捨ててよ、安達さん 最終回のネタバレあらすじ紹介!!少女の正体がまさかの〇〇!?

捨ててよ安達さん




安達祐実さんが最初で最後の自分自身を演じるドラマ「捨ててよ、安達さん」

連続ドラマでの主演は役10年ぶりということもあって、
安達祐実さんの気合の入ったドラマです。

どうしても子供の頃のイメージがあったのですが、
大人の綺麗な女性として安達祐実さんを魅せてくれます。

今回はそんなドラマ「捨ててよ、安達さん」の最終回のネタバレを含むあらすじと感想、ネット上での反応、全話フル動画を無料で視聴する方法についてお伝えしていきます!!

\テレビ東京 ドラマ25が見放題/

✅無料期間中の解約で0円 

捨ててよ、安達さん 出演者とこれまでのゲスト

まずは「捨ててよ安達さん」にこれまで出演してきたゲストやメインキャストについて軽く触れていきたいと思います。

メインキャストはもちろん安達祐実さん。
そして物語の鍵となる夢の中に毎回登場する少女・凛子(川上凛子)
現実世界で安達さんのマネージメントをする西村晋也(シュノーケル)

夢の中では毎回ゲストが登場してきます。
これまでのゲストです。

  • 第1話ゲスト:貫地谷しほり
  • 第2話ゲスト:臼田あさ美、戸塚純貴
  • 第3話ゲスト:加藤諒
  • 第4話ゲスト:片桐はいり
  • 第5話ゲスト:梶原ひかり
  • 第6話ゲスト:渡辺大知
  • 第7話ゲスト:徳永えり、松本まりか
  • 第8話ゲスト:早織
  • 第9話ゲスト:北村匠海
  • 第10話ゲスト:シソンヌじろう
  • 第11話ゲスト:YOU

毎回豪華なゲストでしたね!

キャストについて詳しくはこちらの記事をどうぞ!!

捨ててよ安達さん

『捨ててよ、安達さん』キャスト紹介!!原作はある?ドラマができるきっかけになったのは意外なことだった!

最終回はゲストの登場はなく物語の鍵である夢の中に登場する謎の少女の正体が判明!
涙なしには見られないかもしれません!!

捨ててよ、安達さん 最終回のネタバレあらすじ

公式あらすじ

女性向けのライフスタイル雑誌の編集者から“毎号私物を一つ整理してほしい”という企画の依頼を受けた安達さん(安達祐実)。
自身についてのインタビューから始まる最終回。
娘、夫、母親、自分。それぞれに思いを巡らす中、ある日の母親との電話を思い出す。そして、ずっと捨てられないでいるゴミ箱の中身と向き合うことにする。安達さんが捨てられないモノとは…そして夢に度々現れた謎の少女(川上凛子)の正体とは…?

引用:捨ててよ、安達さん 公式サイトより

ネタバレを含むあらすじ

インタビューを受ける安達さん。

「家族に関係のあるものを捨てていくというのは、安達さんにとって特別なものなのでは?」

自分には様々な役割がある。親にとっての自分、子供たちの親である自分、旦那の妻の自分、俳優である自分。

これらのバランスが安達さんの中ではとても重要なことでした。

帰宅し約3ヶ月前に母親との電話でのやりとりを思い出す。
子供のお迎えを頼んだ安達さんでしたが、親からすると都合がいい時だけ頼んでくると文句を言われ、その言葉に安達さんはプッツン。

「私ってお母さんのものなの?ごめん無理」と電話を切ると涙する安達さん。

そしていつもの夢の中へ

なぜかいつもの部屋ではなくグラウンド上でいつもの謎の少女・凛子と弁当箱に入った紅生姜を食べています。

それは安達さんのお母さんが安達さんを妊娠した時に紅生姜ばかりを食べていたからです。安達さんはこれから待ち受けているかもしれない現実を少女に告げられますが、母親に会うためだったら靴磨きでもするという。

