米津玄師「しとど晴天大迷惑」歌詞の意味を解釈!!タイトルはどんな意味?

米津玄師yankee




彗星の如く音楽業界にあらわれ数々の名曲を残している米津玄師さん。

米津玄師さんの書く楽曲は繊細かつ大胆な世界観が魅力的であり、
どこか耳から離れないメロディーに中毒者が続出です。

今回は米津玄師さんの「しとど晴天大迷惑」の歌詞の解釈やタイトルの意味についてお伝えしていきたいと思います。

米津玄師「しとど晴天大迷惑」ってどんな曲??タイトルの意味は?

「しとど晴天大迷惑」は2014年4月23日にリリースされた米津玄師さんのメジャー初アルバム「YANKEE」の9曲目に収録されている楽曲です。

「しとど晴天大迷惑」の中でも「ぱーぱらっぱっぱーぱぁっあ」といった独特の歌詞が文字にすると滑稽に見えますが、どこか癖になる楽曲ですね。

PVは用意されていませんが米津玄師さんのファンによるクオリティの高い動画が上がっているますので気になる方は見てみてはいかがでしょうか。

「しとど晴天大迷惑」というタイトルは一見どういう意味なのかわからないですよね。

特に「しとど」という言葉は初めて知ったという方も多いのではないでしょうか。

「しとど」とは漢字で書くと「巫鳥」でアオジ・ノジコ・ホオジロ・ホオアカなどの小鳥の古名とされており、みこどりとも読め実にありがたい名前でもあります。

しかしこの楽曲に至ってはこの「巫鳥」という意味合いではなく、
「びっしょり濡(ぬ)れた様子。」という方の意味の方だと思われます。

晴天であったり土砂降りになったりとまさに大迷惑。
人の心が天気によく比喩表現されますが、この楽曲もまさにその天気のごとく変わりやすい人の心を歌っているように感じます。

米津玄師「しとど晴天大迷惑」の歌詞を解釈

それでは米津玄師「しとど晴天大迷惑」の歌詞の意味について考えていきたいと思います。

超弩級 火を吐く猿 天からお目覚め大迷惑
街という街を潰し 誰彼々も大わらわ
そんな夢を見ては 下らぬ日々を暮らしている
今日も間違いなく 積み積み重なる延滞金

まるで特撮映画に出てくるような火を吹く猿がいきなり出てきて町壊していく夢でもみていたのでしょうか。

何も変わらない日常の中で想像も絶すようなことが起こらないかと刺激を求めています。
現実にはそんなことが起きるわけもなく、退屈する毎日を送っています。

延滞金はレンタルしているもののことと直接的なことかもしれませんが、
日々積み重なる何もせず過ごし浪費している時間のこととも考えられます。

後悔するのは大体後になってから気づきます。

エンデバー飛び出す日に 煙草燻らし天使は歌う
雑居ビル廊下の隅で 小さく欠伸垂らしながら
目下 嫌みっぽい 小言の中で暮らしている
どんな顔すればいい とってつけ見よう見まねで笑う

エンデバーとはスペースシャトルの機体名です。
すごく有名な機体なので発射の日はさぞかし騒がれていたのでしょう。

そんな世間が騒ぎ立てている日でも主人公は雑居ビルの廊下という地味な場所で、
あくびをしながら我関せずという感じで自分の好きな音楽でも聴きながらタバコを吸っている様子。

華やかな世界とは裏腹に嫌味や小言を言われながら過ごしています。

しかしそんな小言にイラつきを覚えながらも「どんな顔をすればいい」と悩んでおり、
とってつけた笑顔でとりあえずその場しのぎにやり過ごします。

燦々照らす太陽背負って 今日もいい天気
遊びに行こうぜもっと間違い犯して
狭い隘路を通り過ぎ行けば
散々痛い目に目に遭った毎日を消して
もう二度としょうもない嘘なんてないように
いらんもんから全部捨てていけ

燦々と照らす太陽は一見晴れやかなようにも感じますが、
背負うという言葉から重荷のようにも捉えることができます。

現状のつまらない毎日から脱出するために、
たとえそれが間違いだったとして楽しんだもん勝ち、何か行動を起こしたいという心理。

隘路とは進みにくい狭い路地のことで人生においては壁のようなものでしょう。

間違いを繰り返し壁を乗り越えることができれば、
今まであった痛い目に遭った毎日の苦労を洗うような日がくると信じているのかもしれません。

延滞金の滞納のように日々積み重ねてきた無駄な時間を何かしら理由をつけて自分を騙していましたが、そんな嘘をつけないようになり振り構っていられない状況まで追い込もうとしているのでしょう。

大変身スーパースターそうハチャメチャやって逢瀬の隙間
超邁進サニートラックもうメチャクチャやって帰らないで
燦々照らす太陽背負って やっぱいい天気
声を出せぱっぱらぱ!

