夢の中にも本人役として登場します。

梶原ひかり プロフィール
名前:梶原ひかり
生年月日:1992年12月21日(27歳)
出身地:東京都
身長:158 cm
血液型:A型
職業:女優

2004年、『仮面ライダー剣』に栗原天音役でレギュラー出演し、
その15年後、『仮面ライダージオウ』にも同役で出演したことで成長した姿をみせ当時話題になりました。

女王の教室、まれ、相棒や科捜研の女、警視庁捜査一課9係など人気作である数々のドラマや映画に出演している女優です。

捨ててよ、安達さん 第5話のネタバレあらすじ

あらすじ

女性向けのライフスタイル雑誌の編集者から“毎号私物を一つ整理してほしい”という企画の依頼を受けた安達さん(安達祐実)。
自身が出演するドラマ撮影の合間に、共演中の女優・梶原ひかり(梶原ひかり)からある相談を持ちかけられる。しかし、安達さんは梶原の威圧的な態度に圧倒されてしまう。さらに、西村マネージャー(西村晋弥)に言われた一言が気になってしまい…。
その夜、夢の中に現れたのは、なんと梶原ひかりだった!

引用:捨ててよ、安達さん 公式サイトより

これより先はネタバレを含むあらすじになりますので、
ドラマをまだ視聴していない人、ネタバレが嫌な人はご注意ください。

\テレビ東京 ドラマ25が見放題/

✅無料期間中の解約で0円 

スポンサーリンク

捨ててよ、安達さん 第5話のネタバレあらすじ

撮影が終了し梶原ひかりとのやりとりを見ていた西村マネージャー。

安達さんの周りに気を使う様子を見て心配しているようで「梶原に好かれようとせず、そろそろ自分を優先してもいいのでは?」と労いの言葉をかけられますが、逆に安達さんはそのことが気になってしまいます。

家に帰り冷蔵庫に貼ってある捨てるものリストの中に「誰からも好かれたがる気持ち」と書き込みます。

釈然としない気持ちを抱えながら安達さんは眠りにつきます。

夢の中にはいつもの謎の少女・凛子がいて、今までは怪訝そうな感じで扱っていたのにも関わらず今回は凛子に言いたいことがあるのか機嫌が良さそうにもてなします。

ドラマの台本を見て凛子は「この子の話?気が強そうな顔してるよね。嫌いなの?」とストレートに安達さんに問いかけます。

凛子の問いに安達さんは慌てて否定をしますが、凛子からは見抜かれています。
安達さんは梶原ひかりの方が自分を嫌っているのではないか?と考えているようです。

安達さんが人に嫌われるのは珍しいことだと凛子は言い、
「おはようございます」となんども繰り返しながらまさかの共演中の梶原ひかりが舞台衣装で夢の中に登場。

夢の中でも威圧的な梶原ひかりにたじろいでいる安達さんですが、
凛子に手招きをされ梶原ひかりが座るソファーへ向かいます。

梶原ひかりは安達さんに対し「その場の空気を悪くしないように、ただやり過ごしている安達さんに腹が立ちます」「嫌いではなく、尊敬ができない」などとズバズバと自分が思っていることを伝えます。

安達さんはこの言葉に対しても「ドラマはみんなで作るもので俳優の雰囲気は現場の雰囲気とも関係があると当たり障りない言葉でやり過ごそうとしますが、
梶原ひかりはさらに強い言葉で「安達さんは無難なことしか言わないので何を考えているのかわからない」と言われ凛子もこの言葉に同調します。

梶原ひかりは安達さんに自分のことをどう思っているのか?と聞きますが、
またもや「すごくストイックだし、後輩なのに尊敬できる」と当たり障りない返事。

しかしそれでも噛み付いてくる梶原ひかりについに安達さんの堪忍袋の尾が切れます。

「周りの人に気を使って何がいけないの?あんた芝居しているときに周りが見えてなさすぎてるからね!!みんなあんたの芝居みて考えてグルーブかましてんの!私は考えて技術でやってる!わかったか、この頭でっかちが!」と部屋中に響き渡る大声で怒鳴り散らします。

梶原ひかりはこの安達さんの言葉に呆気にとられ、いつの間にか舞台衣装から普段着に変わっていました。

安達さんの本心を聞いた梶原ひかりはそんなに考えて行動していたことに感動します。

安達さんは梶原に嫌われるのが怖いという気持ちを捨てたかったということを語り出しますが、
梶原ひかりは誰からも好かれたいと思う気持ちが安達さんを優しく強くしたのだと励まし合いに。

2人の本心がわかりあいこれから切磋琢磨していくことを誓い合ったところで夢が覚めます。

バイバイリストに書いた『誰からも好かれたがる気持ち』を取り消し捨てることをやめました。

撮影現場に清々しい気持ちで向かった安達さんは、
夢の中に登場した梶原ひかりに向かって「嫌われないように頑張るね。でも少しくらいなら嫌われてもいい。とにかくいいものを作ろうね。」と手を握り声をかけました。

夢に出てきたことなどは知らない梶原ひかりは戸惑いつつも嬉しそうに、
また安達さんも気合が入った状態で撮影が始まるのでした。

スポンサーリンク

捨ててよ、安達さん 第5話を見た感想

ものすごく生々しい感じがした第5話でしたね。
安達祐実さんの生き様がとても素敵だと思いました!

今まではものでしたが、今回はまさかメンタル面だったとは、、、

確かに誰からも好かれることはとても素晴らしいことだとは思いますが、
自分を殺してまで人に好かれるというのは違うのかもしれません。

誰だって人に嫌われたくないですし、好きになってもらった方いいと思う人が多く、
なかなかこういうことってわかってはいるけどできないですよね。

普通の人でも周りの目が気になったりしてご機嫌とりをしたりするのに、
特に小さい頃から大人の中にいて一緒に仕事をしている安達祐実さんならなおのことだと思います。

誰からも好かれたがる気持ちというのは誰しもが本能的にあるのかもしれませんが、
それもまた自分自身。

自分の中にある我慢している部分も捨てずに大事にすることがこれまでの自分を肯定することで気が楽になるのかもしれません。

自分を見直すきっかけになりました。
いや〜深いですね!!

ここからドラマがどう展開していくのかも見ものですね!!

捨ててよ、安達さん 第5話のツイッター上の反応は??

https://twitter.com/a114106/status/1261337519624355840?s=20

かなり評価が高く映画化を望む声があるくらいですが、
そこまで注目を浴びていないのが不思議なくらいです。

これくらいまったりとしていながら色々と考えさせられるドラマもなかなかないのではないでしょうか。

次週も楽しみですね♪

捨ててよ、安達さん ネタバレ第5話あらすじと感想を紹介!!本当の安達祐実の性格はどうなのか??まとめ

いかがだったでしょうか。

ドラマ25『捨ててよ、安達さん』の第5話のネタバレあらすじと感想とツイッター上の反応などについてお伝えしていきました。

2020年の春ドラマが延期になっている中こういった癒し系のドラマは本当に心が和みます。

第1話から今までの放送を視聴したい人は『『捨ててよ、安達さん』フル動画を無料で視聴するには??1話から最新話までを一気に見る方法!!』を参考にしてください。

\テレビ東京 ドラマ25が見放題/

✅無料期間中の解約で0円 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です