この言葉に少女凛子は「合格です。いってらっしゃい」と答えます。
そして「あんたは誰のもの?お母さんのものでも他の誰のものでもないことを忘れないで」と言い聞かせます。

目が覚めた安達さんは思い詰めた様子でゴミ箱の中にへその緒を捨てますが、
すぐに拾い出し泣きじゃくるのです。

「自分は母親のものじゃないのに、娘はあなたのものなんだ…しんどいね、そりゃそうだよ、だって…産んだんだもん…命…産んだんだもん、執着するでしょ、そりゃあ…一生懸命大人になって一生懸命産んで親になって誰でも執着するでしょそりゃあ、あなたも…あなたのお母さんも…」

そばにいた安達さんの娘・美羽も「私はお母さんのものじゃないよ」と答えます。

少女・凛子は「安達さんはお母さんの物じゃないのに娘は自分のものなんだ」と矛盾を指摘します。

安達さんはお母さんと自分は違うと思っていたのに実際には同じことをしていたのです。

安達さんは図星を突かれ怒ってしまい棚からへその緒を取り出します。
すると少女は「私のことまた捨てるの?見えないところに追いやって。捨てないで、安達さん」と涙ながらに叫びます。

少女・凛子の言葉に我に帰った安達さんは「捨てないよ」と抱きしめたところで目が覚めます。

雑誌の企画も最終段階に差し掛かり、安達さんは「私やっぱり捨てたくないや」と。
「パジャマも捨てないし、へその緒も捨てない。西村マネージャーのことも捨てない」と笑いながら伝えます。

なくなってしまってからでは遅い、これからは大事なものは捨てていかないと決心し、
これまでに捨てるものを書いていたバイバイリストをゴミ箱に捨てるのでした。

捨ててよ、安達さん 最終回をみた感想

捨ててよ、安達さんがついに最終回を終えてしまいましたね。
少女の正体が当初お母さんだと思っていましたが、実はへその緒だったのですね。

人は誰しもが自分のことを大事に思ってしまいますが、それ以上に人は誰のものでもありません。

母親から言われた酷い言葉が安達さんの中にトラウマとして残っているものの、
お母さんはいつも正しかったという気持ちもあった。

自分が母親になることで当時のお母さんの気持ちも理解できるようになり、
ものを捨てていくという単純な話しながらとても深い話に涙してしまいました。

安達祐実さんの実体験かの如くのストーリーと演技力には驚かされたドラマでした。
最終回を見終わった後にまた1話からみるとまた別視点でみることができそうです。

捨ててよ、安達さん 最終回のネット上の反応は??

https://twitter.com/toru_itoh/status/1279681679972499456?s=20

https://twitter.com/MIRUDAKENANOYOH/status/1279639078464454656?s=20

 

捨ててよ、安達さんの動画を全話一気視聴!!

「捨ててよ、安達さん」の動画が配信されているのは、

  • ひかりTV
  • Paravi

この2つにて配信されています。

この中でもParaviの方が簡単に登録できるし無料お試し期間があるのでおすすめです。

Paraviの無料お試し期間であれば何回でも動画を無料で視聴し放題だし、
もちろん無料お試し期間内に解約をすることで違約金や解約金などの料金が発生することなく楽しむことができます。

Paraviの登録方法の詳しくは「Paraviの登録方法と解約方法は超簡単!!画像付きで解説!」を参考にしてください!!

\テレビ東京 ドラマ25が見放題/

✅無料期間中の解約で0円 

まとめ

いかがだったでしょうか。

捨ててよ、安達さんの最終回のネタバレを含むあらすじと感想、ネット上での反応、全話フル動画を一気に視聴する方法についてお伝えしていきました。

ついに最終回を迎えてしまいましたね!
コロナの影響に負けず12話も放送されたドラマとしてかなり楽しませていただきました。

終わってしまい寂しいですが、またドラマを観てみたいと思う人はぜひ動画配信サービスの無料お試し期間を利用して何回も見ちゃいましょう!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です