私たちはどうかしている 第4話のネタバレあらすじと感想!高杉真宙が恋仲を裂く!?観月ありさの今回の嫌がらせは失敗!?

私たちはどうかしている4話ネタバレ

今や若者を中心に人気急上昇中の横浜流星さんと浜辺美波さんを主演に迎えたドラマ「私たちはどうかしている」

和菓子の美しい世界観と浜辺美波さんと横浜流星さんの美しさ、
そしてドロドロと愛憎渦巻く恋愛や観月ありささんの怪演とのギャップで中毒性があるドラマです。

前回の第3話では横浜流星さん演じる椿と浜辺美波さん演じる七桜が力を合わせてお互いに難関を乗り切ったりお互いに惹かれあっているというお話でした。

私たちはどうかしている3話ネタバレ

私たちはどうかしている 第3話のネタバレあらすじと感想!横浜流星と浜辺美波に胸キュン必死!!まさかの裏切り者があの人!?

今回は第4話のネタバレを含む感想とあらすじと評判についてお伝えしていきたいと思います!!

\14日間無料体験実施中/

無料期間中の解約で料金は一切かかりません

私たちはどうかしている 相関図とキャスト

私たちはどうかしてる相関図

出演キャスト

花岡七桜 : 浜辺美波(幼少期:宮崎歩夢)
高月椿: 横浜流星(幼少期:森島律斗)
城島祐介:高杉真宙
長谷川栞: 岸井ゆきの
山口耕一:和田聰宏
富岡勝: 岡部たかし
安部大吾:前原滉
杉田綾人:草野大成
多喜川薫:山崎育三郎
宮部夕子:須藤理彩
大倉百合子:中村ゆり
高月樹:鈴木伸之
高月宗寿郎:佐野史郎
高月今日子: 観月ありさ

私たちはどうかしている 第4話あらすじ

第4話あらすじ

椿つばき(横浜流星)のまっすぐな愛の告白と率直な問いに、七桜なお(浜辺美波)はどう答えるのか?そして、椿の反応は…!?一向に出て行こうとしない七桜に苛立ちを募らせる今日子きょうこ(観月ありさ)は、七桜に大事な得意客にお茶を出すよう命じる。しかしそれは座敷で七桜の作法を試す嫌がらせだった!住む世界が違うと蔑まれ、落ち込む七桜。

そんな中、城島じょうじま(高杉真宙)と和スイーツカフェに出かけた七桜は、純粋に御菓子の話で盛り上がれる城島に癒しを感じる。実家の和菓子店の名物・わらび餅があるので食べに来るよう誘われた七桜はその夜、離れの従業員の部屋へ。そこはかつて七桜が母・百合子ゆりこ(中村ゆり)と共に住んでいた部屋だった。懐かしさを感じる七桜だが、城島は七桜に急接近!そこに椿が現れて……!?

翌日、七桜は城島が店を辞めることを聞く。城島をクビにしないよう頼む七桜だが、椿は再び冷たい態度に戻ってしまう。二人の仲に亀裂が入ったことに満足げな今日子は、城島にまた金を渡し…。

一方、椿は多喜川たきがわ(山崎育三郎)の紹介で、投票で1位になれば全国で和菓子が売り出されるというデパートの七夕催事への出店を依頼される。以前同じような催しで注目を浴びた椿だが、その時多喜川は能登の小さな店『しまや』を推薦していたと話す。その店の名前を聞き、ピンとくる椿。実は、『しまや』は城島の実家で、その催しをきっかけに、城島は椿を恨んでいた…。

そんな中、七桜は城島が借金取りに追われていることを知る。病気の父のために借金をしており、父のわらび餅を作れない自分は店を開けられないと話す城島。なんとか実家の店を再開して欲しい七桜は、城島が何か隠していると気付きながらも、意外な行動に出る…!城島が今日子とつながり、ハニートラップを仕掛ける原因となった椿への恨みとは?そして今日子と多喜川にもなにか因縁が…。さらに、椿を想い続けているしおり(岸井ゆきの)は、新たな見合いの席で七桜が『人殺しの娘』だと聞き…!?

