【シロクロパンダ 】ネタバレ 第6話のあらすじは??直輝を巡る禁断の三角関係が勃発!!

シロクロパンダ




横浜流星さんと清野菜名さんのアクションシーンがかっこ良く、
ミステリアスなストーリーが話題の「シロでもないクロでもない世界でパンダは笑う。」
通称「シロクロパンダ 」

前回は精神科医の門田が何者かに殺されてしまい、
偽パンダが出てきたりと色々な展開がありました。

前回の第5話のネタバレあらすじはこちらからどうぞ。

シロクロパンダ

【シロクロパンダ 】ネタバレ第5話あらすじ紹介!!後半に向けての鍵となる重要な回!!

今回は「シロでもないクロでもない世界でパンダは笑う。」の第6話のネタバレあらすじと考察と感想についてお伝えしていきたいと思います。
日テレドラマ

「シロでもないクロでもないパンダは笑う。」キャスト&相関図

シロクロパンダ 相関図

「シロクロパンダ」第6話のゲスト出演はだれ??

第6話は第5話の続きとなっています。

第5話のゲストに加え、捜査一課の刑事ハブ 三津谷彰義役:高橋努、捜査一課の刑事マングース 坂下弥生役:江口のりこの上司役として高橋ジョージさんがゲスト出演します。

https://twitter.com/shirokuro_drama/status/1228604903594938369?s=20

「シロでもないクロでもない世界でパンダは笑う。」第6話のネタバレあらすじ

https://youtu.be/EEBrcQWHYj0

それでは「シロでもないクロでもない世界でパンダは笑う。」の第6話のネタバレあらすじを見ていきましょう!!

ミスパンダが浜口死刑囚を殺害した容疑で指名手配され、ミスパンダと行動を共にする飼育員さんも警察に追われる。何者かがミスパンダと飼育員さんになりすまし、殺人を犯した。直輝(横浜流星)は一刻も早く、偽のミスパンダと飼育員さんを突き止めなくてはならない状況に陥る。Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)は、今後の関係を断つと直輝に告げ、ミスパンダの殺処分を命じる。
門田(山崎樹範)が殺され、レン(清野菜名)は大きなショックを受けていた。春男(升毅)と佳恵(椿鬼奴)は、そんなレンが心配でならない。直輝はレンから、“助けてください”というメールを受け取る。

神代(要潤)は、7年前のショッピングモール爆破事件で弟を亡くした遺族・陽一(結木滉星)と恭子(三倉茉奈)を訪ねる。神代が「浜口が殺されてどう思いました?」と聞くと、陽一は「浜口を殺してくれたミスパンダには感謝しています」と答える。陽一と恭子には、浜口が殺害された時間にアリバイがなかった…。ミスパンダを正義の味方ともてはやしていた世間の声は一転し、ミスパンダへのバッシングが高まる。直輝は警察の追手を逃れながら、偽ミスパンダと偽飼育員さんが誰なのかを探っていた。
神代から情報を得た直輝は、陽一と恭子に対する疑惑を深め「人殺ししましたよね?」と彼らに迫る。
レンのもとに、あずさ(白石聖)が訪ねてくる。あずさはレンに直輝との関係を問い詰める。
そんな中、ミスパンダが逮捕されたというニュースが流れ――!

引用元:シロクロパンダ公式サイト

日テレドラマここから先はネタバレになるのでまだ見ていない人はお気をつけください。

 

「シロクロパンダ」第6話の考察と感想

「シロクロパンダ 」第6話は初めて第5話からの続きと初めての試みとなりましたね。

女性の三角関係が勃発してしまいました!!
あずさが隠し撮りをしていたりと直輝への溺愛っぷりが少し恐怖を感じました。

今回の気になるポイントとして、

  • 佐島法務大臣とミスパンダとの関係は?
  • 警察内部はどうなっているのか?
  • 事件揉み消しのためだけなのか?
  • 警察とコアラ男の関係は??

まだまだ謎は残りますが今回は物語の軸となる事件が少し明らかになってきましたね。
警察とコアラ男とは関係があるのは間違いなさそうです。

第5話で殺害された精神科医の門田先生の事件については何も触れられませんでしたが、
犯人は身近にいるのだと予想します。

第7話では明らかになるのでしょうか?そこも気になるポイントですね。

また今まで炎を見ても記憶を取り戻すことがなかったレンですが、
今回に限ってリコになってしまったのはなぜでしょうか。

もしかしたら佐島源造大臣との接触が鍵となったのかもしれません。

https://twitter.com/away_angle_9139/status/1229050186556592131?s=20

https://twitter.com/missmisspanda/status/1229049277411811328?s=20

【シロクロパンダ 】ネタバレ 第6話のあらすじは??偽パンダの正体は意外な人物だった!!まとめ

いかがだったでしょうか。

シロクロパンダの第6話のネタバレあらすじについてお伝えしていきました。

今回はミスパンダの川田レン(清野菜名)と飼育員の森島直輝(横浜流星)さんの関係が危機を迎えてしまうのか?!と思わせる展開でした。

そしてレンをミスパンダに催眠をかけるのがパンケーキにかけるシロップではなく、
コーヒーのミルクとなっていましたねw

これも何かしらの伏線になっているのでしょうか。

後半になってきて物語の軸となるコアラ男と川田家の放火事件についてもどんどんと謎が解明されていきそうな予感です!!

次の第7話も楽しみですね♪

日テレドラマ

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です