【シロクロパンダ 】ネタバレ4話のあらすじと考察!!横浜流星のアクションシーン炸裂!!

シロクロパンダ




2020年1月12日からスタートした横浜流星さんと清野菜名さんのW主演の日曜新ドラマ「シロでもないクロでもない世界でパンダは笑う。」通称「シロクロパンダ 」

前回の第3話では早くもミスパンダこと清野菜名さん演じる川田レンの闇が少しわかりましたね。

【シロクロ】ネタバレ第3話のあらすじ紹介!!10年前の事件の内容が明らかに!!

今回は2020年2月2日に放送された「シロでもないクロでもない世界でパンダは笑う。」の第4話のネタバレ考察をしていきたいと思います!!

日テレドラマ

 

シロでもないクロでもない世界でパンダは笑う。キャスト&相関図

【シロクロパンダ 】第4話のゲストはだれ??

スクールカウンセラー役:谷村美月

シロでもないクロでもない世界でパンダは笑う。第4話ネタバレあらすじ

https://youtu.be/fMDYzYYK5sA

直輝(横浜流星)は門田(山崎樹範)から、10年前の火事にまつわるレン(清野菜名)とリコの秘密を聞く。レンは、直輝に好きになってもらえるような自分になるため、日本一の囲碁棋士になると決意。彼女は春男(升毅)に、改めて指導してほしいと頼む。

そんな中、楓(吉田美月喜)が通う中学校で騒動が起こる。3年生の翔太が、同級生の涼介を人質にとって屋内プールに立てこもった。涼介は縛られた上に鉄アレイを括り付けられた姿で飛び込み台に座らされる。
涼介からのいじめを苦に自殺しようとした翔太に対し、涼介は翔太へのいじめを認めていなかった。翔太はミスパンダを呼んで、どちらが真実なのかシロクロつけてもらいたいと要求。ミスパンダが来なければ涼介をプールに沈めると脅迫する。

校長は記者会見を行い、いじめを否定。会見中、同席していたスクールカウンセラーの春香が学校側の嘘を指摘しようとするものの、制止される。会見後、学校側からマスコミに向けて取材自粛要請が出される。あずさ(白石聖)は学校側が何かを隠していると考え、取材することに。

時間が刻々と過ぎ、状況は緊迫する。涼介が助けを求めて声を上げると、翔太はいら立って今にも彼をプールに沈めようとする。その様子を見ていた楓は、ミスパンダの動画チャンネルに「早く来て!」とメッセージを送る。
直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)に、翔太がミスパンダを呼んでいることを伝える。しかし、Mr.ノーコンプライアンスはミスパンダの召喚を許可しない。一方、レンは門田から、直輝とは関わらないようにと忠告される。
ミスパンダが現れないまま、翔太が指定した期限が迫り…。

春香(谷村美月)がなだめようとしても、翔太の興奮は収まらない。ついに翔太がロープを切ったその時、ミスパンダの声が響く。現れたのは、小さなパンダの人形。直輝が人形を遠隔操作し、声を変えてミスパンダとして翔太に語りかける。翔太は、涼介からのいじめについて告白する。

翔太は、チアリーダーのユニフォームの匂いを嗅いでいる姿を隠し撮りされ、涼介からその写真を送りつけられた。写真をネタに、翔太は涼介に金を脅し取られるように。警備員に追われながら、人形を通じて翔太の話を聞き出す直輝。翔太は、さらに話を続ける。

翔太は春香に声をかけられ、涼介からのいじめを打ち明けた。まもなく、春香に話したことが涼介に知られてしまい、翔太は“写真をばらまく”という内容の脅迫状を受け取る。いじめを訴えても誰にも信じてもらえず追い詰められた翔太は、ミスパンダに涼介のいじめについてシロクロつけてもらおうと考えたのだった。「クロってことでオッケー?」と、春香に決めさせようとするパンダ人形。そこに、本物のミスパンダが登場する。

門田から忠告されたレンは、直輝の役に立てているだけでいい、これから好きになってもらえるように頑張ると言い切っていた。

ミスパンダがロープを切り、涼介がプールに落ちていく。すると、翔太がプールに飛び込み、涼太を助ける。「バレちゃったね、あんたたちの自作自演」と、翔太と涼介に手を差し伸べるミスパンダ。

翔太と涼介は、幼なじみだった。涼介は、自殺未遂をした翔太を心配して会いに行った。彼は翔太から脅迫メールのことを聞かされるが、まったく身に覚えがない。彼らは、誰かが自分たちをはめようとしていると気付き、翔太が殺されそうになれば真犯人が名乗り出るだろうと考えて、この騒ぎを起こしたのだった。

涼介のフリをして翔太を脅迫したのは誰なのか? ミスパンダに促されて、翔太は脅迫メールに返信する。すると、春香のスマホが鳴り出す――。

春香はこれまで、さまざまな学校で問題が起こるたびに、タイミングよくスクールカウンセラーとして介入して解決し、実績を上げていた。彼女は自分の活躍のチャンスを作るため、翔太が追い詰められるようにすべてを仕組んだのだった。正体が明らかになり、悪態をつく春香。ミスパンダは、春香をプールに突き落とす。

あずさ(白石聖)のもとに、“コアラ男”と名乗る人物から直輝とレンが抱き合っている写真が送り付けられる。その写真を見たあずさは、激しく動揺する。

アジトに引き揚げてきた直輝とミスパンダ。直輝が「リコ」と呼ぶと、ミスパンダは「あたしはパンダだよ」と答える。

夜の闇を歩く直輝の前に、神代(要潤)が現れる。神代は直輝に「飼育員さん」と呼びかける――!

【シロクロパンダ 】第4話を見た感想と考察!!

今回はパンケーキの催眠はありませんでしたね〜。

Mr.ノーコンプライアンスからはミスパンダの呼び出しは不要と言われていたのにも関わらずやってきてしまいました。

今回はアクションがメインのようなお話でしたので、
横浜流星さんのファンの方は黄色い歓声をあげたようです。

https://twitter.com/Mpr17x/status/1223971593824563205?s=20

これは今後の展開に何か関係してくるのでしょうか?

また今回わかったこととして、

  • 川田レンは死んだはずのリコだった
  • リコがレンになっているのは門田の催眠のせい?
  • コアラ男がなぜあずさの連絡先を知っていたのか?
  • レンの母親・川田麻衣子と喫茶GOBAN・加賀佳恵との関係は?
  • 直輝が川田レンを利用する目的は?

まだまだ謎が多く残っていますが、少しづつ解明していってきていますね。
これからの展開がどうなっていくのかが楽しみです!!

【シロクロパンダ 】ネタバレ4話のあらすじと考察!!横浜流星のアクションシーン炸裂!!まとめ

いかがだったでしょうか。

シロクロパンダ の第4話のネタバレあらすじと考察についてお伝えしていきました。

今回は横浜流星さんのアクションシーンが多くみられるお話でしたね。
直輝の父親・森島哲也(田中圭)さんが亡くなった事件もどうなっていくのかも気になるところです。

見逃した方はHulu、TVer、でも視聴することが可能です♪

日テレドラマ

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です