dTVとdTVチャンネルの違いは??全くの別物だけどセットでお得に視聴できる!!




docomoが運営する動画配信サービスのdTVは知名度が高くご存知の方も多いかと思いますが、似たような名前のdTVチャンネルとは別物だということを知らないという人はまだまだ多いと思います。

2018年1月30日から開始されたdTVチャンネルと今までのdTVは何が違うのか?
番組の内容や料金は?などの違いについて今回はお伝えしていきたいと思います!!

まずはそれぞれの特徴を知っていきましょう!!

dTVとは??

dtv

まずはdTVとはどんなサービスなのか?ということについてお伝えしていきます。

dTVのおすすめポイントを簡単にまとめると、

  • 価格が安い
  • 価格の割には配信数が多い

ここら辺が売りとなっている動画配信サービスです。

元々はdocomoユーザーに向けたサービスでしたが、
現在ではdocomoユーザー以外のSoftBankやauだけではなくパソコンやタブレット、テレビなどでも契約しすれば視聴することが可能となりました。

日本の会社であるdocomoが運営しているので日本の番組が多く配信されています。

まだ動画配信サービスを利用したことがない人でもお手軽に試すことができる動画配信サービスです。

31日間の無料お試しキャンペーンを実施中なのでこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

dTVチャンネルとは??

では次にdTVチャンネルはどういったサービスなのかをみていきましょう!

dTVチャンネルは名前は似ていますがdTVとは全く違うサービスとなっています。
dTVを解約したら見れなくなる、またdTVのサービスが終了してしまうということは一切ありません。

dTVチャンネルはCSなどで放送されている30ほどの専門チャンネルを見放題の動画配信サービスです。

映画やドラマ、アニメ、音楽、ドキュメンタリーなどの専門チャンネルをリアルタイムで配信。

簡単にいうとインターネットテレビというカテゴリーというのがわかりやすいです。

30チャンネル以上もあるので見応えは抜群で、
地上波では放送されないマニアックな番組から定番の番組まで幅広く取り扱われています。

CS放送は今まで高くて手が出せなかった人にとっても月額780円と格安で視聴することができます。

dTVチャンネルで配信している番組

dTVチャンネルではどういった番組が配信されているのかをお伝えします。

アニメ・キッズ
  • dアニマックス
  • BOOMERANG
  • ニコロデオン
  • プリプリ☆キッズステーション
  • ディズニージュニア ライト
エンターテインメント
  • MEN’S NECO
  • TBSオンデマンドチャンネル
  • エンタメ~テレ☆バラエティ SELECT
  • ファミ劇Neo
  • プチフジ
  • Kawaiian for ひかりTV
  • ひかりTVチャンネル+
海外ドラマ・洋画
  • ソニー・チャンネル
  • 映画ザンマイ!
音楽
  • MTV MIX
  • iBEYA
  • & MUSIC
ニュース
  • TBSニュースバードEverywhere
  • euronews
ドキュメンタリー
  • ヒストリー
  • ナショナル ジオグラフィック
  • Discovery TURBO
韓流・華流
  • KBS World
  • あじどらはん~韓流・華流・エンタメTV~
  • Kchan!韓流TV
趣味
  • MONDO麻雀TV
  • 釣りビジョンPlus
  • ダンスチャンネル by エンタメ~テレ
  • タビテレ
  • 将棋プラス
  • 囲碁プラス

このようなラインナップとなっています。
気になるチャンネルはありましたか?

地上波ではあまり放送されない番組もdTVチャンネルに登録するといつでも視聴することが可能になります。

d TVチャンネルはインターネットテレビ局なので最新の番組がずっと放送されています。

特にキッズチャンネルや韓国系、趣味は地上波での放送が限られているので喜ぶ人も多いのではないでしょうか。

dTVとdTVチャンネルの違いを比較

それではdTVとdTVチャンネルの価格などのサービスの違いを比較してみました。

  dTV dTVチャンネル
配信形態 オンデマンド配信 リアルタイム配信
ダウンロード機能 ダウンロード可能 ダウンロード不可
価格 月額500円 月額780円
コンテンツ 映画、ドラマ、アニメ、韓流・華流、音楽、バラエティ、シアター、ショートショート、フィットネス、ニュース、オリジナル、カラオケ 映画、ドラマ、アニメ、韓流・華流、音楽、エンターテイメント、ドキュメンタリー、趣味・実用、ニュース
対応デバイス スマホ・タブレット、PC、テレビ(スマートTV、STB) スマホ・タブレット、PC、テレビ(STB)

