私たちはどうかしている 第5話のネタバレあらすじと感想!今回も観月ありさが大暴走で憎たらしい!七桜と椿の衝撃的事実が発覚!!

私たちはどうかしている第5話ネタバレあらすじ

今をときめく若者に人気急上昇中の俳優・横浜流星さんと女優・浜辺美波さんのW主演で放送されているドラマ「私たちはどうかしている」

和菓子の世界で繰り広げられるドロドロとしたラブサスペンスとなっています。

前回の第4話では高杉真宙さん演じる城島が観月ありささん演じる女将・今日子に操られてドロドロ展開に持っていってくれましたね。

私たちはどうかしている4話ネタバレ

私たちはどうかしている 第4話のネタバレあらすじと感想!高杉真宙が恋仲を裂く!?観月ありさの今回の嫌がらせは失敗!?

今回は第5話のネタバレあらすじと感想、Twitterの反応などについてお伝えしていきたいと思います!!

\14日間無料体験実施中/

無料期間中の解約で料金は一切かかりません

私たちはどうかしている 相関図とキャスト

私たちはどうかしてる相関図

出演キャスト

花岡七桜 : 浜辺美波(幼少期:宮崎歩夢)
高月椿: 横浜流星(幼少期:森島律斗)
城島祐介:高杉真宙
長谷川栞: 岸井ゆきの
山口耕一:和田聰宏
富岡勝: 岡部たかし
安部大吾:前原滉
杉田綾人:草野大成
多喜川薫:山崎育三郎
宮部夕子:須藤理彩
大倉百合子:中村ゆり
高月樹:鈴木伸之
高月宗寿郎:佐野史郎
高月今日子: 観月ありさ

キャストについてより詳しくは「私たちはどうかしている キャストを詳しく紹介!!横浜流星と浜辺美波の他は?原作は漫画!」をご覧ください。

私たちはどうかしている 第5話あらすじ

第5話あらすじ

七桜なお(浜辺美波)の母を演じていた夕子ゆうこ(須藤理彩)の小料理屋に突然現れた今日子きょうこ(観月ありさ)。卑劣な圧力をかける今日子の異常さを前に、夕子は七桜と関わることから手を引こうと決めるが…。

一方、妊娠しているかもしれない七桜は、椿つばき(横浜流星)への想いと正体を隠している後ろめたさの間で揺れていた。そんな中、結婚式の招待状を送るため椿から実家の住所を聞かれた七桜は、遠いので母は呼ばなくていいと嘘を重ねる。しかしそこに現れた今日子が、夕子は近くで店をやっているのではと問い詰める!苦し紛れに言い逃れをする七桜だが、椿は夕子に挨拶に行くと言い出す。

店を訪れた椿と七桜から結婚式に招待された夕子は、自分が七桜の母親ではないことを告白しようとするが…。椿が七桜のため、夕子に結婚式に出て欲しいと頭を下げる姿を見て、全てを椿に打ち明けて嘘のない関係になろうと覚悟を決める七桜。

翌日、椿は七桜を連れ夜の庭へ。蛍が舞う幻想的な風景を七桜に見せたかったという椿は、そこで父との思い出を語る。七桜は、意を決し真実を打ち明けようとするが、今日子に割って入られ、タイミングを逃してしまう。

そんな中、大旦那(佐野史郎)は弁護士を呼んでなにやら話をしていた。その脳裏には15年前、『さくら』という女の子が作った御菓子の味が鮮明に蘇っていた…。そして、七桜と椿の結婚式と重なっていた毎年恒例の茶会『夕ざりの茶事』を一週間前倒しにすると決める。それは二人の結婚を認めた意味にもとれるが…。

一方、見合いの席で、七桜の母親が人殺しだという噂を聞いたしおり(岸井ゆきの)は、椿の結婚式の日取りが決まったと知り、ある決意をする。

その頃、城島じょうじま(高杉真宙)の部屋に再び行くことになった七桜。そこは、母・百合子ゆりこ(中村ゆり)と暮らした懐かしい部屋。一人で部屋に残され、昔よく隠れて寝ていた押し入れを覗くと、天板裏に道具箱が隠されていることに気づく!なんとその中には椿の父・いつき(鈴木伸之)から百合子に宛てた手紙、そして『七桜へ』と書かれた封筒が…。そこには、二人の運命を揺るがす残酷な事実が記されていた…

引用:私たちはどうかしている 公式サイトより

スポンサーリンク

第5話ネタバレ部分

七桜は天井裏から見つけた封筒に書かれていたのはなんと生物学上の父親は椿の父親・樹だったのだ!!

