【ニッポンノワール】第1話 ネタバレ・感想・考察 ネットの評判は??




2019年10月13日に第1話が放送された、毎週日曜日に放送される話題の秋の新ドラマ『ニッポンノワール」。

『あなたの番です』に続く『ニッポンノワール』はアンストッパブル・ミステリーをテーマとして放送前からかなり話題を集めていました。

ニッポンノワールの舞台となるのは以前世間を騒がせた『3年A組』の半年後の世界です。

【ニッポンノワール】原作者は3年A組??あらすじと感想の紹介

【ニッポンノワール 】2話のあらすじとネタバレ、感想と考察 本城と娘・芹那の秘密公開

【ニッポンノワール】第1話から最終回までの再放送や見逃し配信は??無料で視聴する方法

今回はそんな『ニッポンノワール』の記念すべき第1話のあらすじとネタバレと感想、どういう展開になっていくかの考察とヤフーやツイッターなどネット上での評価をお伝えしていきたいと思います。

ニッポンノワール 第1話のあらすじ

碓氷薫(広末涼子)が殺害されその容疑が遊佐清春(賀来賢人)に向けられる

主人公・遊佐清春(賀来賢人)が目を覚ますとそこは見たことも無い山小屋。

うつらうつらと目を冷ました清春の目に飛び込んできたのは自分の上司である同じ警視庁捜査一課の碓氷班リーダーの碓氷薫(広末涼子)の亡骸だった、、、。

しかも清春の手にはなぜか拳銃が握られていた。
間違いなく疑われてしまうといった状況に清春は「全然笑えねぇな」と囁く。

清春は状況を飲み込めないだけではなく、なぜかここ数ヶ月の記憶が綺麗さっぱりと飛んでいた。

自分が殺したかも、誰かに嵌められたかもわからない、この理不尽な状況にまず湧いてきた感情は焦りよりも怒りだった。

清春は自身が刑事ということもあって、この状況だとまず疑われるのはわかっていたため隠滅をし山小屋を去る。

そして元半グレ集団ヘムルズ・リーダーの貴志正臣を呼び出し、山小屋から持ち帰った自分が犯人と結びつくありとあらゆる証拠証拠品や服を燃やし隠蔽をさせる。

考える間も無く次は警察から事件の現場への召集がかかり、今度は刑事として山小屋へ再び戻ることとなる。

清春は薫が殺される2日間無断欠勤をしており、さらにここ3ヶ月の記憶が無い。
そのことを同僚に話すと同じく捜査一課である南武(北村一輝)から「お前がやったんじゃ無いか?」という疑惑の目を向けられてしまう。

清春は薫殺しを完全否定するものの、普段から薫と激しいバトルを繰り広げていた、目的のためには手段を選ばないという冷徹な性格の持ち主で「警視庁の癌」と煙たがられていたため、捜査会議にて清春の同期であり捜査一課のルーキーの宮城遼一(細田善彦)から名指しされ刑事から一転、容疑者として同僚たちから疑われてしまうのであった。

薫(広末涼子)と10億円事件の繋がり

清春は自分のデスクに戻りタバコを探していたが見つからず、記憶喪失をしていた間に禁煙していたことを知らされる。

さらに江國三成(杉本哲太)や高砂明美(立花恵理)から薫がシングルマザーであることや「10億円強奪事件」について調べていたことを聞く。

薫は死の直前に「10億円強奪事件」を追いかけており、仲間割れにより被疑者が死亡し10億円の行方が不明になってしまっていた。

そんな中、捜査一課課長の南武から薫の一人息子・碓氷克喜(田野井健)の世話をするように命じられる。

薫の元旦那であり克喜の父親の存在がわからず、引き取り手が無い。ということで清春が世話係を指名されるのだが、「は?なんで俺が?」とその申し出を拒否してしまい逃げ出してしまう。

同じころ、警視庁の通路で警視庁捜査一課理事官・本庄諭(篠井英介)は娘の本庄芹那(佐久間由衣)に電話をかけ「あの件は大丈夫だから」「今立て込んでるから」と通話していた。