スーパースターは世間の人から敬われる存在です。

逢瀬とはふたりが会う折。面会の時。特に、男女がひそかにあうこと。という意味があります。

「逢瀬の隙間」というのは、自分がいつかスーパースターになって密かにしか会えないくらい多忙になるまでの過程という感じでしょうか。

サニートラックは日産の小型ボンネットトラックのことです。

どんなに辛いことや苦しいことが待ち受けていたとしても、
突き進んでいくことだと思います。

主人公はヤケになっているのか、それとも決意を固めたのかはわかりませんが、
一方通行の片道切符というくらいの勢いで前を向いていくという雰囲気ではないでしょうか。

九回裏 二死満塁 さよならついに本塁打
文句なし ぐうの音もなし 満持してもはや大歓声
そんな夢を見ては 貧相な飯を食らっている
明日も間違いなく 十時に最寄り駅三番線

絶体絶命の状況でありながら一発成功すればまさにスーパーヒーローという状況。
そこで文句のつけようもない活躍を見せる、という夢をみました。

しかしそれは現実では起こっておらず、いつもと同じく冷めた味気のないご質素なご飯を食べています。

夢見たいな状況にはならず、いつも通りにくだらない日々を過ごすのです。

ハックニー駆け抜け行く 馬券見つめて泣く天使
宙を舞う紙切れ切れ 今日から栄えある一文無し
全部どうにでもなれ メソメソ歩いて珍道中
どんな顔してみても 無様に笑える真っ白け

ハックニートは馬の種類のこと。

一発逆転を夢見て競馬をしてみるものの、
当たるはずもなく主人公は全てを失ってしまいました。

泣きながらの帰り道、自暴自棄になってしまっています。
絶望に打ちひしがれ、燃え尽きてしまっては笑わずにはいられません。

惨憺たらす毎夜を背負って 今日もいい天気
ねえ誰か僕と一緒に愛探さないか
これを聞いたら返事くれないか
散々痛い目に目にあって尚も痛いままで
もう二度とを何度何度繰り返したって
いらんもんなどなんも無くなって
大失敗スーパースターそうハチャメチャやって逢瀬の隙間
猛後退サニートラックもうメチャクチャやって帰らないで
惨憺たらす毎夜を背負って やっぱいい天気
声も出ない

1番のサビとは真逆になっています。

延々に続く毎日に主人公は絶望的になっています。
周りをみるとみんなの姿が晴れやかに見えているのかもしれません。

「誰か僕と一緒に愛探さないか これを聞いたら返事くれないか」他人任せで自分から何か行動したいけれども1人ではできない。同じような状況の人はいないか探しては傷の舐め合いをしたいのかもしれません。

「これだけ嫌なことが続いているんだから次はいいことがあるはず!!」そう思う主人公。
これまでもたくさんの苦痛を味わってきたはずなのに、それに見合う見返りはまだありません。

それどころか失敗が続いてしまい、
いらないものまで失ってしまって本当に何もかも失ってしまっています。

スーパースターはスキャンダルにでもあってスター街道から転落しまったのかもしれません。
サニートラックもむちゃくちゃしすぎて今まで来た道をものすごい勢いで戻ります。

全てを失ってしまった主人公はもう声を出す気力も残っていません。

しかし絶望になっていると思われる状況でも時間が傷を和らげてくれ、
その失敗したことも次は大丈夫なはず!と思いこれからも同じことを繰り返していくのでしょう。

米津玄師「しとど晴天大迷惑」歌詞の意味を解釈!!タイトルはどんな意味?まとめ

いかがだったでしょうか。

米津玄師さんの「しとど晴天大迷惑」の歌詞の意味についてとタイトルの意味についてお伝えしていきました。

タイトルからはハッピーエンドが見えませんでしたが、
やはりハッピーエンドじゃなかったですね。

こういった状況ってギャンブル好きの人に多いような気がしました。
ありふれた冴えない日々を歌ったこんな曲もこれだけかっこいい曲になるのはさすがですね。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です