七桜も幼い頃から父親のことを聞いちゃいけない気がしていてが、
椿と七桜は兄妹だったという残酷な事実。

しかしさらにもう一枚の紙が入っており、椿は実は樹の子供ではなかったという証明だった。

そこへ大旦那がやってきた。
椿を正当な後継者として認めたということを確認したが血筋を大事にしていた。
大旦那は昔住んでいたサクラという子供が自分の血を引いていると思っていた。

七桜は椿がサクラを憎んでいるのは自分の父親を殺した母親の娘ということだけじゃなく、
椿から自分の居場所を奪ってしまうことになるからでもあったと思った。

七桜が作った和菓子を食べた大旦那は昔食べたことのある味だということを言った。
そして椿も七桜が本当はサクラだったのではないか?という一度は蓋を閉じたはずの疑念が湧いてきた。

そこへ以前椿が結婚破断にした相手・栞がやってきた。
夕ざりの茶事への参加をお願いし七桜の母親が犯した罪を知っているかどうかを訪ねた。

七桜は多岐川の元へ向かっていた。
多岐川の力で誰も知らない場所で働けないかとお願いした。
七桜の母親が殺人容疑をかけられたまま亡くなってしまったことを後悔していた。
多岐川は七桜に光月庵を出て行って後悔しないかどうかを確認する。

15年前の事件の日旦那に消えて欲しいと思ったのは誰なのか!?
その疑念を抱えながら七桜は椿の元へ戻った。

そして結婚式までに事件の真相を暴くと決意した七桜。
昔の記憶をたどり事件があった場所へ戻るがそこは完全に閉じられていた。

その部屋が開くのは夕ざりの茶事が開催される日だけだった。

スポンサーリンク

私たちはどうかしている 第5話を視聴した感想

私たちはどうかしているの第5話を視聴しました。

今回も観月ありささんの嫌がらせっぷりが初っぱなから発揮してましたね。
ほんとタイミングがいいというか悪いというか、、、
これほどまでに執拗な嫌がらせをする徹底ぶりは逆に清々しいですw

昔あったドラマ「ナースのお仕事」のころでは可愛らしい役でしたが、
今回は真逆と言っていいくらいの役柄です。

ストーリーも残酷すぎるくらいの展開でしたが、
2人が血が繋がった兄妹ではなく安心しました。
これで血が繋がっていたとしたら本当に救いようがないですもんね。

横浜流星さんと浜辺美波さんの美しすぎるくらいのルックスが目の保養になります。
最初は七桜が椿のことを憎んでいたのにいつの間にかお互いに惹かれあっていっているというキュンキュンポイントがたくさんあります。

妊娠しているということは本当は嬉しいことなのになかなか言えない七桜の気持ちが切なすぎます。

これだけ美しい2人がキスしたりとベッドシーンがありながらもエロスというよりも芸術のようにも感じます。

そしてラストを見たときにもしかしたら和田聰宏さんが演じる山口耕一と観月ありささん演じる女将との子供が椿なのでは?という展開にもなりそうな予感!!

だから女将はどうしても椿を跡取りにしたく、山口も2人の結婚を祝福していたのだと思います。
大旦那の遺言に対しても椿が血が繋がっているのであれば問題ないはずなので、
女将のあの慌てようは納得できます。

次回はついに七桜の正体がバレてしまいます。
そして第1幕完結となります!どんな展開になるのか楽しみです!!

私たちはどうかしている 第5話のツイッターの反応

https://twitter.com/oshiro_02/status/1303681556699963392?s=20

まとめ

いかがだったでしょうか。

私たちはどうかしている第5話のネタバレを含むあらすじと感想、Twitterの反応などについてお伝えしていきました。

第5話を見逃してしまった、、、そんな方は第5話放送終了後から1週間以内であれば完全無料の見逃し配信サービスTVerにて視聴が可能です。

またこれまでの全話を視聴したいという人は動画配信サービスhuluにて視聴が可能となっています。

huluは本来であれば月額料金がかかってしまいますが、
初回登録時に限り無料トライアル期間として2週間用意されています。
この期間を利用することでドラマ「私たちはどうかしている」を全話視聴することもでき、
この無料トライアル期間内に解約をすれば料金が発生することは一切ありません。

詳しくは「「私たちはどうかしている」無料フル動画を視聴する方法!!見逃し配信はある??【浜辺美波・横浜流星】」を参考にしてください。

ぜひお得にドラマを楽しんじゃいましょう!!

\14日間無料体験実施中/

無料期間中の解約で料金は一切かかりません

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です