電話を終えた本庄の前を通り過ぎた名越時生(工藤阿須加)を呼び止め何かを話すのだった。

清春(賀来賢人)と克喜(田野井健)と喫茶bonnaroにて

清春が住むビルの1階にある喫茶店bonnaroで冷凍ピラフとオリジナルドリンクを頼み、くつろいでいる清春。

そこに高砂から場所を聞いた克喜がやってくるのだが、黙々と食べる清春に対して「いただきますを言わないんですか?」と聞く克喜。

食事を終えると露骨に嫌な態度をだす清春の空気を読んでか、何かの薬を飲んだ克喜は「近くに叔母がいるので」と言い店を出て行ってしまう。

喫茶bonnaroのマスターの娘・深水咲良(夏帆)は心配して克喜を追いかけ「うちへ来ない?」と声をかけるものの「本当に大丈夫です」と断られてしまい自宅へ帰るのだった。

克喜が親を亡くしたことと、咲良自身もある事件で姉を亡くしているので共感する部分がり誰かを失うという悲しみにほっとけなかったのであろう。

bonnaroのマスター深水喜一(笹野高史)は元刑事であり、事件との関係を感じ取ったのか薫の死に喜一は関係している可能性はあるのか?ということを清春に聞いたのだった。

克喜(田野井健)の自宅には才門要(井浦新)がいた

喜一が自宅に帰ると荒らされており、気配を感じ取ったのかクローゼットの中に身を隠す。

そして警視庁公安部・才門要(井浦新)が現れ、その後清春が現れる。

清春は才門がなぜここにいるのか?ということに疑惑をもち拳銃を才門の口の中に押し込め「お前がなんでここにいる!?」というが、才門曰く「来た時にはすでに荒らされていた、むしろ疑われるのは清春の方じゃ無いか?」と部屋にあったコップに入った清春が吸うタバコと同じ銘柄の吸い殻に視線を向けた。

マンションの防犯カメラは警察関係者がすでに持ち去っていたことを告げる。

銃を下ろした清春に向かって才門は薫が言っていた言葉を話す。

その内容は、10億円強奪事件の黒幕はもう1人いる。それが警察関係者であること、犯人も10億円をまだ手にしていないこと、を話した。

さらに才門の予想として黒幕が隠していたであろう10億円を薫が見つけ別の場所に隠し、その金のありかを黒幕が聞き出す際に殺されたのでは無いか?とも告げた。

これから先は誰も信じるな。決断を誤ったら命はない。といい才門は清春の前から去っていったのだった。

名越(工藤阿須加)が清春(賀来賢人)と克喜(田野井健)を襲う

貴志に自分のアリバイ工作をさせるために犯行時刻に競馬場にいたというフェイク動画を作らせる清春。

車に戻るとそこに克喜の姿はなく、外のケーキ屋さんで誕生日ケーキを眺めていた。

今まで誕生日を祝ってもらったこともなく、仕事に忙しかった母は克喜からすれば避けられているようにも感じ母との思い出があまりなかった。

学校でも浮いた存在であった克喜は母・薫にもそう思われているではないかという不安があったよう。

そんな母・薫の最後の場所である山小屋に連れて行ってくれと清春に頼む克喜。

すると何者かに銃撃されてしまう。

適当に撃っているように見えるが確実にターゲットを追い込まれていく清春と克喜。

清春はこの銃撃の相手が名越だということを見抜いていた。

「名越!!」そう清春がいうと、名越は不気味な笑い声をあげながら「さすが先輩!!パーリーピーポー!」とテンション高めで叫んだ。

名越は捜査一課理事官・本城に「清春の家には決定的な証拠がある。窃盗犯にすれば家宅捜索ができる。」と薫殺しについてそそのかされてしまっていた。(タバコの吸い殻を置いたのはその為)

名越は殺された薫のことを愛していた。清春がこのまま逮捕されても虫の居所が治らない、、、
その為本城に踊らされているとはつゆ知らず、清春を殺すことにしたと話した。

発煙筒で名越の気をそらした清春はそのまま乱戦に持ち込み、形勢は逆転。
名越を殴り続け命乞いをする名越に対し、「お前人殺したことないだろ!俺は生まれながらにして人殺しなんだよ!」といい、名越をナイフで刺そうとする。