引用:私たちはどうかしている 公式サイト

スポンサーリンク

第4話ネタバレ部分

七桜は城島の実家のわらび餅との違いを知るために作ることに。
2人がわらび餅を作っている姿を見た椿。

これ以上城島に振り回されたくないということで椿は城島の母が入院している病院へ向かうことに。
そこで以前にもあったデパートの催事にて城島家が作ったわらび餅が何者かに潰されていたことを知る。その過労で城島の父は倒れてしまいそのまま帰らぬ人に。

城島のために、自分のエゴとわかっていながらも七桜はわらび餅を作り続ける。
そして限りなく城島の父にしか作れないわらび餅に近づいた。

城島の母から誰かが借金の返済をされていたことを知る城島。
しかし椿からの金は受け取らないという。
七桜を傷つけたくないため城島の和菓子店がすでに潰れてしまっていることを言えないでいることを告げるがそのことを聞いてしまった七桜。

七夕催事にはわらび餅を出すことになった。
七桜は城島の父親が営んでいたわらび餅と同じ物をついに完成させた。
城島は女将からわらび餅を潰すように言われるが自分の大事にしているわらび餅を潰すことができなかったが女将の手によって結果的に潰されてしまった。

催事に間に合わないということで片付けている七桜のもとに城島がやってきた。
わらび餅は実は星型の最中の中に入れてあったのだ。
それは椿が店に潜む毒を持った蝶。つまり女将がいることを示唆していたのだった。
2年前の催事にてわらび餅をダメにしたのは女将の仕業だったということも判明。

見事売り上げナンバー1になったわらび餅に対し椿は「しまや」という名前をつけた。
城島も心を入れ替えわらび餅を自分のものにするということで心を入れ替えていた。

結婚式の準備に向けて花嫁衣装を選んでいた七桜は急に体調が悪くなってしまい妊娠しているかもということを知る。

一方椿に結婚式当日に破談にされてしまった栞は縁談の相手から七桜の母親が人殺しだという噂を聞いた。

結婚式に呼ぶことになった七桜の偽りの母親としてゆうこの居酒屋へやってきた女将だった。

スポンサーリンク

私たちはどうかしている 第4話を視聴した感想

私たちはどうかしているの第4話を視聴しました。

冒頭からいきなりの横浜流星さんと浜辺美波さんのラブシーンが美しすぎましたね。
家族で見ていた人は気まずかったかもしれませんw

しかも一回しかそういうシーンがなかったのに妊娠してしまったかもしれないということとは、、、
2人の子供だったら神々しいくらいの美しすぎる子供になりそうですね!!

椿が七桜に対し言葉を交わさなくても信頼している姿が素敵ですね。
本当は結ばれてはいけないと思っていてもお互いに少しづつ惹かれあっている。

ストーリーはドロドロなはずなのに横浜流星さんと浜辺美波さんの美しすぎる純愛?に魅了されます。

城島の悲しい過去も明らかになりましたが、
前回の流れからは少し早かったような気がします。

女将の嫌がらせにも慣れてきた椿は流石の対策をして今回は女将の策は失敗したのでスッキリしました。しかしこのまま引き下がるはずもない、、、

怒涛のラストで次回は新たな新事実が発覚するようなので楽しみです!!

私たちはどうかしている 第4話の評判

まとめ

いかがだったでしょうか。

ドラマ「私たちはどうかしている」第4話のネタバレを含むあらすじと感想、評判についてお伝えしていきました。

第4話を見逃してしまったという人はTVerにてドラマ放送終了後から1週間無料で配信されています。

日テレ系のドラマが配信されている動画配信サービスHuluでも配信されています。
2週間の無料お試し期間を利用することで無料でこれまでのお話を使用することも可能です!!

\14日間無料体験実施中/

無料期間中の解約で料金は一切かかりません

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です