BG身辺警護人2020 第2話のネタバレ含むあらすじと感想を紹介!!川栄李奈が全盲のピアニストの名演技!!

bg身辺警護人第2話 




2020年6月25日に放送されたドラマ「BG 身辺警護人2020」の第2話

木村拓哉さんと斎藤工さんのW主演で2018年に放送された第1シーズンの待望の続編となります。

大手警護会社のKICKSから独立してフリーのボディーガードになった島崎章(木村拓哉)

第1話のネタバレ解説はこちらの記事をどうぞ

BG 身辺警護人2020 第1話のネタバレあらすじと感想!!ついに第2弾の放送が開始!!ロケ地なども紹介!!

今回はドラマ「BG身辺警護人2020」の第2話のネタバレを含むあらすじと感想などについてお伝えしていきたいと思います。

\BG第2シーズンを見るにはU-NEXT!!/

BG身辺警護人2020 第2話のゲストとキャスト

BG 身辺警護人2020 出演キャスト
  • 島崎章:木村拓哉
  • 高梨雅也:斎藤工
  • 高梨雅也:菜々緒
  • 沢口正太郎:間宮祥太朗
  • 中島小次郎:道枝駿佑 (なにわ男子/関西ジャニーズJr.)
  • 島崎俊:田中奏生
  • 笠松多佳子:市川実日子
  • 小俣健三:勝村政信
  • 劉光明:仲村トオル

第2話のゲストは全盲のピアニストの守尾恵麻を演じる川栄李奈さんです。

 

川栄李奈 プロフィール

生年月日:1995年2月12日(25歳)
出身地:神奈川県
身長:152 cm
血液型:O型
職業:女優

元AKB48のメンバーとして活躍していた川栄李奈さん。
卒業後はCMやドラマなどの女優業をメインに活動しています。

自殺願望がある全盲のピアニストの守尾恵麻に隠された秘密とはなんなのでしょうか?
気になりますね〜!!それでは第2話のあらすじをみていきましょう!!

BG身辺警護人2020 第2話のあらすじ

第2話のあらすじ

私設ボディーガードになった島崎章(木村拓哉)の後を追うように、高梨雅也(斎藤工)が「KICKSガード」を辞めた! 島崎が立ち上げた個人事務所「島崎警備」に入ることに決めた、と一方的に告げてきた高梨に対し、章は一時の感情で動かないよう諭すが、高梨の決意は固く…。

 その矢先、「KICKSガード」に所属する沢口正太郎(間宮祥太朗)が章のもとに、“目の不自由な天才ピアニスト”として脚光を浴びる守尾恵麻(川栄李奈)の身辺警護という大仕事を持ち込んでくる! なんでも、恵麻の警護は最初「KICKSガード」が請け負っており、沢口と菅沼まゆ(菜々緒)が担当していたのだが、突如降りることが決定。だが、後任の警備会社が見つからないのだという。経緯を聞いていぶかしがる章。しかし、その理由はまもなく、警護を依頼した所属事務所の代表取締役で、恵麻の実姉でもある守尾美和(谷村美月)の話から明らかになる。なんと恵麻は、悲願の夢だった国際コンクールへの出場権をつかみ、さぁこれから…という時になって、ことあるごとに自殺行為に走るようになったというのだ!

 “クライアント自身が敵”という前代未聞の案件――。だが、章は「敵から護ることには変わりない」と、毅然とした態度で警護を引き受けることに。一瞬はためらった高梨も章に共鳴し、共に警護に乗り出す。だが肝心の恵麻は、章たちに心を開こうとせず…!?