清春は幼い頃の家庭環境が関係していた。

清春(賀来賢人)の過去

清春の母親は清春を産んですぐに亡くなり、父親から「お前のせいで母さんは死んだんだ!家畜のぶただ!」と罵倒を浴びせられ殴られながら幼少期を過ごした。

そんな幼少期を過ごし、歪んだ性格になった清春は人を信じることができなくなり、全てを憎みながら生きてきた。

名越にトドメをさそうとした瞬間、清春に向けて克喜が銃を発砲した。

「あなたが母を殺したんですか?」と問い詰める。

それに対して清春は「俺がやったかもしれないしそうじゃないかもしれない。目が覚めたらお前のお袋さんが横で死んでいた。お前がジャッジしろ!俺が殺したと思うならそのまま撃て。光はお前が作るんだ。いいか克喜!どんなことがあっても生きろ!這いつくばってでも明日を掴め!全てはお前次第だ!」と言い放つ。

清春は克喜を突き飛ばし銃を奪うと、「一つ言い忘れてた。この世界はそんなに甘くない。そういや思い出したよ、お前のおふくろの言葉。」と克喜に問いかける。

その言葉とは「私には愛する息子がいます。その子が大勢の人達が笑顔で触れ合える社会を作ること。それが警察官の役目だと思っています。」と。

克喜は母親に愛されていた事実を知ると、これまで抑えてきた感情が爆発する。
母親を失ったこともあり幼い少年にはあまりにも大きすぎる出来事に泣き叫んだ。

泣きじゃくる克喜に対し清春は「お前はこれから一人だ。誰もお前を守ってくれない。母親が死んだ真相を知りたければ俺についてこい!お前次第で世界はいくらでも変えられる!!」と言い放つのだった。

その夜、清春の自宅にてカップラーメンを食べる克喜と清春。
克喜が眠ってしまうと、リビングの片隅に転がしておいた名越を叩き起こし、薫殺しの犯人探しのために手を組むことを提案する。

しかし清春の部屋からなんと「10億円強盗事件」の際に使われたとされる狂気の銃と事件の計画書が!?

あたりは本城が引き連れてきた警察が包囲していたのだった。

ニッポンノワール 第1話での考察

色々なことがわかりましたが、まだ始まったばかり。
今の所わかっていることと気になることは、

  • 清春の記憶が抜けている
  • 克喜を清春に預けた南部の意図は?
  • 清春が貴志を使う関係性は?
  • 克喜は薬を飲んでいるのはなんの薬?
  • 克喜のランドセルにガルムフェニックス?
  • 才門はなぜ薫の家にいたのか?
  • 克喜の父親はだれ?
  • 名越の薫への歪んだ愛はいつから?
  • 捜査一課と碓氷班は仲が悪い?

まだ1話なのでなんとも言えませんが、全員怪しく思ってしまいますねww

シンプルに考える本城が清春を犯人に仕立てあげようとしているように見えますが、、、
もしそうだったとしたらシンプルすぎなので個人的にはそれはないかな〜と思います。

甘え方を知らない克喜の姿とこれから母親のいなくなった自分をどう乗り越えていくのか?というところも気になりました。

まだまだこれから情報がたくさん解禁されてくると思います。
どんどん盛り上がってくる展開になってくるのが楽しみですね♪

ニッポンノワール 第1話をみた感想

 

いろんな考察をしている人もいれば、まだ始まったばかりであんまり期待していない人、よくわからなまま1話が終了してしまった人、

いろんな人の感想がありますね。

やっぱり3年A組との関係性も出てきているようですので、見直してみるのもいいかもしれませんね。

【ニッポンノワール】第1話 ネタバレ・感想・考察 ネットの評判は?? まとめ

いかがだったでしょうか?まだ始まったばかりのニッポンノワールですが、始まる前から話題になっていたというだけあって1話の段階ではプロローグなような感じで、これからどんどん展開が進んでいき面白くなっていくのでしょうね。

登場キャラも個性豊かで、個性がありすぎる!との声も聞きますが、これくらいの方がインパクトがあってキャラを覚えやすいので個人的にはおっけーかなと思います。(最近の若者が同じように見えてしまうので、、、)

リアリティのことでいうと、日本社会でこれほどまでに銃撃戦が繰り広げられてしまうのか?!とか、幼い子供が銃を全く反動も気にせずに撃ったり、、

これももしかしたら伏線なのか!?と考えてしまうのは考えすぎだと思いますがww

オープニングやエンディングにも様々なフラグが隠されているようなので、そこも見逃し厳禁ですね!!

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です