米津玄師「眼福」歌詞の意味は??幸せについて本気出して考えてみた

米津玄師yankee

米津玄師さんといえば「Lemon」を筆頭に数々の名曲があります。
それはシングルカットやMVが公開されていなくても例外ではありません。

今回はシングルカットもMVの公開もされていないけれども、
すごく人気がありほっこりするような曲調でありながら考えさせらる楽曲「眼福」についてお伝えしていきたいと思います。

米津玄師「眼福」ってどんな曲??読み方は??

「眼福」は2014年4月23日に発売された米津玄師さんのセカンドアルバム「YANKEE」の10曲目に収録されている楽曲です。

米津玄師さんの歌詞と楽曲の世界観が独特ですが、
そこがまた共感できる部分があり中毒者が続出しています。

タイトルにもなっている「眼福」の読み方は”がんぷく”です。

意味として『珍しいもの、貴重なもの、美しいものなどを見る幸せ。』という意味になり、
簡単にいうと目の保養ということでうす。

このタイトルが歌詞にどう繋がってくるのでしょうか。

米津玄師「眼福」の歌詞の意味について考えてみた!!

それでは米津玄師さんの幸せについて考えさせられる楽曲「眼福」の歌詞の意味について考えてみたのでお伝えしていきたいと思います。

何にも役に立たないことばかり教えて欲しいや
彼女のそのくだらない話を灯りの麓で

今だけ全て見えない聞こえないふりして笑おうか
何にも役に立たないことばかり教えて欲しいや

「何にも役に立たないことばかり教えて欲しいや」という歌詞。

幼少期、学生時代、楽しかったことや辛かったこと、
今まで経験した彼女の心の歴史はこれからの人生にとって役に立つものではないけれども主人公にとってはとても大事なことです。

「今だけは全て見えない聞こえないふり」をしているのは、
これから先に苦悩が待ち受けているのでしょうか。

「教えて欲しい」ということから主人公が積極的に彼女の話を聞きたがっていることがわかります。

きっとあなたと私はいつまでも一緒にいられない
何か食べようか ここで話をしようか

主人公は大切な彼女とずっと一緒にいられないと思っています。
それは永遠の別れなのか、主人公はその運命を受け入れているようにも思います。

主人公はその悲しい気持ちになっていたとしても刻々と時は過ぎていきます。

「何か食べようか ここで話をしようか」と平静を装ってはいますが、
彼女に悟られないように今ある幸せを噛み締めています。

「そんじゃまたね 明日ね」
そんな風に今日を終えども
明日なんて見たこともないのにさ
随分あっけらかんとしてるわ

望むのは簡単だ あなたのいる未来が
ただこの目に映るくらいでいい
私はそれで眼福さ

「そんじゃまたね明日ね」という何気ない日常に溢れる会話で今日の終わりを告げます。

今の世の中普通にいきていたとしても何が起きても不思議ではないことが増えてきました。
明日会えることがどれほど大事なことなのかという当たり前のことが実は当たり前ではないということのようにも思えます。

明日がもしかしたら来ないのではないか。そんな不安に押しつぶされそうになっている主人公。
また明日というのは24時になった瞬間に今日になるので永遠に来ないという言葉遊びなのかもしれません。

主人公はあなたとこれからも過ごす未来があることを望んでいます。

そう思うことだけなら簡単ですが、これから本当にその道を歩んでいけるのか。
自分にとってその望みが決して簡単なことではないことを理解しています。

遠くからでもいいから彼女が幸せな姿をこれからも見守っていきたい。

そんな切なる思いがとても儚いですね。

何にも役に立たないことばかり教えて欲しいや
こうしてひっそりと時が進むまま死ねたら僥倖さ
雨が降り落ちはねる音を聞く彼女に寄り添って今
何にも役に立たないことばかり教えて欲しいや

1番と同じく主人公は彼女のことについて色々と聞きたがっています。
このまま静かに何もなく彼女の温もりに包まれたまま死ぬことができたら幸せなのに。

雨は悲しみの象徴とも取れます。
これから先のことを考えると憂鬱な気持ちになってしまう主人公。
その全てを受け止めてくれる彼女の大きな優しさに包まれています。

主人公にとって心の支えになっているのでしょう。

水の無いバスタブにふたり浸かり目を閉じている
雨が窓を突く ここで話をしようか

水のないバスタブからは無機質さを感じます。

これは本当に水のないバスタブに入っているのではなく、
二人の先のない未来のことを考えないようにしているようにも思います。

本心では悲しみが溢れ出しそうになっていて、
それでも彼女にこれからの話をしようと心の奥底ではまだ一緒に入れるかもしれないという小さな望みを捨てきれない主人公。

「きっと二人は 大丈夫さ」
子供みたいに笑う
その鼻先が頬を突いて笑う
言葉を捨ててまた笑う

望むのは簡単だ あなたのいる未来が
ただこの目に映るくらいでいい
私はそれで眼福さ

子供のように無邪気にお互いに寄り添うように笑いあっています。

心の底では「大丈夫」という言葉が気休めでしかないことを知っているのですが、
その悲しみを誤魔化すために言葉を発さずに笑うことで心に空いた穴を埋めようとしているのかもしれません。

せめて二人でいる時間は幸せな時間を過ごしたい。
そんな悲しいけれども前向きな気持ちになりたいということが伺えます。

そこからラストサビへ向かい、
二人一緒にいることができる未来を夢を願い続け「眼福」は幕を閉じます。

スポンサーリンク

米津玄師「眼福」歌詞の意味は??幸せについて本気出して考えてみた まとめ

いかがだったでしょうか。

米津玄師さんの「眼福」の歌詞の意味についてお伝えしていきました。

今の幸せが明日もあるとは限らない。だから今の幸せを大切にしよう。
不安を捨てて期待すらも捨てて今はただ貴方と一緒に居られる喜びだけを感じよう。
幸せいついて考えさせられるような楽曲でしたね。

当たり前のことが実は当たり前ではなく、
些細なことに幸せを感じることがどれだけ大切なのかということについて考えさせられるような楽曲だと思いました。

米津玄師さんのおすすめ記事はこちら

米津玄師「でしょましょ」歌詞の意味を考察!「馬と鹿」とは表裏一体?

米津玄師「ごめんね」歌詞の意味を解説!星野源も絶賛「Under tale」がテーマ!!

米津玄師「クランベリーとパンケーキ」歌詞の意味を考察!!お酒はメガネ発言?

米津玄師「WOODEN DOLL」歌詞の意味はなに?悲しい気持ちの時に励ましてくれる曲!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です