 やがて、恵麻が何者かに命を狙われる事件が発生! しかも、章が恵麻を“誘拐”…!? 事態は次から次へと思わぬ方向へと転び…。

引用:BG身辺警護人2020 公式サイトより

第2話のネタバレあらすじ

島崎章の隠れ家に突如やってきたのは高梨(斎藤工)から場所を聞いた元後輩の沢口(間宮祥太朗)でした。

沢口が仕事を持ってきたのは全盲のピアニストの警護。
大手警護会社KICKSの警護を断られ島崎に仕事を持ってきたのです。

守尾恵麻(川栄李奈)の姉・守尾美和(谷村美月)のピアノコンクールがあるポーランドからの警護でした。

しかしその警護するはずの恵麻が敵だったのです。

現実的な思考の高梨とそれでも依頼を請け負うという章。
ぶつかりながらも依頼主の元へ行くと恵麻に心を見抜かれてしまいます。

KICKS社長・劉の考えを聞いた菅沼(菜々緒)と沢口は腑に落ちない様子。

恵麻が5歳の時に事故で両親を亡くし、視力を失ってしまいました。
大学へやってきた恵麻とボディーガードの依頼を受けた章と高梨。

ピアノの才能に嫉妬した生徒たちから嫌がらせを受けていた恵麻。
夜にはイベントがあるのにもかからわず気晴らしに渋谷へいきたいという恵麻に振り回されます。

菅沼から高梨に電話があり恵麻が自暴自棄になった原因は姉妹関係だと言います。
恵麻自身もその関係を認めており、姉を信頼していなかったのです。

社長であり姉が自分自身を仕事の道具にしていること、全盲はハンデではない、との不満をぶちまけます。

帰り際何者かに狙われる恵麻。
その正体は恵麻の元先生のさくらい先生だったのです!!

姉とさくらい先生が結婚できなかった理由は自分だという恵麻。
自分のせいで周りが変わっていってしまうことに耐えられなかったのです。

章が恵麻を連れていった先は教会でした。
なぜここへ連れてきたのかというと恵麻が初めてピアノを弾いた場所だったからです。

誘拐のようになってしまった章のとった行動は驚きのもので、
お姉さんが社長を退くことを要求します。

恵麻と姉はお互いに本音をぶつけ合い、
ピアノを通してお互いの心を寄り添い昔の頃を思い出します。

そしてポーランドのコンクールへ向かうことになったのです。
最後に恵麻は「私の夢を守ってくれてありがとう」と伝えたかったのだと姉は言いました。

ラストは菅沼が劉に経営に引き抜かれようとして口説こうとし、
女医の笠松(市川実日子)からのかなり危ない依頼を受けた章でした。

BG身辺警護人2020 第2話を見た感想

第2話もスピーディーな展開と考えられた流れで目が離せませんでした。

全盲のピアニストを演じた川栄李奈さんの演技はすごかったですね!
目が見えないことをハンデと思われるのが嫌だと思いながらも誰かにかまってほしいという心境が伺えました。

もしも自分が全盲だったら悲観的になってしまうかもしれませんし
才能があるが故に周りを巻き込んでしまうことに耐えられませんね。

連弾も素敵でした!!

病院の先生の市川実日子さんの演技も味があっていいですよね。
ドラマに深みを出しています。

KICKSの内部でもヒビが入っていき日の出警備のメンツが揃う日が来るのかもしれませんね。
何か裏がありそうな社長の目的も気になります。

木村拓哉さんのスタントもすごかったですし、お姫様抱っこも素敵でした!!
章と高梨のタッグがお似合いで第3話の放送も楽しみです!!

BG身辺警護人2020 第2話のロケ地

ステーキを食べたいという恵麻に振り回されながらやってきたカフェは、
日本橋にある『THE AIR BUILDING CAFE』という場所です。

ラストに登場した菅沼と劉が話していたバーの場所は墨田区にあるRYUDUKI TEPPANです。

章が恵麻を守って落ちた階段は女坂という場所です。
この坂は東京の観光名所の一つでもあります。

他にもたくさんのロケ地がありますがわかり次第まとめていきたいと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

BG身辺警護人2020の第2話のネタバレあらすじや感想についてお伝えしていきました。
まだ序盤なのにかなりハマってしまっています。

KICKSと島崎との関係はどうなるのか?菅沼は劉の元へいってしまうのか?
きになるポイントがたくさんですね!!

ドラマを見逃してしまった、、また見たい!という人は「『BG 身辺警護人2020』フル動画で1話から最終回までを無料で視聴する方法はある??見逃し配信ができる動画配信サービスは?」を参考にしてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です