dTVとdTVチャンネルの配信形態

dTVは他の動画配信サービスと同じく動画を選んで視聴するタイプです。
作品数は12万本以上とかなり豊富でコンテンツも充実しています。

動画を選んで視聴することができるのでみたい番組をいつでも視聴できるのがメリットです。

対してdTVチャンネルはリアルタイムの番組放送となっているので常に最新の番組を視聴することができます。

しかし番組を見逃してしまっても2週間の見逃し配信があるので過去回を視聴することができます。それでも見逃してしまった場合は再放送を待つことになります。

ダウンロード機能について

dTVにはダウンロード機能があるので通勤や通学などの移動でも通信量を気にせずに視聴できますがリアルタイムでの配信を視聴することができません。

dTVチャンネルはその逆といった感じです。

d TVチャンネルはダウンロード機能がついていませんが、
気になる番組をクリップしておくと始まる前にお知らせしてくれるサービスがあります。

全ての作品が再放送をしているわけではないので、あくまでも再放送はおまけ的な存在です。リアルタイムの視聴が基本となっています。

価格の違い

価格はdTVチャンネルの方が若干高いですが、昔はdocomoユーザー以外は1280円だったのが全て780円に変更されました。

しかしCS放送がされているWOWOWやスカパーなどと比べるとかなり格安となっています。

あとで紹介しますが、dTVチャンネルとdTVの両方に加入するとセット料金でお得になるパックもあります。

配信コンテンツの違い

コンテンツはどちらも似たような配信となっていますが、
dTVはレンタルビデオのような感じ、dTVチャンネルはテレビ放送のような感じです。

dTVチャンネルはdTVと比べて満遍なく番組がリアルタイム配信されていますが、
強いていうのであればアニメ・映画・ドラマのジャンルはdTVの方が優位です。

dTVチャンネルは地上波では放送されない専門チャンネルに強く、
自分の趣味に合わせた最新の番組を楽しむことができます。

対応デバイス

dtbchデバイス

対応デバイスはどちらもほとんど同じである程度の機器で視聴が可能です。

dTVをテレビで見るには、dTVに対応したスマートTVや、STBの「ドコモテレビターミナル」「dTVターミナル」「Fire TV」「Apple TV」「Chromecast」などの多くの機器に対応。

dTVチャンネルも、スマホ・タブレットPCテレビに対応。

テレビで見るにはSTBが必要で、「ドコモテレビターミナル」「Fire TV」「Chromecast」となっておりdTVよりは少ないですが、主な機器で視聴することができます。

dTVとdTVチャンネルはセットでお得!こんな人におすすめ

それではdTVとdTVチャンネルの違いをお伝えしましたが、
どっちを選んだらいいのかわからない、、、

そんな人のために両方セットで入るとお得なプランがあります。

dTV+dTVチャンネルのセット料金は980円!!

dTVチャンネルの料金に+200円でどちらも視聴することが可能です。
これだけ豊富の動画を視聴できながら他の動画配信サービスと同じくらいの価格とは破格だと思います。

もちろんどちらかにしておきたいという人は無料お試し期間があるので、
無料で試してみてから決めるのもいいと思います。

dTVとdTVチャンネルをおすすめする人

ではそれぞれどんな人におすすめなのかをまとめてみました。

dTVをお勧めする人

  • いつでも好きな時に好きな動画をみたい人
  • レンタル作品などの定番の作品をみたい人
  • 映画・ドラマ・アニメをみたい人
  • 低価格で動画配信サービスを利用したい人

dTVチャンネルをお勧めする人

  • 自分の趣味にあった番組をみたい人
  • CS放送などの専門チャンネルをみたい人
  • テレビのチャンネル数を増やしたい人
  • いろんな番組をみたい人

このような人にお勧めとなっています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

docomoが運営する動画配信サービスのdTVチャンネルとdTVとの違いを比較しながらお伝えしていきました。

どちらもそれぞれの良さがあり、なんといっても価格の安さが魅力的ですよね。
気になる動画がある方は加入の参考になれば幸いです♪

最後まで読んでいただきありがとうございました^^



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です