菅田将暉「呼吸」の歌詞の意味は??初めての作詞は実体験の恋愛もの!?




俳優としても歌手としても人気の菅田将暉さん。
マルチな才能を遺憾無く発揮する菅田将暉さんのセカンドシングル「呼吸」。

初めて作詞したという「呼吸」はキャッチーなラブソングとなっています。

[keni-linkcard url=”https://doraraku.com/music/345/”]

菅田将暉さんが初めて書いたラブソングの歌詞にはどういう意味があるのでしょうか?

菅田将暉「呼吸」ってどんな曲??

菅田将暉「呼吸」

愛する人のために生きる
そんなことは 僕はもうやめた

出逢った日にミラー越しの
いつわりのない笑顔 黒いコンバース
思いだして もどかしさとせつなさが夢をみせた
窓にうつる横顔がゆれてた

息をすう 息をはく
ただそれだけのことで
どうして人は苦しむのだろう
見あげた空のむこう
太陽は今日もまた微笑んでいる
君の笑顔に似ていたんだ

行き場のないこの想い
抑えきれずひとりきりでもがいた
きっとあのころは やさしさを間違えてた
涙なんか本当は見たくない

傷つけて 傷ついて
君をだいじに想えた
どうして人は愛するのだろう
消えないこの想い 君だけはそばにいる気がしていた
あの日の笑顔 わすれたいな

好きです 好きでした
今じゃ届かない
さみしくて くやしくて
満たされる日なんかない
君を愛したい

息をすう 息をはく
ただそれだけのことで
どうしてこんなに苦しいのだろう
見なれた東京のくもり空
なぜか心地いいビル風
君のいない道 歩きはじめた

これから何をする どこへ行く
ただ飛べるだけの翼を手にいれたよ わすれないで
愛することをわすれないよ

 

菅田将暉さんが初めて作詞した「呼吸」という曲は自らの失恋の実体験を元に書いたラブソングです。
2017年8月30日に発売されファーストフルアルバム「PLAY」にも収録されています。

生きている限り絶対にする「呼吸」でも感情が違うとどうしてこうも苦しく感じてしまうのだろう、、、
そんな自分の経験を元に書いた詞だからこそ情景が思い浮かべやすく具体的な内容の歌詞になっているようです。

菅田将暉さんほどの人でもそんなことあるんですね。

失恋をすしたことで皮肉にも愛することとはどういうことなのか?ということに向き合えた楽曲となっています。

なおMVはわずか3テイクで撮り終え、ほとんど撮り直しなく完成したようです。

菅田将暉の恋愛感とは?

 

菅田将暉さんの恋愛はどんな感じなのでしょうか?

「自分から告白するタイプ」という彼女にはプレゼントしたくなるらしく、「コレ似合いそう」「コレ好きそう」と勝手に想像してプレゼントを渡すと語っています。

さらに「彼女とは1~2時間は長電話する」「彼女専用の電話を買ったこともある」と過去の恋愛について赤裸々に告白。

「願望はある。(26歳なので)30歳までにはしたい。相手は同い年ぐらいかな」と結婚への本音と理想を漏らした。

すでに心に決めている人がいるのかもしれませんね。

菅田将暉「呼吸」の歌詞の意味とは??

失恋をテーマにした「呼吸」という曲。
自分の経験かのようについつい感情移入してしまう歌詞。

菅田将暉さんはどのような恋愛をしてどのように失恋をしてしまったのかも気になりますね。

それでは歌詞の意味を見ていきましょう〜♪

菅田将暉「呼吸」Aメロ&Bメロ 歌詞の意味

愛する人のために生きる
そんなことは 僕はもうやめた

「愛する人のために生きる」

それはとても大事なことなのですが、それを「そんなこと」なんて思うようになり、自分の生き方を見つけていこうという気持ちのあらわれでしょうか。

出逢った日にミラー越しの
いつわりのない笑顔 黒いコンバース
思いだして もどかしさとせつなさが夢をみせた
窓にうつる横顔がゆれてた

車でどこかへいってるのでしょうか?初めて彼女と出会った日のことを思い出しています。

どこにでもある黒いコンバースを見ると彼女のことを思い出してしまい、もしもあの時こうしていたらこの恋はうまくいっていたのだろうか、、、なんて切ない気持ちにさせる歌詞ですね。

