KingGnuのおすすめ曲と人気曲は?ファンでもそうじゃない人でも必聴!!




2019年にもっともバズったバンドとして一躍人気となったKingGnu。

メジャーデビューを皮切りにMステやフェス、全国ツアーも大成功し、音楽関係者からも絶賛の嵐。
KingGnuのことがメディアでもかなり取り上げられるようになってきています。

今回はオススメ曲や人気曲は?というのをKingGnuをまだ認知していない人に知っていただきたいために紹介していきます。

KingGnuってどんなバンド??

2017年に結成され2018年にアルバム「Sympa」でメジャーデビューを果たした4人組ミクスチャバンドです。

彼らは自分たちのジャンルを「トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル」と呼んでおり、そのなの通りヒップホップや、ジャズなどを織り交ぜつつもベースは聴きやすいJ-POPと東京のいろんなものが混ざりあったような楽曲で中毒者を続出させています。

メンバー、リーダーでボーカルギターの常田大希 、ボーカルキーボードの井口 理、ベースの新井和輝
、ドラムの勢喜 遊の4人となっています。
 バンドの特徴として、常田大希さんのロックでダーティーな声と井口理さんのスイートで綺麗な声とのツインボーカル、新井和輝さんと勢喜遊さんのブラックミュージックを土台とするリズムがあります。
これらの要素が集まり、グルーブは半端ないのにメロディや歌が聴きやすいという唯一無二のスタイルを作っているバンドとなっています。

KingGnuのオススメ曲と人気曲は??

全曲オススメなのですが、KingGnuの曲でこれは知っていないとまずいでしょ!という曲を中心に勝手にオススメ曲と人気曲の紹介をジャンル別にしていきたいと思います。

KingGnu バラードが好きな人にオススメ曲

『白日』

この曲でKingGnuのことを知ったという人も多いのではないでしょうか?
いきなりの井口理さんのハイトーンでセクシーな声が胸を突き刺してきます。

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の主題歌にも起用され、どの年代で性別問わず聴きやすい曲となっています。

バラードですがゆったりとした印象はなく聞いている人を「白日」の世界観に引き込む力があります。

https://twitter.com/zodos66666/status/1199655447206084608?s=20


『Prayer X』

MVが恐ろしいことでも知られています。
曲調はダークな感じがしますが、めっちゃ美しいです。
KingGnuが海外でも人気となったのはアニメ「BANANA FISH」のエンディングテーマに『Prayer X』が起用されたことだと思います。

米津玄師さんも絶賛の曲としても人気があります。


『The hole』

タイトルの意味は「心の傷」。

バイセクシャルのMVが衝撃的ですが、三者三様の複雑な恋愛模様があり、
ストリングスの旋律と井口理さんの歌声が、美しくも切ないメロディーに感動してしまいます。

KingGnuの曲で一番壮大なバラードとなっています。
セカンドアルバム『Sympa』のフィナーレを飾る曲です。

KingGnu ロックが好きな人にオススメ曲

『Flash!!!』

KingGnuの楽曲の中で攻撃的で疾走感溢れるなナンバーとなっています。
常田大希さんのスタイルを歌詞に表現した世界観が楽しめる一曲です。

常田大希さんの歌声もかっこいいのですが、井口理さんのセクシーさもあり、新井和輝さんのベースの暴れっぷり、勢喜遊さんのサンプラーを使ったアレンジと、どれをとってもアレンジがすごいのです!!


『Slumberland』

ライブでも盛り上がること間違いなしのロックナンバー。
セカンドアルバム『Sympa』のリード曲です。

タイトルの『Slumberland』は『眠りの国』を意味しており、マスメディアに対して強烈な批判をしているような曲となっていますが、作詞作曲した常田大希さんによると井上陽水さんの曲「傘がない」のように「世間で色々な出来事が起こっても自分はそれどころではない」というイメージだそうです。

https://twitter.com/qum_gnu/status/1163390436024569856?s=20

KingGnu おしゃれな雰囲気が好きな人にオススメ曲

『It’s a small world』

アコースティックでカフェのような雰囲気のオシャレ曲です。
このMVに登場している寂しげな宇宙人というコンセプトの主人公は井口理さんが特殊メイクをして演じています。

海辺で演じているので風は自然のままで、猫も途中で逃げ出すという予定だったけどビビって動かなかったからそのまま撮影し続けた。という裏話もインタビューでしていました。

舞台俳優をやっていた経験がある井口理さんの動きはコミカルですね。
インタビューでは「自分じゃない別物になる、という感覚に達した。なりたい自分になれた気がして、何か報われた感じがしました」とコメントしています。


『vinyl』

おしゃれでありながら妖艶でどこか退廃的なメロディーがめちゃくちゃセクシーな曲です。
MVでは井口理さんのイケメン具合と演技も見れる貴重な曲となっています。

アコースティックバージョンもまた素敵な曲です。


『サマーレイン・ダイバー』

元々はKingGnuの前身であるSrv.Vinci.(サーヴァ・ヴィンチ)の時のアルバム「トーキョー・カオティック」に収録されていた曲です。

KingGnu名義になった後にはファーストアルバム「Tokyo Rendez-Vous」のフィナーレを飾る曲になっており、
ライブの締めに使われている曲です。

聞いていて心地のいいサウンドですね〜癒されます。

KingGnuのおすすめ曲と人気曲は?ファンでもそうじゃない人でも必聴!!まとめ

いかがだったでしょうか??

KingGnuの曲は全て本当に完成度が高すぎてどれもオススメしたいのですが、今回紹介した曲は確実に聞いておいたほうがいい曲だと言えます。

最近では井上陽水さんのトリビュートアルバムに参加したり、2020年にはアルバム「CEREMONY」の発売も決まり、
先行として「小さな惑星」もCMタイアップとして起用されました。

これからのKingGnuの活動から目が離せませんね!!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です