『M 愛すべき人がいて』ネタバレ第3話のあらすじと感想!!poker face の歌詞の誕生が発覚!!

m 愛すべき人がいて




202052日に放送されたドラマ『M 愛すべき人がいて』の第3

平成を代表する歌姫・浜崎あゆみさんの誕生からそれにプロデューサー・マサとの秘められた背景について描かれた物語となっています。

2話では友人に裏切られながらもマサとの心のつながりを信じなんとか試練を乗り越えました。

m 愛すべき人がいて

M 愛すべき人がいて 第2話ネタバレあらすじと感想を紹介!!ツッコミどころ満載??

今回はドラマ『M 愛すべき人がいて』の第3話のネタバレあらすじと感想、視聴者の反応などについてお伝えしていきます。

\まずは1ヶ月の無料体験/

無料期間中の解約で0円!!

M 愛すべき人がいて キャストと相関図

m aisubeki 

引用:M 愛すべき人がいて 公式サイト

【『M 愛すべき人がいて』キャスト】

安西カレン
三浦翔平
白濱亜嵐
田中みな実
高橋克典
高嶋政伸
河北麻友子
田中道子
新納慎也
市毛良枝
傳彩夏(ONEPIXCEL
上野なつひ
水江建太
久保田紗友
Hina
FAKY
和田颯(Da-iCE
佐藤友祐
小宮山直人
moca
hibiki
honoka
Yupi’n

キャストについて詳しくは【『M 愛すべき人がいて』キャストは??主題歌は??浜崎あゆみの秘話がドラマ化!!】をご覧ください。

M 愛すべき人がいて 第3話ネタバレあらすじ

あらすじ

 レコード会社A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)は、流川翔(白濱亜嵐)がプロデュースする4人組ガールズグループにアユ(安斉かれん)を追加して5人組でデビューさせるとマサ(三浦翔平)に告げる。反論するマサだが、決定事項だと一蹴されてしまう。会社の決定になすすべもないマサは、アユにガールズグループのセンターとして48日にデビューすることが決まったと報告する。ソロでのデビューを夢見ていたアユは、複雑な気持ちを押し殺して無理に喜んだふりをするが

 翌日、マサは会議にアユを連れて行き、役員たちの前でソロデビューさせると告げる。しかし、大浜やほかの役員たちは、アユを見て口々にこき下ろし始める。何を言われても笑顔で耐えるアユの姿を見たマサは、アユが売れなかったら会社を辞めると宣言する。
 一方、マサの秘書・礼香(田中みな実)は、「あなたは泥棒の手をしている。私の大切なものを奪わないでね?」とアユに宣戦布告し

 ある時、ふとアユが語る言葉の数々を思い出したマサは、アユに歌詞を書いてみるよう指示。彼女の紡ぐ言葉が人々の心に響くと考えたマサは、アユをアーティストとして売り出そうと考えたのだ。作詞なんて無理と弱気になるアユだが、祖母・幸子(市毛良枝)の励ましを胸に、自分の思いを歌詞に込める作業に没頭する。
 アユが初めての作詞に四苦八苦する中、心の支えでもある幸子が倒れてしまう

引用:M 愛すべき人がいて 公式サイト

ここから先はネタバレあらすじとなりますのでまだドラマを視聴していない人、ネタバレをしたくない人はご注意ください。

\まずは1ヶ月の無料体験/

無料期間中の解約で0円!!

3話ネタバレあらすじ

持病が悪化して福岡の病院で治療することになった祖母・幸子。

アユはこれまで支えだった祖母が倒れてしまったことで傷ついてしまいましたが、
それでもおばあちゃんはアユの書く曲ができるのを楽しみにしているという親戚の里美の励ましにより歌詞を一生懸命に書きます。

マックスマサに歌詞を渡したアユ。
マックスマサもアユのデビュー曲を制作しており、アユにその楽曲に歌詞を作ってくるよう支持します。

シーンは変わり4人組をデビューさせようとしていた流川はアユの同級生の玉木と夜を共にしていました。

その証拠写真を取られてしまった流川だったのでした、、、

アユは福岡へ戻った祖母・幸子へ電話をかけましたが体調は悪化していることに気づき、
そして幸子は意識不明になってしまいます。

今夜が山場ということで福岡へ帰ろうとしたアユでしたが、
マックスマサの自分への想いを気づき歌詞を完成させることを決意します。

祖母・幸子の死に目には間に合いませんでしたが、歌詞を完成させたアユ。

歌詞にある「あなたの愛が欲しいよ」は祖母へ向けて書いた歌詞だったのですが、
最後の歌詞はマックスマサへと向けられたものだったのです。

M 愛すべき人がいて 第3話を見た感想

ドラマ『M 愛すべき人がいて』の第3話を視聴しました。

浜崎あゆみさんのデビュー作である楽曲『poker face』の歌詞が完成した経緯がまさかアユの心の支えである祖母・幸子の死が関係していたことには正直驚きました。

浜崎あゆみさんがデビューした時は衝撃を受けたことを今でも覚えています。

今の姿とは違いますが浜崎あゆみさんがデビューした時は初々しい姿なのにどこかカリスマ性を感じました。

今回も臭いセリフややりすぎでわざとらしい演技は多かったのですが、
感動してしまうシーンもあるお話でした。

田中みな実さんの「許さな~~~~~~い」がエロ詩吟にも聞こえたり、アユのカツラがずれそうだったり、マックスマサが神のお告げが多すぎますが、それでもアユをデビューし平成の世を一世風靡させたのはさすがだと思います。

真面目に見るのもいいですが、少し変わった角度から見ても面白いかもしれませんね!

M 愛すべき人がいて』第3話の視聴者の反応は??

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

ドラマ『M 愛すべき人がいて』の第3話のネタバレあらすじと感想、視聴者の反応などについてお伝えしていきました。

過酷なイジメやおばあちゃんの死に目に会えなかったことなど壮絶な過去があったことがわかりました。

4話ではついにアユがデビューするのかもしれませんので楽しみですね!!
そしてアユとマックスマサがお互いに異性として意識し始めます。

時間帯が深夜なのでドラマ『M 愛すべき人がいて』を見逃してしまった、、、
好きな時にまた観たい!という場合はABEMAにて配信中ですのでぜひ見てみてください!!

m 愛すべき人がいて

『M 愛すべき人がいて』第1話から最終回までのフル動画を無料で視聴する方法はある??浜崎あゆみの壮絶実録ドラマ!!

\まずは1ヶ月の無料体験/

無料期間中の解約で0円!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です