窓に映る彼女の姿を思い出しているのでしょう。

菅田将暉「呼吸」サビ 歌詞の意味

息をすう 息をはく
ただそれだけのことで
どうして人は苦しむのだろう
見あげた空のむこう
太陽は今日もまた微笑んでいる
君の笑顔に似ていたんだ

ただ呼吸をしているだけなのに、彼女のことを思ってしまうと胸が苦しくなります。

明るく元気な彼女の笑顔はまるで太陽のようで生きる糧にしていたのかもしれません。

菅田将暉「呼吸」2番Aメロ&Bメロ 歌詞の意味

行き場のないこの想い
抑えきれずひとりきりでもがいた
きっとあのころは やさしさを間違えてた
涙なんか本当は見たくない

思いを伝えたくてももう伝えることはできません。

どうすることもできない状況にもがき苦しんでいます。

相手にも自分と同じくらい愛して欲しかった、そんな自分よがりな恋愛だったことを後悔しています。

泣かせたいわけじゃないのに、涙を流させたいわけじゃなかったのに、、、

 

菅田将暉「呼吸」2番サビ 歌詞の意味

傷つけて 傷ついて
君をだいじに想えた
どうして人は愛するのだろう
消えないこの想い 君だけはそばにいる気がしていた
あの日の笑顔 わすれたいな

大事にしていた彼女のことを涙を流させたことでやっと確認したのかもしれません。

人を愛するという気持ちがなかったらどんなに楽なのだろう、、、
いつまでも忘れらない、消えることのない彼女の笑顔。

忘れることができたらどんなに楽に思えるのだろう、、、思いを捨てることも忘れることも苦しい。
そんな失恋をした時の心境が伝わってきます。

 

菅田将暉「呼吸」Cメロ 歌詞の意味

好きです 好きでした
今じゃ届かない
さみしくて くやしくて
満たされる日なんかない
君を愛したい

彼女のことを好きだという気持ちをもう伝えられないと思い悔やんでいます。

一人になるといつも彼女のことを思い出します。

切ない歌詞で胸が締め付けられます。

菅田将暉「呼吸」ラストサビ 歌詞の意味

息をすう 息をはく
ただそれだけのことで
どうしてこんなに苦しいのだろう
見なれた東京のくもり空
なぜか心地いいビル風
君のいない道 歩きはじめた

これから何をする どこへ行く
ただ飛べるだけの翼を手にいれたよ わすれないで
愛することをわすれないよ

1番のサビと同じく息をするのですが、少しづつ心境の変化があるように感じました。
太陽のような彼女存在を失った主人公の思いと東京の曇り空が重なります。

ですが少しづつでも君のいない世界でも前を向いていこうと進んでいける気がしました。

彼女のことを忘れたわけではなく、恋をすることもやめたわけではありません。

失恋をしてどん底まで落ちてしまった主人公ですが、彼女と出会えたことで本当に愛することとはどういうことなのかというのがわかりました。

だから彼女にも同じように前を向いて生きて欲しい、そんな気持ちがあるのかもしれません。

主人公は未来への歩みを踏み始めたのです。

菅田将暉「呼吸」の歌詞の意味は??初めての作詞は実体験の恋愛もの!?まとめ

いかがだったでしょうか?

失恋した歌詞と明るい曲調がなんとも切なさを強調する曲ですね。

歌詞を読むだけでも胸が苦しくなりますが、失恋をしてもいつかは前を向いて進んでいかなければなりません。
彼女と出会ったことは後悔でもなく、出会ったことに感謝し愛を学びこれからの未来へと進んで行くのです。

当たり前のように感じている呼吸も気持ち次第で苦しくも感じてしまいますよね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です